FC2ブログ
2017/04/26

新卒女子、自分の不甲斐なさにお道化ながら大いに凹む



だからどの部署に行ってもきついの。ね、真由ちゃん。企画だけじゃないって。
一緒じゃないよー。マジで聞いてー。
西野、まあ、聞いてやろうよ。
think big,
test small, scale fast。

聞いてやろうという割に、真由子が一言喋ると後は矢田部が引き取った。

社長の言葉だよな。
そう。それ。”think big”が企画の仕事なんだけど、私の案には面白みがないってさ。”それは最初の視点を掘り下げてないからだ。お前は掘り下げもしない、広げてもいない。要は薄いんだよ。ペラッペラだ。調査不足だからリアリティがない。経験不足っていうならそれでも良いが、若者がワクワクするような夢がないってーのは、つまりお前の能力不足なわけだ。”って。ふざけんな。調査してるってーの。

今日の企画会議、各課員の社内プレゼンが終わった後に部長から直々に頂いたお言葉を、真由子は口調をまねて言ってみた。だが虚しい。真由子は自分で言った言葉に脱力し、一気にジョッキをあおると机に突っ伏した。

はあーっ。。。
それ、加賀谷部長か(笑)
真由ちゃん、妙に上手いよね。
上手くもなるよ。。。毎回言われてるんだもん。。。
今回のテーマなんだったの。
・・・婚活。
お客さんは?
・・・マッチングサイト。
で、真由ちゃんの視点っていうか、アイデアは?
・・・街コンでネットとリアルの融合。
うわー鮎川!!! お前、ビックリするくらい陳腐だなあ(笑)
矢田部くん。こら!
あーやめて。分かってんの。分かってるから傷ついてるの!

先ほどより深く真由子が机に突っ伏すと、裕子が矢田部の横腹をつついた。

あー裕子、なぐさめもやめて。余計心に刺さるから。もう。すみませーんビールおかわりー!

真由子がガバッと起きて手を上げ、思ったよりも大きな声で店員に注文をした。

でも、まあ、あれだよ。俺ら1年目だしね。そう簡単にうまくいかないよ。
そうそう。海千山千の業界人じゃないんだし。ね。
マーケティングしたんだけどなー。
マーケティング?
あ、まあそれはいいけど、センスだって。あたし、センスも自信あったんだよ。
「ネットとリアルの融合」で?(笑)
矢田部くん!

楽しそうに絡む二人の掛け合いを斜めに見ながら、真由子は大学時代の自分を思い出していた。

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。


自信はありますか?今以上におちんぽを大きくしたいですか?
自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】


2017/04/24

新卒女子、居酒屋で同期に愚痴る



矢田部さー、聞いてよ。今日のプレゼンしくったー。もう最悪。

今日の夕方、鮎川真由子は会社の同期の矢田部昭光、西野裕子と東京駅地下街の居酒屋で落ち合った。席について早々に運ばれてきたジョッキを合わせ、ビールをぐいっと半分近く空けての真由子の第一声がこれである。

はいはい。久々の同期会だし、鮎川女史の愚痴はなんでも聞きますよ。
真由ちゃん、今夜も荒れてるねー。
あーもー。これが荒れずにいられるかってーの。

あらゆる分野に手を広げる新進気鋭のIT企業。その高給と好待遇にひかれた優秀な若者が年間を通じて中途採用に応募してくる会社。それが鮎川真由子の勤めるTHELABOだ。業態の拡張に伴う昨年の新卒採用は50名強。もっともその半数は過酷な環境に耐えられず既にやめてしまっていたが。真由子、矢田部、西野はそんなハードな環境になんとか耐え、生き残ってきた新卒一年生である。

もーねー。自分の才能のなさを毎日これでもかって思い知らされるの。たまんないよ。
うちは優秀な人間多いからなあ。途中からも入ってくるし。
そうよねー。
裕子のとこは広報じゃん。事務仕事みたいなもんじゃん。
鮎川、さっそく絡み酒か(笑)
真由ちゃん、広報って言っても広いのよ。
それでー?
新設部署もどんどんできるし、人の移動も激しいし。
だからー?
同じ仕事ばっかりやってるわけじゃないの。この一年ずっと勉強よ。
んー。ごめん。矢田部君とこは? 開発ってどんな感じ。
うん。俺んとこも移動は激しいよ。普通に来なくなる奴いるしね。
えー来なくなるとかあるの?
うん。まあ、派遣さんとか外注さんとかね。あれ?昨日いたのに?みたいな。
げー。急に来なくなるってすごいね。それ。
きついからな。あ、そうだ。同期の谷沢って覚えてない?開発に配属された。
シュッとした人? 細身の、背の高い。
うん。多分、あってると思う。あいつ来なくなって、電話したら実家に帰ってたって。
うわー。
もう一か月前の話だけどね。全然、そんな風に見えなかったけどね。溜まってたんだろうなあ。

(ちぇー、そんな話を聞きたいんじゃないよ!)
 
