FC2ブログ
2014/06/20

後輩の結婚にプンスカする行き遅れOLの日常


091915-974_001.jpg

高田あきこは29歳。日本橋の酒造会社に勤務している。
都内の短大を卒業してすぐに今の会社に勤め始めたのでもうすぐ10年選手だ。
あきこの仕事は受発注業務が主で
がらっぱちだが明るい性格が幸いし現場のおじさん達には気に入られている。
全員営業だ!というハゲ部長の一言で
若い頃は主任に連れられて都内の酒販店を営業して回った。
今はその頃の人脈で生きているとも言える。
わざわざあきこちゃんをと電話で指名してくる客もいるくらいだ。

今日、高田あきこはしたたかに酔っていた。
部も課も違う遥か向こうのフロアの若い子が近々結婚するという。
「それで~。女子会って言うか~。
 女の子だけ集まってプレゼント渡してお祝いしようって
 みんなで決まったんですぅ~。」
アホのくせにやたら男性社員に媚びる後輩女子がバカ丸出しで言った。

どこのみんなで決まったんだよ。
結婚式も二次会にも呼ぶつもりも無いくせに金だけ出せってか。
とは言わない。

「うん。分かったー。楽しみにしてるねー。」
というわけで、日本橋のいかにもゆるふわガールが喜びそうなお店で
どうでもいい結婚祝いをしてきたのだった。

どうでも良いと思っているとお酒も進む。
あきこも最初は回りに合わせてカクテルなどを頼んでいたのだが
最後は焼酎のロックをダブルで煽っていた。
なにせお酒は売るほどあるところに勤めているのだ。
ここ10年、現場のお酒好きなおじさん達と付き合っているうちに
あきこはすっかり酒豪になっていた。

2次会でカラオケに流れることに決まったようなので
「先に帰るね」とあきこは一人分かれて日本橋駅にやってきた。
いつもの改札を通り、階段を降りると、タイミングよく列車がやってきた。
5月の東西線は立つ人影もまばらで
あきこは丁度空いていた端から2つ目の席に座ることができたのだった。
 
>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

2014/06/19

あきこの一番の思い出は、彼のオンボロ車で鴨川シーワールドまでデートに行ったことだ。


091915-974_002.jpg

まったく。なんで関係もない人間を結婚祝いに呼ぶかねえ。
危うくよいしょと言いかけてあきこは席に座り、一人考えた。

あきこの見た目は29歳にしては若作りだ。
短めのタイトスカートと白いブラウスがお気に入りで、高いヒールを好んで履く。
鎖骨が広く、首はすっと伸び、ワンレンの髪と相まって
若い頃には秘書課の女性と間違えられたくらいだ。
最近では年相応に贅肉が付き、少し崩れたその体系は
社内の中年男性から好奇の目で見られることが多かった。
もっとも、あきこより年配の社員はあきこの開けっ広げな性格を知っており
エロというよりは友達感覚でセクハラ発言をしてくるのだった。

あきこはそんなとき「はい、それセクハラー。」
と笑い飛ばすことが多かった。
もちろんそれだけが理由ではないだろうが
社内の特定女子グループからは完全にお局様扱いされていた。

仲のいい子はいっぱいいるし
30を越えても独身の社員もいっぱいいるんだからいいじゃん。

若い女の子の結婚祝いで少し弱気になった自分を否定するように
あきこは電車の席で考えなおした。
でもそう言えばあの時、結婚してたら今頃どうなってたのかなーと
あきこは酔った頭で回想を始めた。

あきこは23歳の頃に島根から上京してきた2つ年上の男と恋愛をした。
格好のいい優しい人だった。
なにせ純情同士の恋愛だ。キスさえも震えていたような気がする。
あの頃のことを思い出すとなにか甘酸っぱい思いが胸をくすぐるのだ。

あきこの一番の思い出は、彼のオンボロ車で鴨川シーワールドまでデートに行ったことだ。
本当に好きだったけれども、スタバも無いような島根には住めないよー
と冗談で言っていた結果、最終的に振られた。
彼を傷つけるつもりは無かったが、千葉に生まれ都内の短大を出たあきこには
島根での生活は想像できなかった。

彼についていったらどんな生活になっていたんだろう
少なくとも、お局様なんて影口はないよね

と、あきこは酔った頭で考えていた。
 

>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

2014/06/18

あきこの寝不足の原因は、現在の恋人の右田恒夫のせいであった。


091915-974_003.jpg

疲れた体に電車の揺れが気持ち良い。
昨日の寝不足と今日のお酒もあってあきこは睡魔に襲われていた。
寝ちゃいけない、寝ちゃいけない、あー…

あきこの寝不足の原因は、恋人の右田恒夫のせいであった。
島根の思い出の彼に比べれば、右田の評価はかなり落ちる。
しかしあきこももう29。所詮、思い出は美しいものだ。
今は右田で良いのだ。良いと思うしかないのだ。

