FC2ブログ
2011/01/22

エッチな体験談-Marioさんからの投稿

 
先日、セフレの美雪が知り合いを連れてきた。今日、俺たち二人のセックスを見てもらう女だ。これだけ聞くとトンデモナイ話なのかもしれないが、俺はセックスに関してはいたってノーマルだということを宣言しておく。

(´ー`)y-~~ 普通にトンデモナイじゃねーかw

俺と美雪は不倫関係で(美雪が既婚)かれこれ2年になる。セフレとは言え、わりと愛のあるセックスを続けてきたんだが、なにしろもうマンネリだ。俺はセックスについての倦怠期を迎えていた。

最初は不倫ということで俺もかなり燃えた。美雪の体を舐め、俺のペニスを舐めさせ、他人の妻を奪っているという征服感で萌えたんだと思う。美雪は夫以外の男性を受け入れるということで萌えていたと思う。しかしもう2年だ。既にセックスに関しては刺激が薄く、さりとて美雪のことは好き。どうすればいいのか。俺はSMにもアナルにも興味はない。せいぜい目隠しやバイブで美雪を感じさせる程度だが、それすらもう普通になってしまった。

そんなわけで前々回、誰かに見られながらのセックスを美雪に提案したわけだ。

最初、美雪は真意を解りかねてるようで男との3Pを意味してるのかと聞いてきた。俺はそのつもりはないことを伝えた。万が一にも美雪に誰かのペニスが突き刺さるのは見たくない。本当にそれは嫌だと伝えた。

ハプバーでもスワッピングでもなく、ただ見せるだけ。誰かに『見られる』とか『見せる』とかいう別の感覚の中でマンネリを解消したい。ただ、その時はそれで話は終わった。

自分でも馬鹿なことを言ったなあとは思っていたのだが、美雪は美雪で真剣にとらえていたようで「この前のことなんだけど…」とメールが来て、今日を迎えたというわけだ。

まあぶっちゃけ変態かもしれない。興味があれば続きを読んでほしい。



3人が落ち合ったのは日曜の郊外スーパーの駐車場。時間どおりに俺が到着すると2人はもう着いていた。簡単に挨拶を終え「すみませんね、変なこと頼んじゃって。」とまず謝った。明らかに変態チックなお願いなのだが、できるだけ爽やかに言ってみた。女は「いえ…」とだけ言って視線を美雪に向けた。背の高いお姉さん風の女性だ。視線を受け美雪も小さな声で「ゴメンネ」と応えていた。

間も持たないため「話は聞いてると思うんで、問題がなければこのまま行こうと思いますが良いですか?」俺は事務的に聞いた。女性は小さな声で「ハイ…」と言い承諾した。美雪が助手席、女性が後ろに乗り、俺の車で移動することにした。

あらかじめ美雪から聞いた話だと、女性は美雪の古くからの知り合いでバツ1の看護師さん。冷静そうでもありいかにもそんな感じだった。美雪の旦那に接点はなく口も固い。遠くも近くもなく、男同士なら悪友という関係だそうだ。俺も美雪から出てくる情報以上のことは聞かないようにした。だから今も名前さえ知らない。


車内は美雪が少し喋っていただけで盛り上がらないままかなり走り、県境にあるラブホに到着した。昔、先輩達から3Pもできると聞いたことのあるホテルだ。ここは昔からある古いホテルでコテージになってるため、部屋を選ぶときも従業員と顔を合わせることがなく部屋に入ることができた。

部屋に入り風呂にまずお湯を溜めていると、フロントから電話がかかってきた。休日フリータイムでとだけ告げて電話を切り「なんか、あれですよね。みんな緊張してるんで取りあえず座りましょう。」と間抜けな言葉で女性をソファを促した。

俺が座ると女性は対面の壁際に座った。美雪はどちらに座るか迷っていたが、手を引いて俺の横に座らせた。すぐ横にあった冷蔵庫からポカリやお茶、オレンジジュースを抜き取って台に置き、俺はポカリに手をつけた。やたらとのどが渇いた。

どう進めるかなーと考えたがどうせ話は付いているわけだからと、そのまま美雪の肩に手をまわし、顔を引っ張ってキスをした。美雪は「んふはっ」と鼻から息を吐き、体中の力が抜け、俺の手の中に落ちた。あっという間にいつもの態勢だ。女はシチュエーションに関係なくゾーンに入るのが早い。