>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。


自信はありますか?今以上におちんぽを大きくしたいですか?
自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】


2017/04/15

新卒女子に徹底的な叱咤、君はこれに耐えられるか?




だからさ、それがお前のダメなところなんだよ。

どことなく覚えのあるコーヒーサーバのおかれた休憩室で、鮎川真由子は責められていた。真由子は毅然として男の顔を見上げるが、それは上司の宮田のようでもあり、同期の名も知らぬ男性のようでもあり、なんだかモヤっとしてハッキリしなかった。一方で怒られている内容には覚えがあった。それはいつも真由子が社内で言われている小言だった。

だからthink big, test small, scale fastなんだって。社長の言葉だぞ。
だからそれはわかっ…

言い返そうとした真由子の言葉を男が圧倒的な勢いで遮る。

大きく考えろってことだ!お前本当にわかってんのか?

強い口調で言われると真由子は言い返せなかった。重苦しい感じが胸の奥からこみあげてくる。(でも、人前で泣いちゃダメだ。女だからって言われる)真由子は誰とも分からない男から目線を外してうつむき、下唇を噛んで、この嵐が過ぎ去るのをじっと待つしかなかった。

お前の案には大きさが足りない。テストをしたりスケールをでかくするのはお前の仕事じゃない。ただ大きな案を考えること。それができてるのかって話だ。わ・か・る・か。
・・・
人と違う目線からほんのちょっとの面白さを探し出して、それを最大限広げて考える。それだけだっていうのに。お前さ、金もらってるんだろ。プロなんだろ。
分かってます。
分かってない。

男の言葉が食い気味に真由子の頭上から浴びせられた。

お前の案には面白みがないんだよ。それは最初の視点を掘り下げてないからだ。掘り下げもしない、広げてもいない。要は薄いんだよ。リアリティがない。経験不足。能力不足。それでワクワクするような夢もない。なんなんだ?お前。

何も言い返せない真由子は、それはその通りだと思い胸が締め付けられた。

もうすぐ新人が配属される時期だが、この先、お前の居場所があるのか?

ドクンと心臓が大きく脈打ち、真由子は浅い眠りから覚めた。
5月の東西線、週末だというのにその列車はさほど混むでもなく、吊革につかまる客もまばらな様子であった。
視線を上げた窓の外に常夜灯の灯りが流れていくところを見ると、列車はまだ地下のまま、きっと東陽町も過ぎていないのであろう。

もしかしたら寝とぼけて自分の肩を預けていたかもしれない隣の男性に真由子は小さく会釈し、背筋をしゃんと伸ばして座りなおした。そしてたった今の短い夢を反芻し始める。
前半はいつも言われていることだ。
ただ最後に胸を締め付けた言葉には聞き覚えがある。
今日の社内プレゼンの直後に上司の宮田から言われた言葉だった。

「もうすぐ新人が配属される時期だが、お前、今のままだと居場所がなくなるぞ。」
 
>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。


自信はありますか?今以上におちんぽを大きくしたいですか?
自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】


2017/04/15

新シリーズ開始します!



んー、だいぶ長い間、休息しましたので、そろそろ新シリーズを再開したいと思います。

今回は「オムニバス 企画部の新卒女子」と題して、IT企業の企画部に配属された社会人一年目の女の子の苦悩を描いてみたいと考えております。とはいえ構想2日。まだあまり書ききれておりません。相変わらずの遅筆ですから、新シリーズはゆっくりとお付き合いいただければと思います。

ま、そんなわけで、新シリーズを待つ間は旧シリーズにてお楽しみください。ここから上↑↑↑が新シリーズで、ここから下↓↓↓が旧シリーズになります。旧シリーズは上から順に読めるように記事の順番を配置しなおしています。ざっと並べておきますね。


エッチな虫にやられて頭がおかしくなった人とその周りの人間のどたばたホラーです。割とまじめに書いたつもりでしたが、だんだんと手を抜いて脚本みたいになってしまいました。
秋の夜長のエロホラー小説 線虫 (44)

5月の週末の東西線にたまたま乗り合わせた乗客と、その彼氏・彼女の話です。まじめな顔して電車乗っててもみんな人生背負ってるでしょって感じで。エロ、グロ、ほんわか色々。
オムニバス オナホ好きな男 (6)
オムニバス 騙されるOL (8)
オムニバス くず男 (4)
オムニバス 出会い系で恋愛 (12)
オムニバス チントレ男 (9)
オムニバス 新入社員の純情 (2)
オムニバス 肉食系女子 (6)
オムニバス 騙される男 (15)
オムニバス ほくそ笑む女 (1)
オムニバス 落ちていく男 (5)
オムニバス モテ男とXX男 (4)
オムニバス 勘違い主婦の没落 (11)
オムニバス 流される女 (9)
オムニバス 誘惑された大学生 (15)
オムニバス 美人ナースの背景 (10)
オムニバス 押しに弱い女 (5)
オムニバス 昔の女を捜しだす男 (2)
オムニバス いのち短し恋せよ少女 (7)
オムニバス テキヤ純情LOVE (5)
オムニバス 魅入られた男 (12)
オムニバス 初めて中出しした男 (10)
オムニバス 画策する男 (1)
オムニバス 搾り取る女 (2)
オムニバス 円満退職する女 (13)
オムニバス 大都会の片隅で (7)
オムニバス パンチラを覗く男 (23)
 
