FC2ブログ

ちょっとエッチな他サイト様、最新情報

「線虫」おばさん部長の回

carib082716-242.jpg

・・・んたにくん。おい。新谷。

突然の呼びかけに、俺はピンク色の妄想から現実世界に引き戻された。
宙を彷徨っていた目の焦点が合うと、机の向こうに後輩の高橋が座り目を丸くしてこちらを見ている。
向かいに高橋が座っているのはいつも見慣れた風景だが、その後ろに立っていたのは部長の小林だ。
声の主はどうやら小林部長のようだった。こいつはめんどくさい。

何やってんだ君は。

小林はとうに40を越えている、ほうれい線の目立つ口うるさいババアだ。
いつも白のスーツでびしっと決めてはいるが、でっぱった腹がみっともない。
男口調で男をけなすことに命を懸けているような、そんな女だ。
その小林の真っ赤な口紅から、俺に向けて容赦のない叱責の言葉が飛ぶ。

さっきから私の方を見て、よだれでも垂らしそうな間抜け面をさらしてるがなんの用だ?
あ、いえ。すみません。。。

悲しいことに俺が小林を見てぼーっとしていたのは事実だ。
もしかしたら本当によだれを垂らしていたかもしれない。
男だらけのこの職場で小林に目が留まったところまでは確かに覚えている。
だがその後は、記憶に妙に紗がかかったように、なにも思い出せない。
わずかに感覚として残っているのは、目くるめくセックスの快楽を思わせる妄想とも現実ともつかない多幸感に包まれた世界だったということ。
そして、自分でも信じられないことだが、今、小林に叱られながらも、俺の陰茎は最大級の勃起を維持しているのだ。
俺の返事を待たずに小林部長の叱責の言葉がかぶさってきた。

君は昨日の部内会議も様子がおかしかったようだが?
あ、、、

どうにも言葉が出てこないが、それは覚えている。
昨日の会議もたしかにそうだ。パートの恵子ちゃんが会議室に入ってきてお茶をみんなに配ってくれた時だ。
あの時も俺は一気にピンクの世界に引きずり込まれ、気が付くと猛烈に勃起していた。
本部長から内部留保の説明について求められるまで、現実世界には帰ってこなかった。
本当に俺はどうしちゃったのか。。。

体調でも悪いなら邪魔だ。とっとと家に帰れ。

小林の罵りの言葉が始まった。これが始まると長いのだ。
だが俺もピンクの世界から帰ってきて、だいぶ思考がはっきりとしてきている。
小林の言い方は癪に障るが、言われてみれば確かにここ数日熱っぽい気もする。
なにやらぼーっとする回数が多いのもそのせいかもしれないな。

そうですね。熱があるようなので今日は帰らせていただきます。
は!?

これから頑張りますの言葉を期待していたであろう小林部長の口があんぐりと空いたままになった。
なんだかいい気味だ。

しばらく来なくていいよ。馬鹿。

顔を真っ赤にさせて小林部長が言い切り、その場を去っていった。
誰かに言いつけにいったか? まあいい。
それにしても言い方があるだろう。奴はコンプライアンスってものを知らんのかな。
そんなことを考えていると、痛いほどに隆起していた勃起も徐々に収まってきた。
 
>> この記事が気に入ったら投票 (FC2ブログランキング)

「線虫」同僚の回

caripre022715_127.jpg

小林部長が立ち去ると、高橋が机越しに小声で話しかけてきた。

新谷さん、ホント大丈夫っすか。
んーなにが?
いや、さっき目の焦点が合ってなかったっていうか。ホントやばい顔だったっすよ。なんかアヘ顔みたいな感じで。

俺は笑った。高橋はいい奴なんだが昔から気が回らない。

いや、お前気づいてたなら声かけろよ。

笑いながら言ったのだが、高橋は気分を害したのかそれ以上話しかけてこなかった。まいっかと、俺も高橋にはそれ以上応じない。
社内ネットで早退届を提出し、今日中に片付けておくべき案件がなかったかといくつかの書類を見ているときに、隣の席の斉藤が戻ってきたので声をかけた。

