FC2ブログ
2017/03/18

パンチラを覗く男

20170205.jpg

 ねえ。
 ねえ、ちょっと。
 あなたさっき覗いてたでしょ。
 それほど責めるような響きのない声に”僕”は振り返る。
 はっきりしない風景の中、目の端に女のピンクのコートを捕えると
 僕の心臓は、一瞬、ぎゅっとつかまれたように痛くなり
 膝下から足の指の先にかけて血管がぞわぞわして
 僕は立っていられなくなる。
 ああ、もうダメだ。
 足元から滑り落ちていくような感触。。。

5月の東西線の一車両。
杉本好美は体をビクッと震わせながら浅い眠りから目覚めた。
連日の模擬試験の疲れから、電車の中で眠ってしまったようだ。
好美はたった今見ていた重苦しい夢を振り払うように、浅く腰かけていた態勢を立て直し、目を上げて車内を見回した。
この日の東西線は週末であるにもかかわらずそれほど混んでいるわけでもなく、ベンチシートにところどころに空きがある状態だった。
暗い窓の向こうに白い蛍光灯の帯が走るところを見るとまだ東西線は地上にも出ていないようだ。

(ふう。夢だったか。)

視線を彷徨わせていると、正面のシートに座ったOLの斜めにそろえられた足に目が行った。
ちらと顔に目をやると、髪の長い美人な人だ。
そのOLが寝ているのかは分からないが、イヤホンを耳に目をつむって音楽に聞き入っている風に見えた。
深く腰かけたOLのタイトスカートは膝のごくわずか上まで引っ張りあげられており、ピンと張ったスカートの裾が目に眩しい。
車内の明かりは上からなので、当然、そのOLの膝の奥にある暗闇までを照らすことはないが、20歳の好美はそこから目を離せないでいた。
ふいにOLが目を開けたような気がして、好美は慌てて目線を外した。
色白の好美の頬が少し染まった。

(いけない。今の動きは自然にできただろうか。)

好美はさりげない振りをして、まだジンジンとする自分の腿を軽くさすると目を瞑り、この数か月の出来事について思い返し始めた。
 
>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

2017/03/17

パンチラを覗く男の人生

20170209.jpg

杉本好美は医療介護の専門学校に通う学生だ。

小学校の頃は体育も得意でクラスの人気者だった。
自分の周りには男子も女子もいて、バレンタインデーにもいくつかチョコレートをもらった。
一番もてたのは小学校時代だったなーと自分でもよく思い出すことがある。

ところが中学で背が伸びず、162㎝で成長が止まってしまってからは徐々に運動から離れていくようになった。
とは言え、好美はボッチになったわけではない。
運動から離れてしまっただけで、勉強は人並みにできたし、ゲームなどをして一緒に遊ぶ友人は何人もいた。
童顔で色白で利発な好美は「よしみちゃん、よしみちゃん」と友人からも可愛がられるような存在だったし、セックスまでは至らなかったが彼女のような存在の女の子も傍にいた。
とても可愛い感じの子だった。

そうした状況が一変したのは、大学受験の失敗からだ。

好美は受かるかどうかぎりぎりの選択をした本命に落ち、まさかの滑り止めと思って受けた私学にも蹴られてしまった。
その結果、高校での付き合いがなくなってしまった。
いや、自らなくしたのかもしれない。

進学については、医療関係の仕事をしていた母親の勧めもあって、いやいや専門学校に通うことになった。
しかし、割と勉強ができると思っていた好美からすると、専門学校のレベルがどうしても低く思えてしまう。
それでも自分で勉強すればと一念発起したのだが、そうした心の葛藤から同級生とは馬が合わず、専門学校では好美は浮いた存在となった。

一方で好美は実家からの通いのため、大学生活を謳歌する高校時代の友人と、ごくたまに駅で顔を合わせることがあった。
相手は屈託のない笑顔で「よしみちゃーん!」と話しかけてくれるのだが、好美は自分の中の葛藤を悟られまいとするあまり、上手に話すことができなくなっていた。

