FC2ブログ
2014/09/09

ゆるふわガールの帰省



5月の夜、湊愛子は広島県福山市にいた。
このお正月に結婚を誓い合った東野誠一郎
必ず帰ると言った3月になっても広島には戻らず
最近では忙しいからと電話も少ない。

せっかく同じ携帯会社にしたのに

それを言い始めると誠一郎はいつも不機嫌になった。
そうして微妙な空気のまま2人の会話は終わることが多かった。

きっと東京に彼女ができたんじゃね。

愛子はいつしかそう思うようになった。
誰かに愚痴りたいなあと思っていた矢先、
幼馴染の長田陽子から電話がかかってきた。
陽子は今週末、友人の結婚式に出席するために
尾道に戻ってくるという。

結婚式は日曜日じゃけー金曜とかに会わん?
えーよーえーよ。

愛子は渡りに船とその話に乗った。
広島市から車を飛ばせば実家のある尾道までは1時間程度だ。
定時で仕事を上がってもよかったのだが、
法事でと嘘をつき愛子は午後半休を取った。

12時に仕事を終え、一旦アパートに戻って着替え
荷物をまとめると、実家への短いドライブを楽しんだ。
途中で祖父の好きなもみじ饅頭をお土産に買い
郊外のレストランでゆっくりと時間を取って食事をした。
結局、実家近くに着いたのは15時を少し過ぎていた。

愛子の実家は尾道の千光寺山荘の少し下にある。
山の下の駐車場に車を止め、線路を渡って
通り道になっているお寺の山門をくぐり
階段状の小道を昇っていく。

愛子は小学校から高校までずっとこの小道を通っていた。
小道を振り返ると、眼下に尾道の街が広がる。
空襲を受けることなく昭和の建物が多く残った
この尾道の街並みが、愛子は嫌いだった。

愛子の人生はふわふわ流されるがままのものだった。
高校は自分の実力で受かる程度の普通課へ進み、
当時仲の良かった友達が行くという広島市内の短大を一緒に受け、
短大卒業後はそのまま広島市内の半官半民のような会社に就職した。

両親は地元に残ってくれたと大変喜んでくれたが
愛子自身は何をしたいからという意思も無く
受けたら受かったから就職したようなものだ。
この先、なんとなく誠一郎と結婚し
子供が生まれて、そして広島県内で一生を終えるのだろう。
自分の人生はそういうものだと考えていた。

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法
2014/09/08

ゆるふわガールの故郷は良いところ



愛子は、一旦、家に着いておじいちゃんにお土産を渡し
今日は友達と飲みに行くので遅くなることを母に告げた。

あんたー、あんまり遅うならんようによ。

愛子は母の小言が長くなる前に白のサンダルを履き家を出た。
長田陽子との待ち合わせは16時半だ。まだ余裕がある。
愛子は久々の尾道の風景を眺めながら先ほどの小路を下った。

愛子にはもうすっかり見慣れた風景だが
小路の左右にはいつ建ったのか分からないような家々が並んでいた。
尾道のこの辺りは海に迫った形で山が張り出している。
そしてその山の斜面にへばり付くように家が建っている。
その家々の間を人が一人通れるような小路が縦横に走っており
車が通れるような道は殆んどないのだ。
いったいこれだけの家を誰がどうやって建てたのか
地元民の愛子でも不思議に感じるくらいだ。

小路は途中でお寺の境内につながっている。
境内の手前には昔からの掲示板があって
去年のベッチャー祭の写真が掲示してあった。
ベッチャー祭というのは
3匹の鬼が子供達を叩いて回る尾道に古くからある祭だ。
叩かれた子供は無病息災が約束されるというよくあるやつだ。
勿論、鬼は痛くないように子供を叩くのだが、
その鬼のお面が怖くて子供は逃げまどう。

昔は怖かったよなー

愛子は笑いながら山門を抜け、階段を降り、線路を渡って2号線に出た。
そのまま右に曲がって少々歩けば尾道駅ターミナルに着くのだが
時間があったので、港の方まで出てみることにした。
ここから港までは100mもない、すぐ近い距離だ。

地元民の愛子には見慣れた風景で感慨もないだろうが
尾道の街は実に面白い。

港の近くまで張り出した山に家がへばりつき
家々の間を縦横に小路が通っている。
その山を降りたところから港までは100mもないのだが
その僅かな間に昭和チックな建物が点在しており飽きない。
港まで出れば海のすぐ向こうに向島が見える。
この海というのが尾道水道で、200m程度の幅しかない。
ぱっと見は川か運河と勘違いしそうなこの海を
15分に1本程度、小さなフェリーが運航しており
これが向島と尾道市街を結ぶ市民の足となっているのだ。
最近は港側が再開発され綺麗な遊歩道ができている。

