FC2ブログ
2014/05/30

金曜の21時台、大手町から飛び乗った列車はそれほど混むでもなく立っている人間もまばらだった。




5月の夜、東西線に乗り込んだ東野誠一郎は上機嫌だった。
3月に完遂するはずだったプロジェクトの残務がやっと終わり
今日は公式な打ち上げが八重洲口で行われたのだ。
パーティには本社の重役も顔を出していた。
みなプロジェクトの完遂に浮かれていた。
笑顔だった。

それでも結構、長かったよなあ

金曜の21時台、大手町から飛び乗った列車はそれほど混むでもなく
立っている人間もまばらだった。
角の席を確保した誠一郎は一人思いに耽った。

実際、悪いプロジェクトではなかった。
大手町の関連会社に出向を命ぜられて3年目
各支社から本プロジェクトに推薦され集められた連中はみな優秀で
明るく前向きな若者が多かった。
頑固なのは兎も角として扱いに困るような上司もおらず
技術的なブレイクができるかどうか
ただその一点に向けて全員が立ち向かった
そんなプロジェクトだった。

エリートじゃないけど俺だって上への道はあるよな。
成果は出したし、全国の支社にも知り合いができた。
きっと本社の覚えも良いだろう。

誠一郎は今日の打ち上げの勢いそのままに、将来の自分の姿を想像し妄想を楽しんだ。
そして、誠一郎のうきうき感を更に高めていたのは帰郷への思いだ。
予定より2ヶ月遅れたものの、来月、事務手続きが終われば
故郷の広島に帰れることになっていた。

そして故郷には幼馴染の湊愛子が待っている。
二人は半年後に結婚する約束になっていた。
 
>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

2014/05/29

誠一郎はインターネットのビデオに熱中した。直接的な刺激はTENGA EGGが補ってくれる。


081413-406_002.jpg

誠一郎はiPodでお気に入りのPerfumeを聞き
iPhoneの画面に写るプロジェクトチームの写真を弾いていた。
列車は日本橋に着き、乗り換えのためか隣に座っていたOLが席を立った。
列車のドアが開き、入れ替わりにまた別のOLが誠一郎の隣に座った。
関係ない。他人には関わらないのが都会の掟だ。
田舎出身の誠一郎は常々そう考えていた。
しかしそのOLのスカートから伸びる膝には目がいった。

見るくらいは自由だろ

誠一郎はiPhoneのスクリーンを眺める振りをして、
横目でOLの灰色のスカートから、膝、そして座席の下に消えていくふくらはぎを眺めた。
これはなかなか。でも顔まで見るとやりすぎだな。
半年後には愛子と結婚するのだ。仕事は順調だし、つまらないごたごたはごめんだ。
家に帰ればXVIDEOSがある。TENGA EGGだってある。
それで充分だ。

誠一郎はもてないわけではない。
東京で過ごした3年の間に同期の女性と飲みに行ったり、
事務の娘と怪しいと噂をされたこともある。
しかし、誠一郎は気真面目な性格だった。
そのためこの3年間で肌を重ねた女性は、広島に帰ったときに会った婚約者の愛子と
あとは、上司に連れて行かれた川崎のソープ嬢だけであった。

プロはそっけない

それが誠一郎の感想だった。
それ以来、誠一郎は玄人の女性にも興味を持てず、もっぱらインターネットのビデオに熱中した。
仕事で疲れて家に帰っても、画面の中の彼女らはいつも笑顔で迎えてくれる。
どんな無理なプレイだってやり放題。
今日はこの子、明日はあの子と選び放題。
直接的な刺激はTENGA EGGが補ってくれる。

叶わないのは匂いと触感、安堵感だろうか。。。
 
>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

2014/05/28

初めてのオナホか。TENGA EGG。いったいどんな感触なんだ。


081413-406_003.jpg

会社が借り上げてくれたのは京成津田沼駅近くの簡素なアパートだった。
そのアパートには他の支店から集められた仲間も住んでいたが
一人に一部屋が与えられたので気楽な生活だった。

ある晩、何気なく見ていたインターネット掲示板のオナホスレで
誠一郎はTENGA EGGという言葉を知った。
なにやら500円ぽっちで、ヌルヌルと気持ちよく、コリコリと亀頭をくすぐり、
しかも洗えば何度か使えるという。
引っ張れば伸びるというからきっとシリコン素材なのだろう。