彼女と呼べる存在もいなくなった好美は、実家の2階の自分の部屋で、深夜に無料動画で抜きまくるのが精々の楽しみだった。


そんな鬱々とした日々。それが一変する出来事が起きる。


>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

2017/03/16

初めてのパンチラは偶然に

20170211.jpg

ある日、専門学校の授業を終えた好美は都立の図書館に来ていた。
医療介護の勉強を自主的にするためである。
それ自体は珍しい話ではない。

地元に長くいればその分同窓生と会う確率は高くなるし、家に帰っても親がいるだけでなんの楽しみもない。
そういう意味では図書館で知らない人に囲まれている方が気が楽なのだった。
それに静かで落ち着いた雰囲気の中で、自分が今、勉強すべきことに対して真摯に向き合っているという気持ちになれるのも好きだった。
もちろん、たまに現れる綺麗な女性を目の端に留め、あらぬ妄想を頭の中で広げていくのも好きだったからだ。
そんなわけで好美はもう何度もこの図書館に足を運んでいた。

そしてこの日、好美は偶然パンチラを目撃してしまう。

好美が医療介護の本棚の前にしゃがみ、下段からあれでもないこれでもないと資料を探している時に、棚の反対側に女性がやってきた。
棚の本の隙間越しに白いパンプスを履いた足が見え、好美は、ああ、そうか、そういう位置関係かと思った。
若い好美にとってはめったに拝むことのできない女性の生足が本棚の幅、数十センチ先にあるのである。好美はドキドキし始めた。
その女性も真剣に本を探しているようで、あれでもないこれでもないといくつかの本を取っては棚に戻していく。
そして、女性が下段の本を選び始めたとき、しゃがみこんだ女性の白いスカートの奥が、棚の隙間越しに一瞬見えてしまったのである。
若い男の性から、好美はわずかに顔の角度を変えた。

そして見てしまった、神々しくすらあるあの白い輝きを。

白いスカートの柔らかな光の奥に、下半身を押し出すかのように、しっかりとしゃがみこんだ腿とふくらはぎ。
そしてその太ももの付け根には、ストッキングの光沢に彩られた白い布。
ぷっくらと柔らかな曲線を描くその布は、やがて厚くなっているストッキングのクロッチ部分に消え、女の大切な場所を隠していた。
その距離わずか数十センチである。好美は、あまりの神々しさに我を忘れて光景に見入ってしまった。
それは一瞬のことなのであるが、好美には永遠であるかのように感じられた。

その刹那、本を探して横にスライドしようとしているのか、女性の片膝が下がった。

(やばい!)

好美の心臓の鼓動が増した。まさかこんなことで覗き扱いされたら大変なことになるぞ。
好美は慌てて最下段から適当な本を1冊抜き取ると、すぐに立ち上がって、自分のカバンの置いてある勉強机に戻った。

>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

2017/03/15

初めてのパンチラは不安でいっぱい

20170212.jpg

好美は先ほど手に取って持ってきた本を開き、指で字面を追っている風を装ったが、とても勉強に集中どころではなくなった。

(やばい、やばいぞ)

さっきのは僕が見ようと思ったわけじゃない。
まちがいなく不可抗力だ。
まさか覗きあつかいなんかされないよな。
あの白いような、黄色いような三角ゾーン…
あ、いや、僕が見ようとしたんじゃないんだ。
たまたま向こうがしゃがんだから。

とりとめのない思いが頭の中を駆け巡った。
好美はたまに本から目を上げて、こっそりとあたりを窺うように見渡した。
特に騒いでいる人間がいる様には見えない。
向かいの席では同じく専門学生だろうか、私服の若い男性が厚手の本を読んでいる。
たまに職員が返却された本をかごに入れて書架に戻しに来るが、自分に向かってやってくる人間はいないようだ。
恐る恐る先ほどの医療介護の本棚にも目をやるが、いくつかの棚に阻まれてそちらの状況は見えなかった。