おい。悪いけど今日は帰るぞ。
調子が悪いんすか。
うん。どうも熱っぽい。
引き継げる案件があればやっときますよ。

同じ後輩でもこいつは頼れる相棒だ。
斉藤が席に着き、俺の方に椅子を寄せてきた。高橋に聞こえないように小声で耳打ちしてくる。

この前の子になにか移されました?w
そんなんじゃないよ。
でもあれから4日くらい経ってるでしょ。
1、2、、そうだな。
何か出るなら今頃じゃないですかw
やってねーよw

斉藤の椅子を軽く蹴って立ち上がる。

悪いな。じゃあ後は頼むわ。

広いオフィスを見渡すと午前中から営業に出ているものがほとんどで、席が埋まっているのは我々経理部の部署だけだった。
その閑散としたオフィスを抜けエレベータホールへと向かう。

たしかに斉藤の言うことは一理ある。俺はやった。しかも生で、中出しまでやった。となれば性病の可能性はあるわな。ちょっとおかしな娘だったし。言われてみれば尿道にも金玉にも、もぞもぞというかじくじくというか、痛みまでいかないような違和感もある。頭も熱っぽいというか、ぼーっとしてしまうのはもしかしたらそのせいなんだろうか。しかし性病で勃起が止まらないってのはあるのか?

途中の廊下で他社の制服を着た女子社員とすれ違った。その途端に陰茎が鎌首をもたげ始める。

(おいおい。絶倫王子かよ。)

軽く笑う。その時は本当にお気楽に考えていた。エレベータホールに到着し1階のボタンを押す。鞄でズボンの前を隠してエレベータの到着を待っていた。

(しかし斉藤の言ってたことが気になるのは事実だな。性病かあ。いまいち顔も思い出せないあの女だが、やられちゃったかー。色々すっきりした挙句に、俺にもラッキーが転がり込んできたと思ったんだがなあ。くっそー。ああもう、エレベータも来やがらねえ。むかつくわー。)

40階建てのこのビルだがテナント数のわりにエレベータが6機しかなく、乗りたいときになかなかやってこなくてイライラする。
だが、同時に良いことにも気が付いた。どうやら意識をしっかりと持って、なにか考え事をしている限り、勃起も収まるらしい。自分が頑張ればピンクの世界に飛ばなくて済むってことだ。
なんとなくコントロールのコツが掴めてきたぜ。ふっふっふ。
そこにやっとエレベータが到着し、ドアが開いた。

エレベータの中は満員の女子社員。その視線が俺に集まる…
順番待ちの人の波に押され、もうエレベータに乗るしかない。
おい!なんてこった。
 
>> この記事が気に入ったら投票 (FC2ブログランキング)

「線虫」エレベータの回

carib082516-001.jpg

よりによってなんでこんな女だらけなんだ。

最悪のエレベータに乗り込み、ドア側を向く。
後から乗ってくる奴のことなんか知ったことか。ここが俺の立ち位置だ。
そして股間の前に鞄を置くことも忘れない。このポジションでこれ以上、女が乗ってこないことを祈るのみだ。

速攻で閉じるボタンを押して2秒、3秒。
女子の姿が視界に入らなければ大丈夫かとも期待したが、やはりダメなようだ。
女の匂いかフェロモンかそんなものにも反応するようで、俺の陰茎はまた痛いほどに膨らみ始めた。
そもそも俺は若い子のシャンプーだか化粧だか香水だか分からない、あのむっとするような香りが好きだ。
セックスまでいかないにしても、後ろから抱きしめて、2時間くらい女の髪の香りを嗅いでいるだけで幸せになるタイプなのだ。
元々、体がこんな状態じゃなくても、エレベータという閉空間で小勃起くらいはする変態だ。
いや間違った。俺は変態なんかじゃない。男ならだれでもそうだろう。そうだ。そういうものだ。
おっと、亀頭だけじゃなく竿の左右まで血が吹き出しそうなくらいに張ってきたぞ。
陰茎に入り込んだ血が出ていくことを忘れたような感触。
パリパリのパンパン。こんな勃ちかたは普通じゃない。
思春期の初勃起でもここまで張った感じにはならんだろう。
うう。。。パンツの張り具合に妙に腰が引ける。
いや、まずい、うっすらと額に汗がにじんできた。
微妙な多幸感に目をつむってしまいそうだ。
何か頭もぼーっとし始めた。
アヘ顔はまだ許せるにせよ、このままじゃ倒れるか暴れるかしてしまいそうだ。

