FC2ブログ

ちょっとエッチな他サイト様、最新情報

「線虫」あの女の回(3)吐精

carib112914-747.jpg

何度繰り返したか分からないゆったりしたピストン運動の中で、俺は急速に射精感を迎えていた。
腹が攣り金玉がちじみ上がる。亀頭の先端はもう耐えきれずに先走りを迎えている。
もっともっとこれを、この快楽を味わっていたいのに、もはや耐えられない。
刹那、焦燥と快楽が頭の中でショートした。

すまんっ!

ハーフ娘が激しく首をふり、腰を抑える脚に一層力が入った。
大丈夫の意味だろう。俺は最大まで我慢していた緊張を一気に解放した。
背中に回された腕と腰に回された脚でハーフ娘にがっちりと体を固定され、俺の恥骨とハーフ娘のクリトリスががっつり擦れあった。
ハーフ娘の膣口が一気にせばまり、俺の陰茎の根元にある一番太い尿道をぴっちぴちに締め上げた。
前立腺の収縮により一気に放出された第一弾の熱い塊が、その締め上げられた尿道を通過したときにまず最初の快感・解放感が脳内を巡る。
ハーフ娘の肉壁は膣内も締め上げていた。
勃起により最も狭くなっている亀頭の根元あたりを熱い塊が通るときに再び快感が脳内を巡った。

あふぅ

思わず声が漏れる。射精時の最初の精液がハーフ娘の膣奥に放たれた。
俺の頭は痺れていたが、ハーフ娘の膣内は目まぐるしく変化した。
カリから先をぞわぞわぞわと肉が蠢き、まるで出された精液を一滴も逃さずに飲み込もうとするかのようだ。
相手がどうあれ、球海綿体筋と外尿道括約筋がリズミカルに収縮と弛緩を繰り返しており射精は止まらない。
間髪をおかず2発目の塊が熱く尿道をかけ抜け、ハーフ娘の中に放たれた。
それを待っていたかのように、再びイソギンチャクが覆いかぶさり、肉襞で亀頭を縛って小さくすることも許さず、亀頭についた精液を舐め尽しているかのような感触に襲われた。
3発、4発目の塊も舐め取られ、俺は不抜けた塊のようにハーフ娘の胸の上に崩れた。
下半身の収縮は止まらず、俺はハーフ娘の体の上にだらしなく覆いかぶさったまま、残る射精を続けた。
日頃は余力を残し、女性をつぶさないように肘で体を支えるのが俺のスタイルだ。
だが、今回は無理だった。全力でぶっ放した感じに体が体制を保てなかった。

その時、力なく差し込んでいた俺のちんぽに軽い痛みが走った。
尿道を何かがくぐり抜けていったような、そんな一瞬の痛みだった。
一瞬腰が引けたが、大きな痛みではなかったし、俺は大量の射精のせいか、セックスを頑張りすぎたせいだろう程度に思った。
大して気にも留めなかったのは、その直後に陰茎内部にじくじくとした快楽が再び広がったからだ。
尿道内を再び精液が通り抜けたような妙な感覚だった。
ハーフ娘の膣口の力はもう抜けていたが、膣奥はまだ生き物のように呼吸し、しぼみつつある俺の肉棒を吸っては離し、吸っては離ししていた。

俺はハーフ娘の足を解いて体を引き離し、嬢の横に転がった。手足を伸ばし、大の字になって大きく息を吸う。久々の解放感だった。
ハーフ娘が目を開けていないのを確認して、自分の陰茎に手をやる。
陰茎に残っていたぬめりを手に付け、目元に持ってくると血がついていた。
やはり生理だったのだろう。ベッドの枕元にあったティッシュでそっと陰茎と亀頭をふき取った。
再びハーフ娘に目をやる。わずかな呼吸と痙攣する腹を見て彼女の無事を確認したことまでは覚えているが、俺自身、酒と疲れとでそのまま深い眠りに落ちてしまった。
 
>> 官能小説の続きを読む (FC2ブログランキング)

「線虫」あの女の回(2)挿入

hey0811z.jpg

それでハーフ娘の足を立てて、俺はクリをいじり始めた。
ハーフ娘は、あー、いー、って声が出るのを、手を口に持っていって抑えてた。腰が少し浮いて可愛いって思ったな。
でも、指を少しだけ膣に入れてみたら、もう入れて、入れてって言い始めてさ。
香水の匂いも女の匂いもあったし、俺もこの香りじゃあ口でやるのはちょっときついなって考えてたから、ラッキーって思って、もう遠慮なく入れちゃおうって思ってさ。
さっき、指入れた感じだとハーフ娘の中はフヤフヤな感じだったしな。