俺はいつもよりも長く舌を突き出し、すぐに美雪の口の中をまさぐった。美雪の舌も応えてきて俺たちは唾液の交換をくり返した。最初こそ美雪の口紅が気になったが、その内、口の周りがべちゃべちゃになり俺は味が気にならなくなった。

髪をまさぐり、頬を持ち、キスを繰り返す。まぶたにも。耳たぶにも。耳の穴には舌をねじ込み、細くて熱い息を吹きかける。顔中を舐めまくる。こんな時は美雪の鼻の穴も愛おしくなる。美雪の鼻にも舌を突っ込もうとして逃げられ、髪の生え際を愛撫し、眉にもキスをする。

手は肩から上だけで、まだ美雪の敏感な部分には一切触れない。愛おしくて愛おしくてたまらない。そんな感じで顔と顔をこすりつけ合うのだ。美雪の髪をもみくちゃにしながら、クチャクチャと粘膜を擦り、いやらしい音が室内に続いた。耳から首筋へと愛撫は進み、美雪はいつもの通りに蕩けていく。

いつもはこうした愛おしい気持からそのまま行為へ進むのだが、今日の俺は客観的だった。普段も美雪をゾーンへ追い込むため多少の演技はするのだが、今日は女性の存在を気にしている。美雪への行為はいつも以上に派手な演技だったように思う。一方の美雪はすでに快楽を一身に受けようと目をつむっていた。

それよりも女性だ。

横目で女性に目をやると…女性はただ見ていた。その表情から感情までは推し測ることはできなかった。いわゆる無表情だったからだ。でも確かに見ている。それで良い。誰かに見られることで俺は明らかに興奮の度合いが上がっていた。俺の視線に気がつくと女性は目をそむけた。気がついた。それも俺を興奮させた。

俺はキスを持続したまま、美雪の左手を俺の股間に導いた。俺の股間はこれまでになく勃起をしていたが、ズボンの中で行き場がなく今日は変な形で折れ曲がっていた。それを美雪の左手がなでる。曲がった形のまま、ズボンの上から、上下にスーッスーッと。

俺は再び薄眼で女性を見た。見ている。間違いなく股間を。女性の目は美雪の指の動きをなぞっていた。興奮した。見るんだ。やっぱり見るんだ。キスよりも何よりも直接的な性的な動きを。少しだけ腰を浮かせて、陰茎の位置をずらし、より上下運動で気持ち良いように補正した。


『見られる』『見せる』行為は俺をものすごく興奮させる一方、何か冷静な自分もいた。ここでちょっとインターバルを取ろうと考えた。というのが、あまりの興奮ぶりに今すぐにも精液が吹き出してしまいそうだったからだ。

「ちょっと風呂に入ってくるわ」そう言ってソファを離れた。残された女2人の間でどんな話が交わされるかは分からないが、それもまた良い。しかしなんという興奮。女性が見ているというだけで、こんなに違うものなのか。俺はできるだけ興奮を抑えるようにして股間を洗い、風呂から上がった。ガウンをまとい部屋に戻る。

「お前も入ってこいよ。」「うん。」「奇麗にな。」美雪を風呂に行かせた。女性はオレンジジュースを飲んでいた。ポカリを手に取り再び対面に座る。何をしたわけでもないのにまたペニスが微妙な硬度を保ち始めた。


(´ー`)y-~~ 続きます


>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法
2011/01/21

エッチな体験談-Marioさんからの投稿(2)

 
微妙な雰囲気の中、ほぼ同時に互いが声を出した「すみませんね」「凄いですね」
「あ、いや。すみませんね。変なことに付き合わせちゃって。」
「いえ…よくこういうのされるんですか」
「あ、見せたりとかですか。今日が初めてなんですよ。人に見せたいなんて…変態ですね。」
「…」
「あの。変な話ですけど、言っていいかどうか。」
「なんですか。」
「いや出来れば、タイミングみてあれならオナっちゃってください。」
無茶苦茶な要求かもしれない。というか俺たちだけが見られるのはヤバいという気もしていたのは事実だ。いっそ共犯になれば彼女も言いふらすことはできないだろうという計算だったりする。
「いえ、あはは…」
「あ、本当に…」