シリコンにローションか。。。気持ちいいだろうな。

ここしばらく膣の感触を忘れていた誠一郎は、そのオナホに興味を持った。
早速、「TENGA EGG」で検索してみると出るわ出るわ。画面には沢山の検索結果が並んだ。
なにやら亀頭をくすぐる形状が沢山あるようだった。気持ちのよい形状のランキングまである。
そしていずれの記事も「気持ち良い」、「コスパ最高!」等とTENGA EGGを褒め称えていた。

そんなに気持ちがいいのか

誠一郎はすぐにでもTENGA EGGを使ってみたくなった。
早速、販売店を調べてみると有名薬局の名前があったが、深夜のこの時間では開いていない。
諦めかけたときに某レンタルビデオ店でも扱っていることを見つけた。

これなら津田沼まで行けばあるな

誠一郎は自転車に乗って津田沼駅に向かった。
お目当てのブツは某レンタルビデオ店のレジの横に大量に陳列してあった。
ビデオも借りずにオナホを買うのは少し気が引けたが
誠一郎は箱の中から適当に1つを手に取り無言で店員に差し出した。
店員は興味なさ気にTENGA EGGを受け取りピッとレジを通した。
人とのつながりを持たない都会は楽なもんだ。

しかし初めてのオナホか。いったいどんな感触なんだ。

誠一郎ははやる気持ちを抑えつつ、アパートへの帰路を急いだ。
 
>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

2014/05/27

ホールの中に指を突っ込みTENGA EGGの入口にローションを塗る。


081413-406_004.jpg

誠一郎は家に戻ると、まずTENGA EGGの卵形のプラスチックをひねって上下に開けた。
中にはやはり卵形をした厚手のシリコンの塊が入っていた。
シリコンの塊を取り出し、ひっくり返すと10円玉台の穴が開いていた。
穴の中をよく見ると小さな突起が並んでいる。

なるほどあれが亀頭を刺激するってわけだな

卵形のプラスチックの中にはローションの小さなパッケージも入っていた。
誠一郎はパッケージを破り、TENGA EGGのホールの中にローションをたらしこんだ。
ローションを全部を入れ終わると、シリコンを揉み、ホールの中にローションが行き渡るようにした。

これで準備OKだ

誠一郎は部屋の電気を消し、先ほどからつけっ放しのパソコンでXVIDEOSのページを開いた。
JAPANESEで検索をする。
これからの期待だろうか、パンツの中で誠一郎のペニスは既に勃起していた。
よし今日はこの子だと狙いを定め、ヘッドフォンをしてビデオを開始する。
ビデオの子はなかなか美人の女子大生だった。
どうでもいい挨拶をすっ飛ばしフェラチオのシーンを探す。

あったあった

女が上目遣いで男のパンツに手を伸ばすシーンでいったん止めた。
誠一郎はパンツを脱いでパソコンの前に座った。いつもよりも勃起していた。
パソコンの薄暗い光を頼りに、寝かせておいたTENGA EGGをペニスにかぶせてゆく。
ローションがこぼれないように慎重にかぶせていくが、角度が悪いのかなかなか入らなかった。

一旦、ホールの中に指を突っ込みTENGA EGGの入口にローションを塗る。
ローションにまみれた指をティッシュで拭き、再び慎重にTENGA EGGをペニスにかぶせた。
慎重な作業にペニスは少し萎えたが、ぬるっと入ってしまうと再び硬度を取り戻した。

よし。ビデオだ。
 
>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

2014/05/26

TENGA EGGの先を絞って空気を抜きペニスにぴったり張り付くよう装着し直した。


081413-406_005.jpg

ビデオの女は男のパンツに手をかけ上目遣いで見つめたまま止まっていた。
誠一郎はマウスで再生ボタンをクリックした。

男のサテンのパンツはくっきりと陰茎の形を写していた。
女はパンツの上から2本の指で亀頭を挟みそのまま下へと指を滑らした。
次いで手のひらで陰茎をさすり、パンツに頬を寄せた。
くんくんと匂いを嗅ぎ、舌を出したかと思うと陰茎をべったりと舐めあげた。
パンツの布をピンと張り亀頭の形を露出させると、そこをすっぽりと口で含む。
チロチロと舌で攻めているのだろうヘッドフォンから男の鼻息が聞こえた。
男のサテンのパンツは女の唾液で色が変わっている。
男が女の頭に手をかけると、待っていたように女は男のパンツをずり下げ
出てきた亀頭に口を寄せた。

