FC2ブログ
2017/06/18

【厳選】早川美緒 23歳 バレエ講師

続きを読む

2017/06/03

新卒女子、街コン、ファイト!ファイト!



最初の30分で分かったことは、紙に名前を書いてカップル成立的な仕切りのイベントは、少なくともこの「街コン」においてはないということだ。
つまり自分がどれだけ好みの男性の傍をキープし、会話をして、自分自身を売り込むか。また、最後にLINEを交換して今後につなげられるか。
ここが勝負の分かれ目ということだ。そういう意味において、完全に割り切っている桜井”先輩”の行動は、極めて正しい。
次の30分に向けて席替えが始まり、男性陣が大テーブルの席に埋まり始めていたが、そのタイミングで桜井が真由子に耳打ちしてきた。

真由ちゃんさ、ここは若い子が多いし店変わろう。それともあなた残る?
え、友達ペアって別れても大丈夫なんですか?
さっきの見てもわかると思うけど、この街コンは仕切りがないから分かれても大丈夫。どうせ最終的には別れるしね。
そういうもんなんですか。
うん、だって連れが「帰ろ~」とか言い出すと面倒でしょ。

女同士の足の引っ張り合いは真由子も疑問に思っていたところだ。まったく桜井”先輩”には隙がない。むしろこの人とLINEを交わしたいくらいだ。

一緒に移ります。桜井先輩に付いていきます。
うん。じゃあ行こう。

隣の席に着きかけたクレリックシャツのボンボン風男子を押しのけて、二人は最初の店を後にした。

真由ちゃんさ、お腹はいっぱいにしたかな~?
もちろんです。言いつけ通りに食べつくしました。
いや、そこまで食べなくてもいいんだけど(笑) 次のお店はちょっと雰囲気あるところだから。
食事はないってことですね。
そう。それで、最初の30分は余りの男子をあてがわれるだけだから期待しないで。狙いは2巡目ね。
なるほど。
ちょっと暗い店だけど、お店に入ったら好みの人を探しながら歩いてね。
えーっ。
自分からいけないなら、ちょっといい女の素振りで歩けばOKだから。
じゃあそうします。
あ、ここ。ここ。

2件目のお店は居酒屋と言いながら、少し照明の暗い、雰囲気があるお店だった。
その店で余っていた男性は4名で、知り合い同士なのかカウンターに陣取って男性だけで盛り上がっていた。
チケットを見せた真由子と桜井はカウンターに案内されたのだが、その途中、桜井が真由子に「カウンターは悪くないよ」と小声で耳打ちしてきた。
事実、カウンターに集う男性は年齢も25歳から少し上くらい、清潔感のある落ち着いたスーツ姿の4人であった。
真由子と桜井は、それぞれが男性2名に囲まれお姫様のように扱われた。そして話してみたところ、ビンゴ!全員が公務員だったのである。
付き合いで参加したが、積極的に女性の席に向かうのも憚られ、カウンターに集っていたということであった。
カウンターの良いことはもっとある。
食べ物を取りに来た彼らの仲間が、ひっきりなしに知り合いに声をかけ、そのついでに真由子と桜井にも絡んでいく。
結局、30分が経過したが彼女らは場所を移動することなく、2周目も3周目も別の男性公務員と飲むことになったのである。

20時半になり桜井が言った。「真由ちゃん、そろそろ出ましょう。」カウンターに座る男性が引き留めようとしたが、桜井は余裕の笑顔でかわした。
店の表に出ると、桜井は駅に向かって歩き始めた。真由子にはなにがなんだか分からない。

桜井先輩!
真由ちゃん。ここからは一人ね。

少し離れた桜井の手にはLINEの画面が光っていた。ああ、そっか。誰かに決めたんだ。真由子はそう思って桜井の後姿を見送った。
遅れて鞄から取り出した真由子のスマホにもLINEのバッチが光っているが、それが誰からなのか分からなかった。
スマホから目を上げると、もう桜井の姿は夜の闇に紛れている。
きっと彼女はいい人と楽しい夜を送るんだろう。
これが街コンか。

真由子はそう思った。

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法
2017/06/02

新卒女子、街コン、ファイト!