昨日の夕方は御徒町の居酒屋で右田と待ち合わせデートした。
あきこは半分寝ながら昨日のことを思い出していた。

あきこが約束の19時に居酒屋に着いたときには、右田は1杯目のビールを飲み終えて上機嫌だった。
「おっ! あきちゃん、こっちこっち」カウンターの一番奥に座った右田が手を上げた。
「大将、席移るよ! あと生を2つ!」と右田が付出しと箸を持ってテーブル席に移った。
右田はいちいち元気で、浅黒い顔と大きな体が特徴的な男だった。
これで宝石店勤務とはとても思えない雰囲気である。

まずはビールで乾杯し喉をうるおした。あきこが右田に会うのは2週間ぶりだった。
右田は宝石の展示会で福岡、大阪、京都を回ってきたそうで、
訪問先の料理や変わったお客さんの話を嬉しそうに語った。
「で、あきちゃんはどうだった?」
「んー。変わらない毎日だったよ。」
「つまりお局扱いかー。」
「もうそれ慣れたし。」
右田にはなんでも話していたし
大抵のことは一緒に笑い飛ばしてくれるので気楽だった。

一軒目の居酒屋で二人はさんざん飲み、食い、語り明かした。
時計を見ると21時だ。2軒目に行こうと右田が誘った。
「お! 俺、会社に財布忘れちゃったよ。」
会計になって右田が言った。
「右ちゃん、もう私が出しとくから。」
右田とあきこは来年には結婚する約束になっている。
なのであきこにとってはどっちが出したところで変わりはない。
1万何某を会計で支払い、暖簾をくぐって外に出ると右田が待っていた。

「お待たせ!」と右田の腕にすがりついた。
知ってる人間が見てる確率なんて何百万分の一だ。あきこは気にしない。
「なあ、2軒目って言ったけどさ、久しぶりだし。」
右田がおどけて斜め上を見る。
「うん。」あきこは喜んで返事をした。


>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

2014/06/17

右田の舌があきこのパンティの最も潤んだ部分を舐め始めた。


091915-974_004.jpg

あきこと右田の2人は、湯島天神の近くのラブホテルに腕を組んで入った。
あきこは実家住まいなのだが、母親には今日右田と会ってくることを伝えてあった。
右田はあきこの両親にも挨拶を済ませている。
30前の娘でよければどうぞどうぞと両親公認の仲なのだ。

「珈琲飲む?」

あきこは甲斐甲斐しく備え付けの珈琲メーカーで珈琲を入れようとしたが
それよりもと右田があきこの腕をひっぱった。
あきこは痛くない程度に右田の胸にぶつかり二人は狭い距離で向き合った。
すぐに右田の手が背中に回り、あきこも右田の腰に手を回した。
二人は見つめあい長い長いキスをした。

右田が不器用にあきこのブラウスのボタンを2つ外す。
あきこから見るとその表情が可笑しい。
ふふっと笑いながら見ていると、右田はあきこの首にキスをし
そのままブラウスの胸から覗く鎖骨に舌を滑らせた。

「ほんと綺麗だ。」

最近、体の線はすっかり崩れてしまったと自信がないが
首から鎖骨にかけてのラインはあきこも気に入っている。
右田はあきこの鎖骨の端っこにキスマークをつけた。
あきこの白い肌に赤い斑点がぼんやりと浮かんだ。
右田の無骨な指に体を弄られ体に似合わない繊細なキスを受けると
あきこは股間が濡れてくるのが分かった。

あきこがもじもじしていると右田はスカートの後ろのホックを外しにかかった。
ファスナーも下ろし、お尻のラインに沿ってタイトスカートを脱がしていった。
お尻の頂点を越えるとスカートは自重で足元に落ちていった。

右田はひざまずきストッキング越しにあきこのパンティに鼻を押し当てた。
そしてすんすんと匂いを嗅ぐ、その姿勢のままストッキングを降ろしていく。
最後はあきこの協力で両足からストッキングを抜くと
右田はまたパンティに鼻を押し当てる。
小さなリボンが付いた可愛らしいパンティだった。

ふんふんと右田が鼻を鳴らす。勿論わざとだ。
「いやいや」
「まあまあ、んふふ」
「お風呂ってば、、」
「このままが良いんじゃないか」

あきこは右田の強い力でソファに座らされた。
そしてあきこの足の間に入った右田にM字に足を広げられる。
あきこは両手でパンティを隠す振りをするが
手首と足首を一緒に握られひっくり返された。