「でも凄いですね。もしかしたらしちゃいそうです。」
「しちゃって下さい。その方が僕らも安心ですから。」
美雪があがってくるまでに、正直に心の内を打ち明けた。実は俺らも不安だと。女性も不安だったろう。そこでかなり打ち解けた雰囲気になった。そして
「凄いですね。あんな風なんですね。人の、その…あれとか見たことないし…キスもあんな風とか。」
俺が思うに、あれはあの女性とキスしていい雰囲気だったのかもしれないけど美雪も風呂を上がってくるし、そうもいかない。
「これからもっとですよ。もっと近くで見て下さい。見てほしいですから。」
と立ち上がり、バスローブの前をはだけて、半立ちのペニスを晒した。女性は前のめりで観察してくれた。変な話、2人の間でわりと和やかな雰囲気が出来上がった。ペニスの先からは我慢汁も垂れてたと思う。

その時、ガチャっと音がして美雪が風呂からあがった。俺はソファに戻り、女性も再びソファに深く座りなおした。ちょっとの間、会話が消えた。体を拭いた美雪が脱衣室から出てきた。微妙な雰囲気のまま、バスローブの美雪は俺の横に座りなおした。




「ふう。温まったよ。」場を和ませようと双方を見ながら美雪が話しかけた。「何かお話した?」「んー。まあ。」俺は座ったままバスローブの前をはだけた。先ほどの女性の観察以降、ペニスは勃起したままだ。もう美雪に咥えさせようと決めていた。それを女性に見てもらうのだ。

腰に手をやって美雪をソファから落とし、俺の股間前に座らせた。「なあ美雪。見せたいんだ。いつも通り、してくれ。」そういって、俺を見上げた美雪の唇に唾液を含ませたキスをした。美雪は恥ずかしさからかしばらくペニスを手で上下していたが、やがて、あきらめたように亀頭を口に含んだ。

瞬間、ビリビリビリビリーッとものすごい快感が俺の脳天を突き抜けた。まだ亀頭の先を含んだだけだ。そして女性を見た。女性もこちらを見ている。俺は美雪の頭に手を置きヨシヨシしながら「気持ちいいよ。凄いよ。」と声をかけた。再び女性に目をやる。やはりこちらを見ていた。どうすりゃいいんだ。俺は喘ぐべきなのか。

美雪がいつものように尖らせた舌を尿道に這わせ始めた。「それ。その尿道が気持ち良いんだ。上手だ。」いきそうだ。美雪の耳の上あたりの髪を両手で押さえコントロールした。美雪はまた、カリの部分を強めに舌で巻き取ったりした。「カリも…上手だな。」美雪がやり過ぎないようコントロールしながら、俺は、俺はずっと女性も見ていた。人が見ていることで説明チックになっていた。

「美雪、袋も。」

対面に座っている女性に見えやすいように、俺はカリではなく、玉から竿先までの奉仕を美雪に伝えた。美雪はまた躊躇したが俺が耳元で「今日は見てもらうんだ…ろ。」と言うと、またすぐにゾーンに落ちて行った。俺の股の真ん中で顔を横に向け、優しく玉を舌でもみほぐす。そして口でついばむ。しばらくそれを続けたかと思うと、長い舌をデローっとまとわりつかせてぺニスを舐め上げた。それを何度も繰り返す。たまにいたずらのように亀頭をスポッと咥える。俺が教えた俺の一番気持の良いやり方だ。

いつだったか美雪にそれが嫌じゃないのかと聞いたことがある。俺のペニスの形や我慢汁の匂い、粘り気、喘ぎ声、耳や手や、舌や、口で覚えた感触も、とにかくまとめて全部好きだと。それに気持ちいいんでしょう?と言われた。その通りだ。俺が美雪をクンにしたいと思うのもそれと同じだ。

もっとこの可愛い、優しい美雪を見て欲しい。

「横に来てもらって良い?」俺は手招きをして女性に横に座るよう促した。大きなソファではなかったが美雪が床に降りているので2人が座るスペースはある。女性はゆっくりと席を立ち、俺の隣に来て座ってくれた。

俺は女性の肩を引っ張り、二人で前のめりになった。拒否はされなかった。袋を舐めている美雪をのぞきこむような形になった。美雪が目を開けた。俺は美雪の眼をしっかり見つめた。「気持ちいいよ」美雪に言った。「すごく気持ちいいんだ」女性にも言った。もっともっと誰にでも見て欲しいと思った。

(´ー`)y-~~ 続きをお待ちしています


>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法
2011/01/20

エッチな体験談-Marioさんからの投稿(3)