街コンの開始予定は17時だが、二人は比較的ぎりぎりにお店に到着した。
先ほど席まで通された通路の途中で見た感じでは、一軒目の雰囲気は、事前に到着して飲み始め大声で話しているマッチョなお兄さんたちあり、律儀に開始の合図を待っているスーツ姿あり、学生のようなさわやかな姿の青年ありで場は混沌としている。
ぱっと見、女性陣はまだ雰囲気に慣れず一緒に来たペア同士で話している感じだが、一部、黒いギャルたちは自分たちのノリを周りに広げ、若い学生ノリの男性たちと盛り上がっていた。
流石にあれにはつていけないが、まあ、一部を除けば全員開始の合図を待っている状態だった。

桜井”先輩”の話によれば、最初は男女が分かれないように、取りあえず男性だけで女性がいない席にあてがわれるので、まず良い男はヒットはしないと。
勝負は30分ごとの席替え、もしくは店替えなので、一発目は気が向けば話せばいいし、気に入らなければガン無視でもOK。
とにかく一軒目は、肉か穀物系の料理を食べて、まずは腹を満たすことが大事とのことだった。
それについて真由子は反対を唱えたが、酔わないようにお酒は控え目、最初にお腹にモノを入れるのもそのためだと桜井に教わった。
もっと言うと、桜井”先輩”は15時に食事をして取りあえずお腹を満たし「男を見定めるために」絶対に酔わないように備えているとのことであった。

(ぷ、ぷろだ。こいつには逆らっちゃいけねえ。)

桜井の用意周到さに感銘を受けた真由子は、桜井”先輩”の忠告に乗っかることにした。

場が開くまで真由子はそわそわと落ち着かなかったが、周りと適当に話を流しているうちに、17時、定刻通りに”一応配置された”司会者の下で船橋街コンが開始された。
これまで定刻を守るべしと抑圧されていたスーツ組が、さっそく一斉に隣に配置された女子達に話しかけ始めた。
真由子と桜井の通された席は店の奥の大テーブルで、桜井の隣がガテン系2人組、真由子の隣がサラリーマン風2人組であった。
桜井は最初から公務員狙いであったため、ガテン系のお兄ちゃんたちに興味はなく、てきぱきと指示して、二人に食べ物を取りに行かせていた。
街コンにおいてオードブルを席に運んでくるのは元来ポイントの高い行動ではあるが、それについて桜井はガン無視、いきおいサラリーマン風に声をかけた。
真由子は後輩としてふるまい、ガテン系の取ってきた皿に手を伸ばして、美味しいと言われるオードブルに手を付けつつ、桜井の話を伺った。
ガテン系の兄ちゃんたちは桜井に脈なしと見るや、速攻で反対の席に着いた2人組にターゲットを切り替えた。
わずか10分の間にそれぞれの見極めが交錯しあう。冷静に研究を続ける真由子にとって、目に映るその光景はまさに戦場であった。

ところで真由子の左のサラリーマン風2名に色々と話を聞いてみると、彼らは正にサラリーマンであった。
津田沼の工場に勤める二人組。よく分からないながら今日はバチッとスーツで決めてきたということ。真由子とを同じである。
工場の人!それが分かった瞬間から桜井の態度が変わった。そう、桜井は公務員狙いである。工場勤務なら、夜のお店でどうぞってなもんである。

真由子は微妙な桜井先輩の変化、しなの消え具合を感じながら、桜井と男性二人の間に挟まれていた。
最初の30分がそろそろ経とうという時に、桜井に目配せをもらい、真由子はトイレに立った。
桜井は、隣のガテン系のお兄ちゃんに、ちょっとどいて、ぐらいの勢いで席を立ち上がった。