「もう。」

右田の舌があきこのパンティの最も潤んだ部分を舐め始めた。
 

>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

2014/06/16

右田の舌が自分のぬめった膣口を這っているという考えが頭の中で交錯した。


091915-974_005.jpg

あきこはパンティの替えを持ってきてないことに気がついたが
明日買えば良いかと右田に委ねることにした。
あきこが体の力を抜くと右田も手首を離した。
あきこは体を手で支え少し楽な体勢に変わった。
その間に右田はネクタイを外し、いよいよ舐めの体勢に入った。

右田はとにかくクンニが好きな男だ。
あきこが放っておくと、ゆうに30分は舐め続ける。
休憩を挟んで更にその後、30分舐めることだってざらにある。
それもソフトにハードに抑揚をつけて舌と唇で奉仕してくれるのが常だった。
あきこは指を入れらるのが苦手なので、むしろクンニの方が嬉しかった。

今日の右田のプレイは、パンティの上からの執拗な舐めから始まった。
丁度、あきこのパンティは飾りが少なかったため、
右田はクリの部分をキスをしたり舌でつついたりしてソフトな刺激を与え続けた。
すでにあきこの愛液で濡れていた膣の部分にも右田はさらにキスをし
クロッチは右田の唾液なのかあきこの愛液なのか分からないくらいに濡れた。
右田はパンティを少し横にずらし、はみ出たあきこのビラを口でついばんだ。
その刺激にうっとかかんで空いたパンティの隙間から、今度は右田が舌を差し込んだ。

一日仕事をして、私のあそこも汗臭いだろうに

と冷静に思う反面、今、右田の舌が自分のぬめった膣口を這っているという考えが頭の中で交錯した。
しかしあきこに恥ずかしさはなかった。一つには愛している人との行為だということ。
そして、実は会社を出る前に肛門と膣はウォシュレットで綺麗にしておいたからだ。
右田はいつも舐めたがる。だから最低限は綺麗にしておきたかった。

あきこはソファから起こされベッドに連れて行かれた。
パンティを剥ぎ取られ、四つんばいでお尻を高く上げることを強要される。
まだ部屋の灯りは落ちておらず、お尻の穴まで右田に晒した格好だ。

「今日はこんなのあるんだ。」

右田が可愛らしい毛皮のついた手錠のようなものをカバンから取りだした。

「カフっていうんだよ。」

右田はあきこの右手首と右足首、左手首と左足首をそれぞれカフで包みながら言った。
左右それぞれのカフは鎖でつながっている。

「右ちゃん、財布は忘れるくせに。」

包まれていく足首を振り返って見ながらあきこは言った。
 

>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

2014/06/15

ここが曲がってるからGスポットとクリを同時に責めるらしいよ。あきちゃん、どうなるかなーっ。


091915-974_006.jpg

あきこが逃げられない体勢になったところで、右田は本格的に舐め始めた。
まずは舌で割れ目を押し広げながら、膣の部分を尖った舌で優しく責めた。
舌が入ってきそうで奥までは来ない、その感触をあきこは楽しんだ。
明るい部屋にぴちゃ、にちゃという音が響く。
次に右田は、無理な体勢で隠れているあきこのクリを探し出し舌で転がした。
相当無理に舌を出しているので、きっと右田の鼻はあきこのヴァギナに埋もれているだろう。
顔中、愛液と唾液でまみれるのがいつもの右田のやり方だった。
あきこはこの何もかもグチュグチュにされる感じが嫌いではない。
しかしこの日の右田はちょっと違った。

「今日はね、こんなのもあるんだ。」

あきこから離れた右田はまたもカバンから何かを取りだした。
あきこの目の前に差し出されたのは、カリが太くC字型に曲がったバイブだった。

「え、これ。。。」
「ここが曲がってるからGスポットとクリを同時に責めるらしいよ。
 あきちゃん、どうなるかなーっ。」
「いや、ちょっと、これは」
「へへへ。だめー。」

右田はバイブと一緒に取りだしたローションをあきこのまんこに直接かけた。
大陰唇がぬるぬるになり、それを指で伸ばしてクリトリスにも丁寧に塗りつけた。
またあきこの大陰唇を指で少し開いて、膣口にもローションを押し込んだ。
あきこはローションを塗られたのは初めてだった。
何かすべすべしてクリトリスも、膣口を触られても気持ちがいい。

右田はバイブにもローションを塗り、それをあきこの膣に押し込んだ。
あきこの膣口は一瞬抵抗したがそれを越えてしまえばヌルンと異物を飲み込んだ。
右田はしばらく手動でバイブを抜き差ししていたが
あきこの反動が薄いと見ると、電動のスイッチを弱に入れた。
ビーンと部屋の中に音が響く。

