FC2ブログ
2014/08/16

生来の優しさから悩みに悩んだ玉田は心を病んでしまう



玉田晴彦は今日も不機嫌だった。

「なんだってんだ、ちくしょう」

木場駅に急ぐ人が驚いて振り返るくらいの声で独り言が漏れる。
玉田のこの不機嫌は、昨日今日、始まったわけではない。
ここ数年、ずっと己の人生を呪いイラついているのだ。
実際、玉田の人生は最近の5年で劇的に変わっていた。

「なに見てんだ。バカ野郎。」

この玉田の怒りには充分な理由がある。
そもそも玉田は幸せな人生を送っていたのだ。

20代でそこそこ名の通った大学を卒業し
業界でも5本の指に入る印刷会社の子会社に就職した。
丁度、印刷業界にはコンピュータ化の波が押し寄せており
玉田はDTPのオペレータとして忙しく働いた。

オペレータとしてのセンスも良く人当たりもいい
玉田はすぐに主任に昇格した。
その頃、デパートの売り子をしていた由紀子と出会い
2年の交際を経て結婚。
この結婚は会社の皆にも祝福された。
そしてすぐに2人の子供に恵まれる。
安月給ながらも家庭は順調そのものだった。
30代では係長、そして課長へと順調に出世した。
役職の多い会社ではあったが、
玉田にも部下ができ、仕事の取り回しも上手くやった。
しかし玉田が40後半になる頃、会社に変革が起きた。
親会社が事業の再編・縮小に手をつけたのだ。

親会社から優先的に流れてきていた仕事は
同規模の同業他社と相見積で戦わさせることになった。
これまでまったく危機感を持ったこともなく
営業は親会社頼りという体制だった会社はあっという間に傾いた。
そしてそもそも過剰人員だということでリストラが敢行された。
社内の雰囲気は一変し、ぎすぎすしたものになった。
玉田自身はリストラを告げる側の立場にあったのだが
生来の優しさから悩みに悩んでしまった。
そして玉田は心を病んでしまう。

何かおかしいと通院のために2週間会社を休み、
復帰すると、玉田は栃木の印刷工場への出向を命じられた。
家族とは離れられない。
何とか東京に残してくれと玉田は懇願した。
その結果、豊洲の関連会社へ転籍となったのだった。

>> 少しやる気が出てきました。皆さんの応援が嬉しいです。

みんなが読んでる話題の情報
  1. キッカケ会話テンプレート~毎日を出会いのチャンスに変える。日常で見かける女性とナチュラルに恋愛を始める方法~
  2. ツイッターでセフレを量産する教科書 -出会い保障VIPコース-
  3. 【シークレットオファー】田淵正浩の早漏改善ブートキャンプ


2014/08/15

落ちる。落ちる。ただ落ちてゆく。何もすがれるものはない。



初めて豊洲の関連会社を訪れたときに玉田は驚いた。
そこは周りをマンションやアパートに囲まれたただの町工場だったのだ。
電気を点けることは禁じられ、狭い部屋に30人近くが押し込められていた。
千葉の印刷工場が忙しいときには工員として借り出されるのだが
そうでも無ければ、ただ一日を無為に過ごしていく。
そこは関連会社とは名ばかりの姥捨て山だった。

これまで勤めていた茅場町のオフィスとはあまりにも違いすぎる。

初めの頃、玉田は自分でなにかしらを生み出そうとあがいてみた。
だがその関連会社には、親会社から転籍をくらった高齢の役職者が多く
よそ者の玉田の行動は疎まれた。
そうこうする内に玉田は何もできなくなってしまった。

給料は元々もらっていた額の1/3になった。
いや、給料が下がるのは、転籍をのんだときに決まっていた話だ。
しかし、短大に進んだ2人の娘に何かとお金がかかる今
妻の由紀子は、どうするんだ、どうするんだと玉田に詰め寄った。
由紀子にしてみれば当然の要求であり、それほど責めたわけでもないのだが
かと言ってどうすることもできない玉田には妻の視線が痛かった。

玉田が最初、心の病に沈んだとき、妻の由紀子は随分励ましてくれた。
だから、僕ら家族は離れられない。何とか東京にいたい。
そういう思いでこの話をのんだんじゃないか。
そう言い出せない玉田は日々を鬱々と過ごしていた。