セックスする気で来た女性が、結構な距離を歩いて来たときの、まんこの熱さって分かる奴いるかな。
やる気まんまんで、気持ちもあそこも受け入れ態勢万全の女性の、むれむれのパンツを脱がしたての時のまんこの中って、いつも以上に熱くて気持ちがいいんだよ。
これ本当。まんこの中全体がぽってりしてて、熱い濡れ雑巾みたいに陰茎を丸ごと包み込んでくれる。

ハーフ娘も入れて入れてって言ってるし、俺は遠慮なくゴムもつけずに挿入した。
多分、ここまで淫乱なのは生理のせいなんだろうという思いもあったから。生でも大丈夫だろうって思ったんだ。
生理用品もなかったのにどうしてそんな風に考えたのかは、今はもう分からん。分からんがその時はそう考えたんだ。
それで思った通りに中は熱くて、最初は肉襞が適度な抵抗で抗い、俺の亀頭の侵入を邪魔しようとする。
だけど一度亀頭を通してしまうと、今度は続く陰茎をすっぽり包んで、ねっとりとした液でまとわりついてくるんだ。
セックス後半のさらさらな愛液になる前の、粘り気のある潤滑油は本当に陰茎への吸いつき感が半端ない。
あまり細かいピストンはせず、大きなグラインドでハーフ娘の肉壁をゆっくりと切り開き、俺の亀頭はとうとう一番奥まで達した。
ハーフ娘はああーと目を見開き、前傾姿勢を支えていた俺の二の腕をそれぞれの腕で掴んだ。
これはもっと来ての合図だろう。

ハーフ娘はさらに、ベッドで踏ん張っていた足を、俺の腰の後ろに回してクロスさせ、ふくらはぎで俺の腰を押し込んだ。
一方で自分の腹筋を折り、腰を上下にゆすって、俺のペニスをさらに奥へ、奥へと導くように動き始めた。
これはクリトリスじゃなく膣奥でのイキ方を知っている女性の動きだ。いいのに当たったな。

俺が知る限り、男のピストンに合わせて自分の腰をゆする女は10人に1人くらい居る。
腰が動くからエロいんだが、大抵の女はクリトリスと男の恥骨を擦り合わせるだけだ。
そういう女とのセックスはチンコの付け根が熱くなる。
それはそれで気持ちがいい。
だが、腹筋まで折って最初から膣奥へ膣奥へと導く女はなかなかいない。

だが俺がもっと驚いたのは、ハーフ娘の腰の動きじゃなかった。

腰の動きは随意筋だし、男を喜ばせようと思えば、自分の意志で如何様にも動かすことができる。
それは女の偽の喘ぎ声と一緒だ。そういう行為は女の優しさではあるかもしれないけど、本当にセックスが好きで好きで、したくてしたくてたまらないというわけじゃない。
不随意筋。自分の意志で動かすことのできない筋肉。
つまり膣の中のうねりだ。
俺が奥まで亀頭を差し込んでから、ハーフ娘の膣内はまるで生き物のようにうねった。
俺が腰を引こうとすれば、その陰茎を何本かの襞が絡まって離さず、それ以上、亀頭が逃げていかないように奥へ奥へと引っ張りこみ、たまらず押せば幾重ものイソギンチャクが亀頭をからめとるように締め付けた。
膣壁を押したときはフェラでカリを刺激するかのように、カリの裏をくるくると舐めとるように、そして鈴の口に舌を差し込むように、ハーフ娘の肉襞が俺の肉棒を遊び続けた。

(これがみみず千匹ってやつか?)

まるで肉壁が何らかの意思を持って、俺の亀頭をそして陰茎を膣内に留めるかのように動いている錯覚に襲われた。
すごいまんこだ。 
>> 官能小説の続きを読む (FC2ブログランキング)

「線虫」あの女の回(1)前戯

hey0811y.jpg

どうにもよく顔が思い出せない。
そのくらい俺は酔っぱらってたが、ホテルの部屋に入ったら速攻でハーフ娘にチューした。
べろちゅー。深いやつ。こういうのはチャンスを逃しちゃいけないと思ってるから。
ハーフ娘も舌出してきて激熱だ。

(お前、さっきまで元気なかったじゃん)