あのさー。やっぱ、あれはないから。

トイレで桜井先輩はマスカラの乗り具合を直していた。真由子は手を洗いながら問い返した。

え、あれって、えーっとサラリーマンさんですか?
そう。LINEだけ交換してぶっちしよう。
LINEですか?
うん、まあ、そこはお付き合い程度にね。交換くらいは。
えーっと。
お付き合いね。
ういっす。

なんだか凄い体育会系になった感じだ。

席に戻ると、ちょうど30分経過した段階だった。
男性陣からLINEの交換を求められ、真由子は快く応じた。
驚いたのはまったく話もできなかったマッチョからもLINEの交換を求められたことだ。

そう言えば店に入る前に桜井先輩から、『「街コン」は友達を作るところだから。結婚とか重く考えずに、LINEくらい誰でも交換するからね。いやならブロックして終了。その場はうまく収めないと面倒。大丈夫よね?』という言葉をもらっていた。
うん。ガテン兄ちゃんの向こうのほうはちょっと好みなんだけど、多分、灰色のダサいスーツの私は、彼らと二度と会うことはないだろう。
そう思いつつ、真由はふるふるした。

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法
2017/05/31

新卒女子、街コン最初のお店へ



受付は船橋北口のホテルであったが、街コン自体は南口の居酒屋10軒を17時から21時まで借り切ってのものであった。
ホテルから駅を抜け最初の居酒屋へ向かう道すがら、真由子は、今日一日を楽しく過ごすために、”桜井”女子に話しかけた。

あーすみません。初めまして。鮎川真由子です。
桜井瑞樹。

真由子の前を歩きながらぶっきらぼうに桜井が答えた。恰好は可愛いのにとりつくしまもない。次の問いかけを何にしようかと真由子が考えていると、桜井の方から声をかけられた。

いくつ?
え、あ、はい。23です。
あたし25。今日はマジ出会い狙いなの?
あ、えーっと、初めて参加するんでちょっと分かりません。
あ、そう?

あれ? なんだか急に口調が優しくなったように感じた。桜井が振り返り、先ほどとは明らかに違う態度で真由子に話しかけ始めた。

あんた、せっかくの街コンなのになんでその格好なの?

桜井が口に手を当てきゃらきゃらと笑った。多分、男性向けの可愛らしい笑い方だ。
真由子は入念にお風呂に入り髪と化粧は自分なりにばっちりと決めてきたが、確かに洋服については地味目のスーツだった。何を着てくればいいか分からなかったので、取りあえずどこに出ても嫌味のない恰好ということでこれに落ち着いたのだった。

あのねー。もうちょっとそそる恰好しないとモテないよ。
すみません。
まいっかあ。あたし本当は飲み屋に勤めてるんだけど、今日は美容部員ってことにしようと思うの。それで、真由ちゃんさ。あんた新人の後輩。どう?
どうって、よくわかりません。
ああ。基本、友達同士のペアで来ることになってるから、あたしが美容部員の先輩で、あなたは新人。シングルって向こうも面倒なのよ。だから真由ちゃん、桜井さんの関係でいきましょ。
あー。そういうことですか。それ良いですね。
良いでしょう?
じゃあ真由ちゃんって呼んでいい?
良いです。先輩。
それそれ。そのノリよ。

桜井の顔に笑顔が灯り、真由子は急に桜井に親しみを感じた。そうやってあらためて見ると、桜井は丸っとした顔だが切れ長の目が綺麗なお姉さんとも言える。そんな桜井の話は続く。

今日は公務員の若い人も多いんだって。
あー、それさっき聞きましたよ。参加者を無理やり集めたって。
それよ。あたし今日は頑張るからフォロー頼むね。
私は初めてなんで、色々教えてください。
任しといて。結構通だし(笑)でも邪魔すんなよー(笑)