「なんかおかしいよ。」

あきこの声には応えず、右田はあきこのアナルを舐め始めた。
執拗にドリル状にした舌であきこのアナルを責めた。
一方、あきこはアナルどころではなかった。
クリトリスがずっとこすり続けられている。
膣の中には得体の知れないものが入りリズミカルに壁を押し続けている。

「右ちゃん、だめ、これ、はっ、はぅっ」

右田が押さえているのだろう、あきこがバイブから逃れようと身をよじっても
バイブは膣から抜けることなくむしろ膣内の別の壁を刺激した。
 

>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

2014/06/14

あきこは肛門に力を入れた。そうするとまたバイブが膣とクリを責めるのだった。


091915-974_007.jpg

30分経ったろうか、いや実際には15分程度だったのかもしれない。
あきこはもはや、息を殺すことができなくなっていた。
最初はこんなもんと思っていたが、身を任せてしまうととても気持ちがいい。
そして、何かの拍子に頭の中が真っ白になると同時にお腹がキュウッと痙攣した。
あきこは本能的に体を小さくしようとしたが、カフの鎖がそれを阻んだ。

右田に刺激し続けられ少し開きかけていた肛門は一瞬きゅっと締まりそして弛緩した。
右田はパクパクする肛門を眺めていた。バイブはまだ動き続けている。

「右ちゃんいった。いったよ。ごめん。外して。」
「だーめ。」

右田はいちじく浣腸をカバンから取り出し、あきこの肛門に先っぽを差し込む。

「力入れると飛び出しちゃうからね(笑)」
「なに?」
「浣腸」
「いやだめ、だめ、ホントだめ。」
「ほら、出ちゃうぞ。」

あきこはお尻を振って逃れようとしたが、右田にがっちり押さえ込まれ
右田の目の前でちゅーっと浣腸液を注がれてしまった。
右田が浣腸を抜くと極わずかだが肛門から液が飛び出した。
ぴっと出た感触があきこにも分かった。

「漏れるぞ!」

こんなところで漏らしたら大惨事だ。弛緩してる場合じゃない。
あきこは肛門に力を入れた。そうするとまたバイブが膣とクリを責めるのだった。

「あっ ひっぐ なんでこんなことするの あっ」

あきこは肛門に力を入れプルプルと震えながら、不安にまみれていた。
そんなことにお構いなく右田はアナルに指を這わせ、たまにバイブを触った。
そうこうしてる内に、あきこの気持ちに更に便意が加わった。
 
>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

2014/06/13

許しついでにこの日はアナルバージンを右田に捧げてしまった。それは右田が前から欲しがっていたものだ。


091915-974_008.jpg

「だめー!ほんとにだめー!出るー!」

あきこが叫ぶと、流石にまずいと思ったか右田は右手足のカフを外してくれた。
あきこは反転し左のカフを外すと慌てて起き上がってトイレに急いだ。
バイブを抜くとその勢いで何もかも撒き散らしてしまいそうだった。

あきこは不恰好なまま走り、トイレのドアを開けるとバイブをひっこ抜いた。
ゴンと音がしてバイブが床に転がる。
体を反転して便座に座ると
あきこの意思に関係なく肛門から便が飛び出した。

プシャー、シャー

肛門の先がピンと張っているのが分かる。
その細くなった隙間をシャーっと水便が飛び出していく。
兎に角、部屋を汚さずに済んだ。安堵の排便だった。
気持ちいい。

ドアの前に右田がやってきた。

「なに!見ないで!」

あきこが言った。半怒りの涙目だった。

「見たいし。ていうかやりすぎた。ごめん。」
「やりすぎよ! 漏れたらどうする ん。。。」

シャー

「マジごめん」
「変態!」

あきこは我慢していたが、その間にもシャシャーと軟便は止まらなかった。
あきこはトイレ前から動こうとしない右田に痴態を晒しながら
全てを排出し、ウォシュレットでお尻を洗ってお風呂に入った。
お風呂には右田も入ってきて、あまりにも謝るものだから
もういいやとあきこは右田を許してしまった。

許しついでにこの日はアナルバージンを右田に捧げてしまった。
それは右田が前から欲しがっていたものだ。
結局、二人が寝入ったのは朝の4時だった。


電車の中であきこはうつらうつらとしていた。

なにか短い間に色々なもん失った気がする
ていうか右田、あんな人だったっけ
あたし右田と結婚するのかな
若いこのきゃぴきゃぴムカつく
なにがジューンブライドですぅ~よ
あたしもし島根に行ってたら
こんなじゃなかったのかな
なんか疲れちゃっ。。。

あきこは睡魔と闘うことを諦めた。
眠ってしまえばひと時でも現実から離れられるのだ。

5月の金曜日、地下鉄は儚い夢を乗せて西船橋を目指した。
 

>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

アクセスランキング ブログパーツ