どのストーリーでもあなたの琴線に触れたなら、1クリック応援をよろしくお願いします。
 
>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。


自信はありますか?今以上におちんぽを大きくしたいですか?
自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】


2017/03/18

パンチラを覗く男




 ねえ。
 ねえ、ちょっと。
 あなたさっき覗いてたでしょ。
 それほど責めるような響きのない声に”僕”は振り返る。
 はっきりしない風景の中、目の端に女のピンクのコートを捕えると
 僕の心臓は、一瞬、ぎゅっとつかまれたように痛くなり
 膝下から足の指の先にかけて血管がぞわぞわして
 僕は立っていられなくなる。
 ああ、もうダメだ。
 足元から滑り落ちていくような感触。。。

5月の東西線の一車両。
杉本好美は体をビクッと震わせながら浅い眠りから目覚めた。
連日の模擬試験の疲れから、電車の中で眠ってしまったようだ。
好美はたった今見ていた重苦しい夢を振り払うように、浅く腰かけていた態勢を立て直し、目を上げて車内を見回した。
この日の東西線は週末であるにもかかわらずそれほど混んでいるわけでもなく、ベンチシートにところどころに空きがある状態だった。
暗い窓の向こうに白い蛍光灯の帯が走るところを見るとまだ東西線は地上にも出ていないようだ。

(ふう。夢だったか。)

視線を彷徨わせていると、正面のシートに座ったOLの斜めにそろえられた足に目が行った。
ちらと顔に目をやると、髪の長い美人な人だ。
そのOLが寝ているのかは分からないが、イヤホンを耳に目をつむって音楽に聞き入っている風に見えた。
深く腰かけたOLのタイトスカートは膝のごくわずか上まで引っ張りあげられており、ピンと張ったスカートの裾が目に眩しい。
車内の明かりは上からなので、当然、そのOLの膝の奥にある暗闇までを照らすことはないが、20歳の好美はそこから目を離せないでいた。
ふいにOLが目を開けたような気がして、好美は慌てて目線を外した。
色白の好美の頬が少し染まった。

(いけない。今の動きは自然にできただろうか。)

好美はさりげない振りをして、まだジンジンとする自分の腿を軽くさすると目を瞑り、この数か月の出来事について思い返し始めた。
 
>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。


自信はありますか?今以上におちんぽを大きくしたいですか?
自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】


2017/03/17

パンチラを覗く男の人生



杉本好美は医療介護の専門学校に通う学生だ。

小学校の頃は体育も得意でクラスの人気者だった。
自分の周りには男子も女子もいて、バレンタインデーにもいくつかチョコレートをもらった。
一番もてたのは小学校時代だったなーと自分でもよく思い出すことがある。

ところが中学で背が伸びず、162㎝で成長が止まってしまってからは徐々に運動から離れていくようになった。
とは言え、好美はボッチになったわけではない。
運動から離れてしまっただけで、勉強は人並みにできたし、ゲームなどをして一緒に遊ぶ友人は何人もいた。
童顔で色白で利発な好美は「よしみちゃん、よしみちゃん」と友人からも可愛がられるような存在だったし、セックスまでは至らなかったが彼女のような存在の女の子も傍にいた。
とても可愛い感じの子だった。

そうした状況が一変したのは、大学受験の失敗からだ。

好美は受かるかどうかぎりぎりの選択をした本命に落ち、まさかの滑り止めと思って受けた私学にも蹴られてしまった。
その結果、高校での付き合いがなくなってしまった。
いや、自らなくしたのかもしれない。

進学については、医療関係の仕事をしていた母親の勧めもあって、いやいや専門学校に通うことになった。
しかし、割と勉強ができると思っていた好美からすると、専門学校のレベルがどうしても低く思えてしまう。
それでも自分で勉強すればと一念発起したのだが、そうした心の葛藤から同級生とは馬が合わず、専門学校では好美は浮いた存在となった。

一方で好美は実家からの通いのため、大学生活を謳歌する高校時代の友人と、ごくたまに駅で顔を合わせることがあった。
相手は屈託のない笑顔で「よしみちゃーん!」と話しかけてくれるのだが、好美は自分の中の葛藤を悟られまいとするあまり、上手に話すことができなくなっていた。

彼女と呼べる存在もいなくなった好美は、実家の2階の自分の部屋で、深夜に無料動画で抜きまくるのが精々の楽しみだった。


そんな鬱々とした日々。それが一変する出来事が起きる。


>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。


自信はありますか?今以上におちんぽを大きくしたいですか?
自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】


アクセスランキング ブログパーツ