誠一郎はペニスに手をやりTENGA EGGの塊を下まで引っ張った。
ズヌルブチョ。ホールの中で行き場を失った空気とローションが異様な音を立てた。
薄暗い部屋の中で結構大きな音が聞こえ、誠一郎はびっくりした。
ヘッドフォン越しでも聞こえたのだ。隣人に聞かれなかっただろうな。
慌ててビデオを止め、TENGA EGGをペニスから外すと
風呂場までタオルを取りにいき、今度はタオルを敷いてパソコンの前に座りなおした。

空気を抜けってのはこのことか

誠一郎はローションがこぼれるのを我慢しつつ、
TENGA EGGの先を絞って空気を抜きペニスにぴったり張り付くよう装着し直した。
今度は大丈夫なはずだ。TENGA EGGを手前に引きつつ、
少々固さを失ったペニスを2、3度扱き音がしないことを確かめる。
ローションのニチャ、ニチャという音はするものの驚くほどではない。
ヘッドフォンをつけて再びビデオの再生を始める。

ビデオの男は自分でパンツを脱ぎ仁王立ちになった。
女は執拗に竿を舐め、玉を舐め、男の陰茎を手前に引っ張ると再び亀頭を口に含んだ。
それが合図のように男の手が女の後頭部に周り、女の頭を強く手前に引いた。
オグっ、オグっ、オゲっ。ヘッドフォンに女の嗚咽が響く。
しかし女も嫌がるではなく、粘液状になったよだれをたらしながら男の竿を咥え続けている。

誠一郎はTENGA EGG越しにゆっくりとペニスを扱いた。ローションが気持ち良い。
そんな誠一郎に急激な射精感が襲ってきた。
 

>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

2014/05/25

ティッシュに精液を撒き散らすオナニーなどと比べ物にならない気持ちの良さであった。


081413-406_006.jpg

わずか1分かそこらのオナニーで襲ってきた射精感に誠一郎は戸惑った。
誠一郎は最近、セックスをしていない。
だから膣の中の感触というものをすっかり忘れてしまっている。
膣ってこんなに気持ちよかったっか。
オナホとローションていうのは膣以上に気持ちいいんじゃないか。

いずれにしてもこんな気持ちいいものをすぐに終わらせてしまうのはもったいない。
誠一郎はペニスを扱くのをやめ、TENGA EGGを亀頭にかぶせたままクルクルと回すことにした。
足の先が熱くなるような、焦れるような快感がペニスを通して伝わってきた。

ビデオはいつの間にか挿入シーンに変わっていた。
女のおまんこがどアップで映され、そこに怒張した男の陰茎がささって行こうとしていた。
パンパンパンパン。リズミカルに男の腰が動き、そこに女の嬌声が混じる。
嬉しそうな女の顔がアップで映された。

誠一郎はTENGA EGGをクルクルと回していたが、いよいよ射精感が高まり
たまらずシリコンを引っ張って手の平全体でペニスを扱いた。
ううっと声が漏れ、誠一郎は最初の精液を飛ばした。
そのまま膣を模した穴の中へドクドクと続く精液を流し込む。
これまで膣内射精をしたことがない誠一郎には、この感触は新たな経験であった。
なにせヌルヌルの穴の中に、自分の意のままに精液を送り込むのだ。
ティッシュに精液を撒き散らすオナニーなどと比べ物にならない気持ちの良さであった。

疲れた誠一郎は、まだ嬌声を上げているビデオを止めて横になった。
先ほどの射精にもかかわらず誠一郎のペニスは硬度を失っていなかった。




地下鉄は東陽町駅を過ぎ地上に上がっていた。
通勤カバンの下に勃起したペニスを隠しつつ誠一郎は窓の外を眺めた。
あの窓の灯り一つ一つに家庭があるんだなあ。
先ほどの性体験からなんの脈絡も無く、誠一郎はぼんやりとそんなことを考えていた。

その時、誠一郎の右に座った女の髪がふっと香った。
シャンプーと汗の混ざったような匂いだ。
右肩にも若干の重みを感じる。
少し顔を傾けるとどうやら女は誠一郎の肩を枕に寝ているようだった。
足も若干開き気味のだらしない寝方だ。

今夜はこの香りとぬくもりで抜くかー。
誠一郎は降って沸いたラッキーを楽しむことにした。
OLモノの良いビデオがあると良いけどなあ。

5月の列車は淫夢を乗せて西船橋を目指した。
 

>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

アクセスランキング ブログパーツ