 
続きを送ります。

(´ー`)y-~~ 掲載が遅くなってすみません。


俺も美雪も女性もそのタイミングはかなりいかれてたと思う。再び美雪がペニスを舐め上げた時、俺のペニスはこれまでにないくらい怒張した。これまでにない凄い勃起だった。

「美雪!ゴメン、乗れ!」

荒々しく美雪を床から引きずりあげ、ソファでうんちんぐスタイルにさせるとそのままペニスを美雪に突き刺した。深々といっきに刺さった。美雪も入れて欲しかったんだと思う。それくらいに美雪のおまんこはべとべとで、まったくの抵抗もなく、俺たちは一瞬で深くつながった。

俺は暴れる美雪の腰を持ち、美雪は俺の首を持ち、下から跳ね上げ、上からは腰を打ちつけて、野獣のような呻きを出しながら、そして隣に結合部を見つめた女性を座らせたまま、俺は美雪の中に吐精した。女性にその場を見せたかったので美雪の中出しOKの日を選んでいたのだ。

俺は美雪の肩と背中を抱きしめ、腰を半分浮かせたままドクドクと精液を美雪の子宮へ送り込んだ。美雪はぎゅーっと締め付けてくるし、ペニスの先がじんじんして、これまでにない快感だった。美雪のまんこからはじゅわーっと潮が溢れた。たまに吹く子だったが、今日このタイミングとは。ペニスの根元から腹にかけて熱い汁が降り注ぎ気持ちがよかった。二人とも満足がいくまでその態勢で余韻を分かち合った。

その瞬間だけは隣の女性を忘れていたが、先に我に返ったのは俺だった。スミマセンと言うのもなんだか妙で「えーっとティッシュを取ってもらってもいいですか」とか間抜けなことを言ったと思う。ティッシュで俺と美雪の股間を拭き取っているのが変な間に感じて、俺は美雪を風呂に行かせた。

また女性と二人きりだ。やや聖人モードに突入していた俺だが、吐精後で疲れてもいたので、前をはだけたままでいた。勿論、女性に見せたかった気持ちはある。「凄かったですね…」女性はすでに羞恥心を失い俺のペニスを凝視しながら言った。俺のペニスはとっくに硬度を失っていたが、日ごろほど小さくもならず、後出しの精液を先っちょにぶら下げている状態だった。「触ってみます?はっはっは」と女性の手を取った。「あ、いえ。戻ります。」と女性はまた対面のソファに移った。

美雪は中を洗っているのだろうシャワーの音が聞こえていた。困ったような沈黙を破って「私バツ1なんですけど…セックスはあまり…」女性の身の上話が始まった。あれ? もしかしてこれ? やれちゃうフラグ? とりあえずウン、ウンと聞きながら隣にうつってみた。嫌がらないので腰に手を回す。軽くチュウしてみた。大丈夫。今だけ。胸に手を回す。なかなか大きい。スカートを捲くって太ももを撫で、片足が上がって、開き、スキャンティの上からクリをくりくりっといじり始めたら、ガチャっとバスルームが開く音が鳴った。残念。

入れ替わりで風呂に入ったんだが、もしかして3Pあるかもと思うとまた立った。今日はあと2回はいけそう。



風呂からあがり美雪をベッドに誘う。一応、バスローブを脱がせ布団をかけて、眠かったら寝てもいいよと言うが、当然眠らせる気なんかなく、おっぱいをいじくる。美雪は貧乳だが乳首の感覚は尋常じゃない。それを知っているにもかかわらず乳首をつまみ「ひぃぃ」と言わせる。お約束だ。布団を跳ね上げ、件の女性によく見えるようにしてから、美雪の腕を頭の上で交差させ、おっぱいから脇腹をむき出しにした上で、体に当たるか当たらないかの感触で舌を這わせる。

腕を交差されてピーンと張った脇腹からずーっと小さなおっぱいの下までを舐め、乳首に行くと見せかけて横にそれ、脇を舐めまわす。クンクンと脇の匂いを嗅ぎ、じっくり見つめて「おい。剃り残しがあるぞ。わざとか?」と、剃り残しがあってもなくても苛める。「うそ。」「ごめん。」「いやいや。」と逃げる美雪。抑え込む俺。これも俺たちのお約束だ。

そうしながら右の腕は美雪の腹からおまんこへ向かう。美雪の薄い毛をかき分けているうちに、閉じていた脚は自然と開き、俺の指を迎える準備を始める。美雪は最初の段階の、クリを押さえながら膣の入り口をかすかに擦るという手技が好きだ。これは彼女のオナニー方法を聞いたものだから間違いない。