って言わなかったけど、この変わりようは何って思った。
こうういうギャップは良いよね。思いがにじむっていうか。
学生の頃はさ、こういう名前も知らない相手と、もちろん相手も俺の名前も知らない状態で、いきなりセックスっていう展開はあった。
若い頃って本能の塊だから。でも、そんなシチュエーションは俺も久しぶりで興奮してた。
そう言えばセックス自体、久しぶりだったからな。
チューしながら片手でボタンを外してハーフ娘のシャツ脱がせた。
ブラをずらして、立ったまんま胸にむしゃぶりついて、乳をもみまくった。
ここまで来たら絶対に逃がさねーって感じ。
で、ブラ抜いて、ベッドに押し倒して、スカートの後ろのホック外して、すーっと抜いたんだ。
ハーフ娘がお尻を浮かせてくれて超協力的だった。

飲んでる時から、ハーフ娘からはお香のような香りがしていて、なんか香水つけてるのかなあって思ったんだが、ここにきて匂いが倍増。
あそこに香水ふってるんだと思って、それが何かクラクラするような香りで、こいつ元からやるき満々だったのかなーとか考えたのを覚えてる。

それと、そのとき気づいたんだけど、ハーフ娘、ストッキングをはいてなかった。
ま、若いから自信あるんだなって思って、俺もなんかハイになってさ、ぱっぱっぱっと脱いでパンツだけになって、いよいよハーフ娘のショーツを下げた。
きたよ。香水の匂いが強烈、あとはメスの匂い。メスの匂いって、生理の時に一種独特な匂いがするでしょ。あれ。
あそっか。ハーフ娘、生理の匂いを消すために香水振ってるんだーってその時思った。
生理中のセックスはダメとか、セックスの前は必ずシャワーするとか言う人がいるが、俺はそういうの一切気にしない性質だ。
むしろ、相手の香りを楽しみたい。生活臭というか、汗とか、もっと言うと、ちょっとくらいのお○っこの拭き残しなら全然かまわない。
むしろ、ご褒美。いやご褒美は言いすぎか。お前匂うぞっていじめたいタイプなんだ。
だから自分の匂いを気にして香水ふっておくっていう、そういう背景がにじみ出るのはむしろ好きなシチュエーションなわけ。まあ、変態だよ。

あれ? そう言えば、生理臭いのにあの娘、ナプキンをしてなかったな。パンストもはいてなかったし。
あの時はハイでまったく気にもしなかったが、なぜなんだろう。
まあ、いいか?
 
>> 官能小説の続きを読む (FC2ブログランキング)

「線虫」ショットバーの回

hey0811x.jpg

斉藤の馴染みのショットバーに入ると、ボックス席にカップルが2組、あとは女性が2人カウンターで飲んでいた。
カウンターの女性の1人は斉藤の知り合いらしく、斉藤が声をかけバーテンダーと3人で話し始めた。
で、残る1人の女性は2席離れてたんだが、なかなか憂いを秘めた瞳の美人。
俺から声をかけて「女男 男女」の並びで飲み始めた。
大音量でジャズが流れ、カップル間の会話はそれほど聞こえない感じの店。
悪くない。ナンパ目的ならぴったりの店じゃないか。
斉藤の奴、なかなかやるな。

俺が話しかけた女性は、東南アジア系のハーフという表現が似合いそうな顔つきの娘だった。
薄ぼんやりとした記憶だ。いや100%日本人だったとは思うが。
ただ、ちょっと元気がないってっていうか、会話は成り立つが、ずっと艶っぽい目で見つめてくる時間が長く、半分寝てるのかもなーと思ってた。
女性に見つめられるのは嫌いじゃない。狙われてる感もあり狙える感もあり、俺は楽しくてゾクゾクしてたと思う。

終電の時間が迫ってきて、斉藤は「頑張って。お先っす。」と、ずっと話し込んでいたお嬢さんと共に帰っていった。
あいつは終電に向けて慌ててたし、そもそも斉藤は恐妻家だし、あの二人はやった感じじゃないな。
ただ、ここも斉藤なりに俺に気を使ってたのかもしれない。
俺、もう独身だしな。お好きにどうぞってわけだ。

残された俺は、ハーフ娘と話をつなごうとしばらく頑張ってたんだが、あんまり会話が成立しなくなってきた。
どうしようかなーと思ってたら、そのハーフ娘が言ったんだ。

「ねえ、しようよ」って。

これははっきり覚えてる。その言葉にはゾクゾクしたね。
俺も結婚前はかなり遊んでたし、経験も豊富な方だと思うんが、そこまでストレートなの聞いたことなかったもんな。
それで、ハーフ娘の飲んだ分も含めて店の支払いは俺がもって速攻で店を出たんだけど、それが2時くらいだったかな。
お店もそろそろ閉店を迎えようとしてたから、ありがたがってたよ。
ハーフ娘は実は2杯くらいしか飲んでなくて、支払いは大した額じゃなかったんだが、たかが2杯程度であれだけ酔った感じになるのはお酒弱いのかななんて思ってた。