ある日、向精神薬とお酒を併用し錯乱状態になった玉田は
子供の見ている前で由紀子に手をあげ、暴れまわってしまう。
その日を境に妻と子供は家を出て行ってしまった。

そうこうしている内に、親会社が子会社を売り飛ばしてしまった。
勿論、関連会社に転籍している玉田にはなんの関係もないのだが
これによって玉田は完全に心のより所を失ってしまう。
もはや彼はDTPとは縁もゆかりも無くなってしまったのだ。

あの幸せな家庭は、華やかな生活は、どこに行ってしまったのだ。
傍目にみれば、絵に描いたような転落人生だった。


今日も玉田は豊洲から運河を渡り、木場駅まで歩いてきた。
永代通りまで出てトンカツ屋に入る。
定食を頼んでビールも1本つける。
テレビのプロ野球のセパ交流戦を横目に
昨日発売の青年誌を読みながら

「なんだってんだ、ちくしょう」

と大きな独り言をつぶやいた。

>> 少しやる気が出てきました。皆さんの応援が嬉しいです。

みんなが読んでる話題の情報
  1. キッカケ会話テンプレート~毎日を出会いのチャンスに変える。日常で見かける女性とナチュラルに恋愛を始める方法~
  2. ツイッターでセフレを量産する教科書 -出会い保障VIPコース-
  3. 【シークレットオファー】田淵正浩の早漏改善ブートキャンプ


2014/08/14

どうせ俺は一人なのだ。家族の居ない部屋で自棄酒をかっくらう。



玉田は心の病気が完治せず、躁鬱の気が激しかった。
会社にああしろこうしろと五月蝿く指示する人間はいない。
閑職なのであるから、給料なりにのんびり過ごすという選択肢もあるのだ。
実際、同僚とも呼べない同僚は何人かで集まって談笑しているのだが
玉田は会社にいる間、ただ机に着き、鬱々悶々としていた。

たまにスマホでネット掲示板を覗き他人にねちこく絡むが
そんな掲示板でも玉田はあまり相手にされなかった。
そしてスマホも使いすぎると電池がなくなってしまう。
会社はスマホの充電を認めなかったので
一日中、ネットに逃げ込むわけにもいかなかった。
これが例え電源が切れたとしても
玉田に電話してくる者などいなかったのだが。。。

自分が誰にも必要とされないと自覚する生活を続け
半年が過ぎた頃、玉田は胸に痛みを覚えた。

肺ガンか。

タバコ好きの玉田は自分に寿命が来たのだと考えた。
そう言えば最近、咳も増えタンもよく出る。
息苦しくなることだってある。
ネットで調べると症状の一つ一つが当てはまるように思えた。
しかしこれは単なる勘違い、つまりグーグル症候群なのだが
玉田は肺ガンに間違いないと信じ込んだ。

何もかもなくして、日々楽しいこともなく
そして俺はとうとう死んでしまうのだ。
なんなんだ俺の人生は。
玉田は家族の居ない部屋で自棄酒をかっくらい一人暴れた。

もともとが優しい性格で、引っ込み思案
腕力が強いわけでも、押しが強いわけでもなく
今から転職して新しい世界に飛び込む勇気も無い。
いわゆる普通のサラリーマンであった玉田は
これまで単に人生を拗ねていただけなのだが
"死"を意識した瞬間から本格的に壊れた。

薬を飲む関係上、お酒は控えめにしていたのだが
毎日、ふらふらになるまで焼酎をかっくらうようになった。
頬がこけ、髪は伸び放題。ひげもあまり剃らなくなった。
顔は土色になり、目の焦点が合わなくなった。
そして徐々に思ったことを

心に留めることができなくなっていた。

>> 少しやる気が出てきました。皆さんの応援が嬉しいです。

みんなが読んでる話題の情報
  1. キッカケ会話テンプレート~毎日を出会いのチャンスに変える。日常で見かける女性とナチュラルに恋愛を始める方法~
  2. ツイッターでセフレを量産する教科書 -出会い保障VIPコース-
  3. 【シークレットオファー】田淵正浩の早漏改善ブートキャンプ


2014/08/13

女のスカートの隙間からわずかにパンティが見えたような気がした。



「開けよ」

作業着に身を包んだ玉田が独り言を呟いた。

玉田はトンカツ定食を平らげた後、木場駅から東西線に乗り込んだ。
玉田がつり革を持って立つと正面の男はすぐに席を立った。
空いた席にどっかりと座り、まわりを見渡すと
斜め前の女がうつらうつらと眠りかけている。
その女は高目のヒールを履いているのだが
ヒールの踵を中心に膝が開いてしまっていた。
タイトスカートだが、だらしなく腰掛けているせいで
あとわずかに膝が開けばパンティが見えそうだった。