桜井がここが良いという最初の店に案内してくれた。街コンの時間は17時から21時でパンフレットに書かれた10軒のうちどこに行っても良いということなのだが、最初に割とおいしい店でお腹を膨らませて、その後、何軒か動いて、最後に雰囲気の良い店に落ち着こうという流れのようだ。
桜井はこの辺りの飲み屋にも精通しているらしい。これは良い味方を見つけた。

時間は17時前、真由子と桜井は最初のお店に入店した。案内された席に着くまでに、男どもの視線が二人に集中する。
さあ、いよいよ戦いの始まりだ。
 

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法
2017/05/30

新卒女子、街コンのペア女子を待つ



15時50分、真由子は船橋駅北口にある有名ホテルのロビーにいた。
ロビーには今日の街コンの受付が用意されていて、少し時間は早かったものの真由子は既に記帳を済ませていた。
どうやらここは当日受付用で、事前に申し込みのあった男女については街コン開始の17時に、直接、各々の店に出向くという段取りのようだ。
そのためロビーは全く閑散としており、真由子は受付の横で、当日ペアになるという”桜井”さんを待っていた。
手持無沙汰に立っている真由子を可哀そうに思ったのか、受付の端っこで働いているでもないちょっと髪の薄いおじさんが相手をしてくれた。

今日、初参加の方ですか。
え、あ、はい。そうです。
ご参加ありがとうございます。
あ、いえ。あの。これは県かどこかが主催の?
そうです。そうです。

頭の薄いおじさんは暇なのか、出生率や少子高齢化対策への県の取組み、それに伴う納税額の増加、街コンによる地域商店街への経済効果のお話しを聞けた。
正直、居酒屋で上司から聞けばうんざりなのだろうが、何か嫌味のないそのおじさんの話を真由子は素直に聞くことができた。まあ、それは研究に役立つと思ったからかもしれないが。
「課長!」と呼ばれておじさんが連れていかれた後は、若い男性が相手をしてくれた。聞き覚えのある甲高い声は、もしかしたら今朝、電話を受けてくれた男性かもしれない。
浅黒い肌に歯並びの綺麗なその男性は、極めて真由子の好みだったのだが、左手の薬指に光るリングを真由子は見逃さなかった。
ニコニコ顔で対応はするが、これはターゲットじゃない。っていうかターゲットってなんだ? 街コンも始まってないのに、真由子は自分で自分が可笑しくなった。

17時から21時まで、このパンフレットに書いてるお店を回り放題です。
へえ。凄いですねー。何食べてもいいんですか。
オードブルをね。で、お店に入ったら、さっき受付で渡した。あ、それ。それを見せてね。
このカードですか?
そうそう。それで、司会とかつかないから、一応、30分単位で席替えとか入れ替えとか。
お店の人が言ってくれるんですか。
うーん、多分。うちからも店ごとには行かせてるけど。どうかなあ。

気が付くと隣に女性が立っていた。「桜井さん、来られました」と受付の向こうの女性から声がかかる。
個人情報は大丈夫か?と思いながら真由子は女性に会釈した。

今日、ご一緒いただく鮎川さん、こちら桜井さん。
あ、こんにちは。
初めましてー。

一見で女の戦いは始まる。”桜井”女子。コートを羽織ってはいるが、そのコートの下の、胸元を強調した白黒のワンピース。しなを作って「初めましてー」と語尾を伸ばす感じ。なかなかのやり手の女性のようだ。これは覚悟せねばなるまい。
真由子が値踏みをしているのにも気が付かず、若いさわやか既婚者公務員は二人を引き合わせたことに満足し、彼は去っていった。

行きましょう。

先ほどの、男性がいる時とはうって変わって、低い声で”桜井”女子が真由子を促した。
 

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法
2017/05/29

新卒女子、街コンに参加決定!