好美は30分もそうしていたが、意を決して動くことにした。
自分が持ってきたノートや筆記用具を鞄に詰めて帰ることにしたのだ。
もう、万が一呼び止められたらダッシュで逃げるしかない。
さっき持ってきた書籍を棚に戻しに行く勇気はない。
これはボールペン一本とともに机に放置することにした。

好美はさりげなく立ち上がり、鞄を肩にかけると、医療介護の棚からできるだけ離れた遠回りなルートを出口に向かって進んだ。
図書館の出口まで半分も進んだところで、医療介護の棚の反対側がホール越しに見えるところに出てきた。
好美は最初は歩きながらチラチラとそちらを覗き見ていたのだが、先ほどのパンチラ女性と思わしき人がオープンスペースで普通に本を読んでいるを認めると急に安心した。
そこで立ち止り、携帯を取り出して画面を確認するふりをしながら、画面と女性を交互に眺めた。

(大丈夫そうだ。)

好美は深く安どの息をついて、先ほどの自分の席まで戻ると、ボールペンを鞄にしまい、書籍を手に取って、医療介護の棚へと向かった。
 
>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

2017/03/14

初めてのパンチラで衝撃のオナニー

20170212-b.jpg

最下段の元の位置に書籍を戻し、いくつかの本を手に取ってぱらぱらとめくってみた後、棚の反対側に回って、先ほどのパンチラ女性の姿をもう一度目に焼き付けた。
淡い色のブラウスにデニムを羽織った、髪の長い女性だった。
自分よりはだいぶ年上だ。学生という感じではないがOLだろうか。
銀色の細いフレームが良く似合う人だ。
(あの人のパンティを見たんだ)と思うと、またドキドキが激しくなった。

好美は急いで図書館を出ると、出口の左手に設置されているトイレへ駆け込んだ。
幸いトイレには誰もいない。
好美は洋式の個室を選ぶと、ドアを閉め、ズボンとパンツを下して便座に座り込んだ。
先ほどまでの不安と緊張からか、仮性包茎の好美のペニスは縮こまっていた。上から見下ろすと、まるでドリルのようだ。
好美はその皮を丁寧に剥いて、トイレットペーパーで一通りのカスをぬぐうと、根元を押さえたまま目を瞑った。
できるだけさっきのパンチラを思い出そうというのだ。

銀縁の眼鏡…長い髪…白いパンプス
スカートの中の薄明り…肌色のストッキング…足の付け根
一瞬、白く、いや黄色だったかな

好美のペニスが鎌首をもたげ始めた。
カリの部分に皮がだぶつくが、ピンク色の亀頭が立派に膨らみ顔を出した。
竿も好美のシャツに着かんばかりに急激な角度を保って起きてきた。
好美は左手でトイレットペーパーを巻き取り、いつでも射精を受け止めることができるように準備をすると、右手で音を立てないよう皮ごとゆっくりと竿をしごき始めた。
頭の中では先ほどのパンチラ女性が「見たいの?」と好美を挑発をしてくる。
銀縁の女性が服を着たまま好美のペニスを咥え、ゆっくりと首を振る。
その首は徐々に激しい動きとなり、女性はスカートをたくし上げ、自ら足を開いて、自分のマンコを激しく摩っている。
好美は童貞で、性行為はビデオで見たことがあるだけなので、セックスもマンコの具体的な触感もわからない。
だが、頭の中の痴女だけで十分だった。
「いいよ。お口でいいよ。ほら。」
頭の中で先ほどのパンチラ女性がペニスを咥えたまま好美に笑顔を向けたときに、ペニスがスパークした。

あふぅっ

誰もトイレにはいないと分かってはいるものの、いつ人が来るかもしれない公共の場でのオナニーに、押さえていた声がついつい漏れた。
ペニスが何度も脈を打つ。腰が引ける。好美は慌てて左手のトイレットペパーを亀頭に添え、ドクドクとあふれ出てくる精液を受け止めた。

実際には20掻きも持たなかったのだが、初めて身近に生の女の体を感じながらのオナニーは好美の生活を変えた。

>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

アクセスランキング ブログパーツ