「もっと開けよ」

玉田は誰に語るわけでもなくそう言うと
腰を動かし座席に寝そべるような格好になった。
女のスカートの薄暗い隙間から極わずかに
白いパンティが見えたような気がした。

「いいじゃないかお前!」

玉田は周りの状況を全く考えることもできず
大きくもなっていない自分のペニスを
作業ズボンの上からさすっていた。

ちょなにアレ。マジきもいんですけどー。
うっそー。まじー? ワラけるー。

車輪とレールの軋み音しか聞こえない車内に若い女性の声が響いた。
声の主は車両の端に座ったきゃぴきゃぴのギャル達である。

「ああ!?」

玉田はその声の主を睨みつけようとして、はっ!と気がついた。
先ほどからの自分の行動が頭の中にうっすら蘇る。
何より自分の今の体勢は女性のパンティを盗み見ようとしていたのに間違いない。
向精神薬を飲み始めてから自分の性欲は減退していた。
イライラが口を突くことは自覚していたが、まさかこんなことまで。

なんだ。俺はもう完全にキチガイだ。

玉田は慌てて立ち上がると隣の車両に席を移した。
若い男達が総務の娘をやったのやらないので騒いでいたが
玉田の耳には何も届かなかった。

>> 少しやる気が出てきました。皆さんの応援が嬉しいです。

みんなが読んでる話題の情報
  1. キッカケ会話テンプレート~毎日を出会いのチャンスに変える。日常で見かける女性とナチュラルに恋愛を始める方法~
  2. ツイッターでセフレを量産する教科書 -出会い保障VIPコース-
  3. 【シークレットオファー】田淵正浩の早漏改善ブートキャンプ


2014/08/12

俺が死ねば保険金入るな。女房喜ぶかな。



隣の車両に移り空いた席を見つけると
玉田は崩れるように座り込み頭を抱えた。
背中に大量の汗が噴き出していた。息も苦しい。

俺はもう本当にキチガイだ。
生きてる価値もない。

目をつぶり呼吸を整えようとしたが無理だった。
圧倒的な鬱が玉田を襲ってきた。

俺が何をしたっていうんだ。
家族は逃げちまった。
親も兄弟もいない。
同僚もいない。
誰か助けてくれ。
俺は一人ぽっちだ。

頭の中で悪い妄想だけが延々ループした。

もう死ぬか。
どうせ肺ガンだしな。

俺が死ねば保険金入るな。
女房喜ぶかな。

長い長い圧倒的な鬱の暗闇の中で
自殺を考えた瞬間になぜかそれまでの息苦しさが収まった。
ずっとずっと悶々として暮らしてきた玉田の頭の中に
半年振りくらいに由紀子と子供達の笑顔が浮かんだのだ。

うん。明日は土曜日だし千葉の海で死のう。
あいつらにできるだけお金は残してやらないとな。
でも、最後に美味しいものくらい食べたいな。
そのくらい許されるかな。
寿司か。
昼間からビールでステーキもいいな。

玉田は素晴らしく正しい選択をしたような気がして久々に愉快な気分になった。
俺はもう明日逝くことに決めたのだ。ピクニックのようなものだ。
実に愉快なんだ。こんなに楽しいのは本当に久しぶりだ。
一つ一つ丁寧に言葉を選んで妻の由紀子にメールをした。
だが由紀子からの返事は無かった。



翌早朝。

玉田は警察官の訪問で叩き起こされた。
若い警官に続いて由紀子が部屋に飛び込んできた。
「あんた。なにしてんのよー。」
由紀子は泣いていた。

その由紀子の顔を見た瞬間に
「さびじぃよぉ。。。」
玉田は泣き崩れたのであった。

>> 少しやる気が出てきました。皆さんの応援が嬉しいです。

みんなが読んでる話題の情報
  1. キッカケ会話テンプレート~毎日を出会いのチャンスに変える。日常で見かける女性とナチュラルに恋愛を始める方法~
  2. ツイッターでセフレを量産する教科書 -出会い保障VIPコース-
  3. 【シークレットオファー】田淵正浩の早漏改善ブートキャンプ


アクセスランキング ブログパーツ