もうこれはダメだ。

3階で下車しようとボタンに手をかけたその瞬間、ふわりと体が宙に浮く感覚がしてエレベータが4階に止まった。
俺は降りる人間に押され、4階のエレベータホールによろめき出た。
立ちくらみから逃れるように壁に手をつき、3度深呼吸をした。
もはやエレベータに戻る気にはなれない。
階段で降りることにしよう。
よろめきながら非常階段のドアを開けた。

1階へ向けて階段を降り始めたが、妙な形で体をひねっていたせいか腰が痛く、手すりにつかまってへこへこと一歩ずつ降りていくような有様だ。
まったく妙なことになったもんだ。

斉藤が4日前の女になにか移されたんじゃないかと言ってたな。病気か。
これがなにか下半身の病気だとすれば確かにあの女くらいしか思いつかない。
あの女…うまく思い出せないが、あの女…
 
>> この記事が気に入ったら投票 (FC2ブログランキング)

「線虫」居酒屋の回

carib070916-204.jpg

あの女と出会ったのは先週末だ。斉藤にははっきりと言っていないが、確かにセックスまで持ち込んだ。
そして生中出しまでやってしまった。
俺が悪いのかと言われれば微妙な線だが、まあ女に言わせれば悪いのはいつも男ということになるんだろう。


・・・


先週末、俺は斉藤に誘われて飲みに出かけた。
「決算が大枠固まったしたまにはいいでしょ」と斉藤は言ったが、その真意は俺には分かっていた。
長年連れ添った妻が出ていき、別居状態から離婚の決着がついたのがやっと先月のこと。
たまには憂さ晴らしをしろと、斉藤なりに俺に気を使ってのことだろう。
まったく、どっちが先輩だかわかりゃしねえが、あいつは間違いなく優しい奴だ。

そんじゃかんぱーい。
おう、かんぱーい。

居酒屋に腰を据えて二人で飲み始めた。
最初は当たり障りのない、部長の悪口や会社のシステムについての話。
あと、高橋のあほっぷりなんかでも笑ったな。まあ、いつもの調子だ。
その内に酔いも回って、話題は俺の離婚の話になった。
斉藤も分かってたんだろう。黙って聞いてくれたよ。

まあ、離婚については、幸い俺たち夫婦の間に子供はなくて、親権の取り合いなんていざこざもなかった。そういう意味じゃ、世間一般の離婚よりはスムーズだったのかもしれないな。
スムーズですか?
あああ、スムーズってのはおかしいが、まあ問題は感情のもつれだ。長い付き合いだっただけにこればっかりはしようがないわな。
ですよね。
しかも女房が出て行った後になって、男が居たんじゃないかって疑惑が沸いてからは、これはもう俺の沽券に関わる問題よ。それでも女房に言わせれば俺が悪いってことなんだけどな。
ちょっと、ちょっと。それ証拠は見つかったんですか?
それがひどい話さ。自宅にも連れ込んでやがってなあ。ポロポロと証言が出てくる。周りの奥様方とかな。ま、結局、女の敵は女だ。
へえ。怖いですね。
それでもなー、好きで夫婦になったんだから穏便に済まようって俺の中の天使と、いやいや、男もろともボロボロになるまで破滅の道を進ませろっていう俺の中の悪魔と、その2つの葛藤だぜ。こいつには正直参ったぞ。
天使ですかw それでもそんな気持ちになるんすかw
もう他人だから関係ないんだけどな。
結果、悪魔を選択ですよね。
俺んちでやったらダメだろ。そういう筋論は大事だよ。どっちかっていうと向こうが悪魔だって話だよな。
そりゃそうです。
ま、そんなわけで俺は近々マンションも引っ越すよ。