真由子がさらに検索を続けたところ、wikiに書いてある通り「店コン」レベルの情報は既にポータルサイトに集積されており、特定の条件で絞り込みを行い、参加ボタンを押して、カード決済をすれば、あとは当日に指定のお店に行くだけで「店コン」に参加できるようだった。
「店コン」についてここまでシステマチックな運営形態が出来上がっているとすると、果たして真由子の考えているマッチングサイトとの連携が可能なのか、そして他のマッチングサイトとの差別化が可能なのか、そしてネットとリアルの融合に意味があるのか、いささか心もとない状況となっていた。

でも、現場に行かなきゃ分からないこともあるわ、きっと。
当たって砕けろよね。
どっち道、もう私、砕けちゃってるんだし。

と、自虐的な真由子であった。
真由子がポータルサイト内をくまなく見ていく内に、なんと明日、近場で開催される「街コン」を発見した。特に年齢層の指定もなく、どうやら県か市が主催する催しのようだ。

真由子にとって「街コン」はなかなかいい響きがある。まず一つは公共っぽい。真由子は最終的に「店コン」も研究対象と考えているが、最初から一人で足を運ぶには敷居が高い。その点、「街コン」であれば、なんとなくノリで来ましたーみたいな言い訳が立ちそうでもある。
その分、参加者も若いのではないか。それに不特定多数が参加するマッチングサイトとの相性も高そうだ。真由子はそう考えた。
ただ、ネックになるのは「お友達と二人一組で参加してください」とサイトに書かれたルールだ。
これについては、明日電話して聞いてみよう。真由子はそう思い、連絡先をメモに書き留め、今日は寝ることにした。

・・・明けて翌日・・・

8時、休日は10時まで惰眠をむさぼる真由子にとっては早い目覚めである。新しい考えへの期待、新しい出会いへの期待が真由子を興奮させているのかもしれない。
真由子は、ぱっと飛び起きると、部屋着に着替え、朝食をとって、部屋の掃除と洗濯を終えた。
一通り落ち着いて部屋の時計を見ると11時。件の街コンは17時開始である。
もしも参加OKとなれば、ここから再度、お風呂に入ったり、服を選んだり、髪と化粧を整えなど、自分磨きの準備もいるだろう。
研究のためと言いながら、密かに出会いにも心を躍らせている真由子だった。
時間的には今しかない。でも、つながるんだろうか。不安を抱えつつ真由子は昨日書き留めた連絡先に電話を入れた。

はい。千葉県お見合いセンターです。
あのー。船橋の街コンのウェブを見たんですが。
参加希望の方ですか。担当におつなぎします。

電話に出たのはハキハキした男性であった。それにしてもお見合いセンターってのはなんだろうか。公共施設? 昔の結婚相談所? そうこう考えているうちに電話の相手が変わった。今度はおばちゃんだった。

お待たせしました。伊東と申します。船橋街コンの件ですね。
はい。あのーウェブから申し込みしていないんですが、今日でも大丈夫ですか。
ええ。大丈夫ですよ。

思った通りだ。「店コン」であれば、狭い店の中の男女比を合わせる関係からたとえ女性であっても当日参加は断られる可能性がある。それに比べれば数店の店を不特定多数が巡る公共機関が主催する「街コン」は参加資格が緩い。特に女性に対してはそうであろう。いや、そのはずだ。

女性お二人様ですね。
いえ、それが一人なんです。すみま・・
ああ、大丈夫ですよ。よくいらっしゃいます。

食い気味に”伊東”おばちゃんが言った。え、よくいるの?と考える間もなく”伊東”おばちゃんは続けた。

同じく一人参加の女性とペアを組んでいただきます。よろしいですね。では、16時にいったん〇〇ホテルの受付までいらしてください、ペアを組みますので。それでは、まずお名前とご連絡先だけ…

ああもこうもなく、立て板に水で話が進んでいく。
流石、”伊東”おばちゃん。
昔いたというお見合い婆ってのは、こういう感じだったのかな。

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法
アクセスランキング ブログパーツ