俺はこの技を、美雪が俺の左手の拘束を解き、体ごとしがみついてくるまで延々と続ける。それがいつもの流れだ。美雪は自分で腰の位置を動かして俺の指に押し付けたりたまに指から逃げたりする。そして俺は左手の拘束を保ったまま、右手は美雪のまんこを責め、口で乳首をついばみ、美雪の表情をうかがうのが好きなのだ。

美雪がいつも通り感じるのを見ながら、俺は女性に目で合図した。ここに来いと。

(´ー`)y-~~ 次が最終話。近々にアップします。


>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法
2011/01/19

エッチな体験談-Marioさんからの投稿(4)

 
美雪がいつも通り感じるのを見ながら、俺は女性に目で合図した。ここに来いと。女性はベッドのそばに来て美雪の向こう側に位置した。もう少し何かさせたいところだが、今はそれで良いだろう。美雪はしがみ付くところまでいかなったが、俺は態勢を変え、美雪をクンニすることにした。この時点で俺はまだ半勃起だ。しかし全裸の2人と着衣の女性1人。他人が見れば異様な風景に違いない。

セックスについては、さっきから女性が1人蚊帳の外に置かれている。俺はこのクンニで再び女性を中に引き入れることにした。美雪の膝を立てて大きく開かせる。俺は股間に顔をうずめる前に、また目配せをして、女性を近くに寄せた。「見るよね?」返事を待たずに、美雪のクリやまんこにむしゃぶりつく。美雪は最初の一舐めで「あああああああああぁぁ」と大きく声を上げた。女性の顔が引きつる。俺は女性の目を見つめたまま、舌を斜めに出し、美雪のクリを舐め上げた。


「気持ちいぃ」そう。気持ちいいときにはちゃんと言うように俺が訓練したのだ。美雪の腰が徐々に上がっていく。「あそこも。」「あそこも。」腰がはね始めたが相変わらずクリを責めていく。女性の顔が紅潮しているのを見て、俺は手を取った。

女性の手を俺のペニスに触れさせたのだ。案外に嫌がらずに触れてくれ、しかも上下に擦り始めた。途端に俺のペニスは膨れ上がった。すると亀頭の近くを握ってくれた。再度、目を合わせるが嫌がった風はない。俺はうなずき、美雪へクンニに集中した。

下半身はひねって女性の方へ、手を美雪の尻の下に敷きまんこを正面に。舌を尖らせて膣の入り口付近を執拗に攻めた。べろべろと舐めては、たまに膣へ差し込む。美雪の大好きなパターンだ。本当は女性に俺のペニスを咥え欲しかったが、それは流石になかった。だがたまにクイクイとカリを掻いてくれる。この狂乱に女性も参加してきているようだ。

俺は美雪をくるっと一回転させて膝立ちにさせ、尻を上げてアナルむき出しの状態にさせた。指を深く膣に埋め、舌でドリルのようにアナルを責める。指のそばも舐めて、もうアナルもまんこも俺の唇の周りもなんの液だか分からないもので濡れている。美雪は「くぅーん」と犬のような声をあげて頭を枕に押し付け、完全に無抵抗だ。

美雪を回転させたときに一旦離れた女性の手も、俺の股間の後ろから自分の意思で戻ってきた。股の後ろから勃起した陰茎を握られるのは、責められているようでまた新しい感触だった。美雪の痴態だけでなく、俺のアナルも女性に見られている。そしてペニスを握られている。

十分だ。また十分すぎるぐらいに俺は勃起した。美雪を再び正常位に戻すと、両足を俺の肩に担ぎ、位置を確かめると俺は遠い場所からゆっくりと美雪のまんこに挿入をした。女性が後ろから見ているのを意識しながらの挿入だった。最後に玉袋がぺたっと美雪のお尻に当たる音がした。間違いない。俺の亀頭の先からペニスの根元までが、美雪のまんこの中に収められていく姿を女性は見ただろう。

俺は振り返って女性を確認した。俺が手を出すと手が返ってきたので、いったん美雪からペニスを抜き、女性に俺のペニスの根元を握らせた。ハッと手を引っ込ませようとしたが、強い力で握らせたまま、またゆっくりと美雪に差し込んだ。俺のペニスと女性の指が美雪のまんこの入り口で一つになった。だから何ってわけじゃないが。女性が手を引っ込めたので「中で行くから。」と、それだけ言って、俺は猛烈に腰を振った。

(´ー`)y-~~ いったん最終話だそうです。お疲れ様です。

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法
アクセスランキング ブログパーツ