なーんて話を斉藤として、途中から焼酎のロックに切り替えたからベロベロになってたわけ。
結構、遅くまで飲んだのかなあ。
俺としてはそんな理由もあるからさ、慌てて家に帰る必要もないんで。
そろそろ帰りたがってる斉藤を連れて、もう一軒流れたわけだ。
確か、駅近くの斉藤のお奨めのショットバーだったな。
ここら辺の記憶はまだはっきりしてる。
問題はそこからだ。
 
>> この記事が気に入ったら投票 (FC2ブログランキング)

「線虫」ショットバーの回

hey0811x.jpg

斉藤の馴染みのショットバーに入ると、ボックス席にカップルが2組、あとは女性が2人カウンターで飲んでいた。
カウンターの女性の1人は斉藤の知り合いらしく、斉藤が声をかけバーテンダーと3人で話し始めた。
で、残る1人の女性は2席離れてたんだが、なかなか憂いを秘めた瞳の美人。
俺から声をかけて「女男 男女」の並びで飲み始めた。
大音量でジャズが流れ、カップル間の会話はそれほど聞こえない感じの店。
悪くない。ナンパ目的ならぴったりの店じゃないか。
斉藤の奴、なかなかやるな。

俺が話しかけた女性は、東南アジア系のハーフという表現が似合いそうな顔つきの娘だった。
薄ぼんやりとした記憶だ。いや100%日本人だったとは思うが。
ただ、ちょっと元気がないってっていうか、会話は成り立つが、ずっと艶っぽい目で見つめてくる時間が長く、半分寝てるのかもなーと思ってた。
女性に見つめられるのは嫌いじゃない。狙われてる感もあり狙える感もあり、俺は楽しくてゾクゾクしてたと思う。

終電の時間が迫ってきて、斉藤は「頑張って。お先っす。」と、ずっと話し込んでいたお嬢さんと共に帰っていった。
あいつは終電に向けて慌ててたし、そもそも斉藤は恐妻家だし、あの二人はやった感じじゃないな。
ただ、ここも斉藤なりに俺に気を使ってたのかもしれない。
俺、もう独身だしな。お好きにどうぞってわけだ。

残された俺は、ハーフ娘と話をつなごうとしばらく頑張ってたんだが、あんまり会話が成立しなくなってきた。
どうしようかなーと思ってたら、そのハーフ娘が言ったんだ。

「ねえ、しようよ」って。

これははっきり覚えてる。その言葉にはゾクゾクしたね。
俺も結婚前はかなり遊んでたし、経験も豊富な方だと思うんが、そこまでストレートなの聞いたことなかったもんな。
それで、ハーフ娘の飲んだ分も含めて店の支払いは俺がもって速攻で店を出たんだけど、それが2時くらいだったかな。
お店もそろそろ閉店を迎えようとしてたから、ありがたがってたよ。
ハーフ娘は実は2杯くらいしか飲んでなくて、支払いは大した額じゃなかったんだが、たかが2杯程度であれだけ酔った感じになるのはお酒弱いのかななんて思ってた。

店を出たのは良いんだが、そのあたりのラブホなんて知らない。
駅前までハーフ娘と歩いて適当に停まってたタクシー捕まえて、どっか一番近いラブホって告げると、駅抜けて階段降りたところ左に行った方が良いよって運ちゃんが言う。走ってくれないの。

どうしようかなーと思ったんだが、酔ってるわりにハーフ娘の足取りはしっかりしてたし、俺に寄り添って「ねえ、まだしないの?」なんて言うもんだから、頑張って駅裏まで歩いた。
駅中が通れなくてちょっと回り道もしたが、そういう時のワクワク感はわかるだろ?
それでやっとラブホに到着だ。
 

>> この記事が気に入ったら投票 (FC2ブログランキング)

お薦めの相互リンクサイト様
女の子が読むエッチな小説ランキング
お世話になっている相互リンクサイト様
水商売なんかしなくても・・・
このブログの人気記事 by BUZZ
女の子が読むちょっとエッチなカテゴリ
現在進行中のカテゴリ以外は、一気読みができるように記事の日付順を調整しております。どうぞお楽しみ下さい。

このブログの人気ページ by PC
RSSリンク
アクセスランキング ブログパーツ