店を出たのは良いんだが、そのあたりのラブホなんて知らない。
駅前までハーフ娘と歩いて適当に停まってたタクシー捕まえて、どっか一番近いラブホって告げると、駅抜けて階段降りたところ左に行った方が良いよって運ちゃんが言う。走ってくれないの。

どうしようかなーと思ったんだが、酔ってるわりにハーフ娘の足取りはしっかりしてたし、俺に寄り添って「ねえ、まだしないの?」なんて言うもんだから、頑張って駅裏まで歩いた。
駅中が通れなくてちょっと回り道もしたが、そういう時のワクワク感はわかるだろ?
それでやっとラブホに到着だ。
 

>> 官能小説の続きを読む (FC2ブログランキング)

「線虫」居酒屋の回

carib070916-204.jpg

あの女と出会ったのは先週末だ。斉藤にははっきりと言っていないが、確かにセックスまで持ち込んだ。
そして生中出しまでやってしまった。
俺が悪いのかと言われれば微妙な線だが、まあ女に言わせれば悪いのはいつも男ということになるんだろう。


・・・


先週末、俺は斉藤に誘われて飲みに出かけた。
「決算が大枠固まったしたまにはいいでしょ」と斉藤は言ったが、その真意は俺には分かっていた。
長年連れ添った妻が出ていき、別居状態から離婚の決着がついたのがやっと先月のこと。
たまには憂さ晴らしをしろと、斉藤なりに俺に気を使ってのことだろう。
まったく、どっちが先輩だかわかりゃしねえが、あいつは間違いなく優しい奴だ。

そんじゃかんぱーい。
おう、かんぱーい。

居酒屋に腰を据えて二人で飲み始めた。
最初は当たり障りのない、部長の悪口や会社のシステムについての話。
あと、高橋のあほっぷりなんかでも笑ったな。まあ、いつもの調子だ。
その内に酔いも回って、話題は俺の離婚の話になった。
斉藤も分かってたんだろう。黙って聞いてくれたよ。

まあ、離婚については、幸い俺たち夫婦の間に子供はなくて、親権の取り合いなんていざこざもなかった。そういう意味じゃ、世間一般の離婚よりはスムーズだったのかもしれないな。
スムーズですか?
あああ、スムーズってのはおかしいが、まあ問題は感情のもつれだ。長い付き合いだっただけにこればっかりはしようがないわな。
ですよね。
しかも女房が出て行った後になって、男が居たんじゃないかって疑惑が沸いてからは、これはもう俺の沽券に関わる問題よ。それでも女房に言わせれば俺が悪いってことなんだけどな。
ちょっと、ちょっと。それ証拠は見つかったんですか?
それがひどい話さ。自宅にも連れ込んでやがってなあ。ポロポロと証言が出てくる。周りの奥様方とかな。ま、結局、女の敵は女だ。
へえ。怖いですね。
それでもなー、好きで夫婦になったんだから穏便に済まようって俺の中の天使と、いやいや、男もろともボロボロになるまで破滅の道を進ませろっていう俺の中の悪魔と、その2つの葛藤だぜ。こいつには正直参ったぞ。
天使ですかw それでもそんな気持ちになるんすかw
もう他人だから関係ないんだけどな。
結果、悪魔を選択ですよね。
俺んちでやったらダメだろ。そういう筋論は大事だよ。どっちかっていうと向こうが悪魔だって話だよな。
そりゃそうです。
ま、そんなわけで俺は近々マンションも引っ越すよ。



なーんて話を斉藤として、途中から焼酎のロックに切り替えたからベロベロになってたわけ。
結構、遅くまで飲んだのかなあ。
俺としてはそんな理由もあるからさ、慌てて家に帰る必要もないんで。
そろそろ帰りたがってる斉藤を連れて、もう一軒流れたわけだ。
確か、駅近くの斉藤のお奨めのショットバーだったな。
ここら辺の記憶はまだはっきりしてる。
問題はそこからだ。
 
>> 官能小説の続きを読む (FC2ブログランキング)

水商売なんかしなくても・・・
このブログの人気記事 by BUZZ
女の子が読むちょっとエッチなカテゴリ
現在進行中のカテゴリ以外は、一気読みができるように記事の日付順を調整しております。どうぞお楽しみ下さい。

あ薦めの相互リンクサイト様
女の子が読むエッチな小説ランキング
お世話になっている相互リンクサイト様
このブログの人気ページ by PC
RSSリンク
アクセスランキング ブログパーツ