愛子はこの遊歩道をゆっくりと歩いて駅ターミナルに向かった。

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法
2014/09/05

女友達との久しぶりの再会



あいこーお待たせー

尾道駅ターミナルの2階ラウンジから港を眺めていると
元気な声で長田陽子が現れた。

陽子ちゃん久しぶりー
愛子変わらんねえ
陽子ちゃんは大人っぽいよ

愛子は花柄のふわふわワンピース姿であったが
陽子はノースリーブの薄いグリーンのワンピースに
ベージュのニットを羽織り
コルクのヒールが付いたサンダル姿であった。

やっぱ都会に行くと変わるんじゃねー。
なんでー変わらんちゃー。これ普通じゃけー。

しばらくは格好のことなど他愛もない話できゃいきゃい騒いでいたが
どこかで落ち着いて話そうということになった。

ほいでどこ行く?
うん。地元じゃあれじゃけ福山行こうや。
福山ね。えーよぉ。

尾道から福山までは電車で40分程度である。
飲むところも限られる上、地元で顔を指す尾道に比べれば
多少都会で、少々羽目を外しても噂になることもない
愛子にとっても福山で飲むほうが気楽だった。
二人は切符を買って電車に乗り込んだ。

それで神戸はどうなん?
あーそれは後で話すけえ。
聞いちゃあいけんかった?
いけんことないけど。それよりあんたぁ。
なん?
東野君とどねーなっちょん。
あーそれ。それ話したかったんよ。
なんかあったん?
なごーなるけどええ?
ええいね。
それが聞いてーや。ひどいんちゃあ。

愛子は誠一郎が約束を破って3月末に帰って来なかったこと
そして最近では電話のやりとりが上手くいかない事などを
福山に向かう電車の中で陽子に語った。
じっくり話を聞いた陽子からすると
単に誠一郎の仕事が忙しいだけではないかと思われたが

あーそれは彼女できたんかもねー

と適当に話を合わせておいた。
そもそも女同士の会話に否定などいらないのである。
求めているであろう答えを返せば永遠に会話は続く。
その結果、電車内では一方的に愛子が喋り続けた。

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法
2014/09/03

女同士の飲み会は楽しいね。きゃぴ☆



福山駅で二人は電車を降り、改札から5分程度歩いた。
陽子が選んだお店は入口の明るい大きな居酒屋だった。
暖簾をくぐってみると客の入りは良いようで
入口近くの個室もそれなりに席が埋まっていた。

やってきた店員に二人ですと言うと席に案内してくれた。
店内は注文を通す大声が響き、また時折、団体客の
わっと笑う声が響き渡って、大いに賑わっていた。

愛子たち二人が案内されたのは
店の一番奥の4人掛けテーブルだった。
愛子はできれば個室風に切られた席が良かったのだが
予約もしていないし、この込み具合では難しいのだろう。
隣の席が空いているのでまあ良いかという感じだった。

席について陽子が中ジョッキを頼んだ。
愛子はドリンクメニューからピーチハイを選んだ。

御新規さん!中ジョッキ!ピーチハーイ!
ありがとうございまーす!
元気な店員が叫びながら厨房へ消えていった。
店員を見送った後、陽子から口を開いた。

地元の子らーと会いよるん?
あたしも広島に出ちょるけーね。
あんまり会わんのんじゃ。
うん、たまに電話で話したりするけど。
だれだれ?
圭子とかくーちゃんとかやっちゃんとか。
ブラバンの子らーじゃね。
うん、やっちゃんも広島おるけーね。
でも会わんの?
先月、お昼一緒にしたけど、そんくらい。
地元おってもあんまり会わんの?
みんな仕事しよるけーね。
会社の人らーと遊びよるん?
うん、あたしバトミントン始めたんよ。
へえ
市民スポーツみたいなん。会社の子と。
じゃ休みの日はバトミントン?
腕、太くなったんよー(笑) 見て、力こぶ。
あんまり広島から出んのんじゃねー。
そうじゃねー。実家も帰らんし。

そこに最初の飲み物が運ばれてきた。
二人はグラスとジョッキをカチンと合わせた。

かんぱーい!
かんぱーい!
それで陽子ちゃん。神戸はどうなん?

愛子が興味津々で訊ねた。

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法
2014/09/01

飲み会も中盤にさしかかる頃、ナンパ師がきたよー。



陽子から聞いた神戸の生活はあまり芳しいものではなかった。
知らない土地、言葉の壁、そして多分、旦那さんの借金。
愛子はいくつか言葉を選んで陽子を慰めはしたが
結婚ってそんなものなのかーと内心考えていた。

神戸で行われた陽子の結婚式には幼馴染として出席した。
それは愛子が短大を出たばかりの頃だった。
きらびやかな都会のホテルで素敵なキャンドルサービスがあり
食事も伊勢えびのムニエルなどが出てそれは豪華な挙式だった。
旦那さんの会社の人も旦那さんを誉めてたのになー。
分かんないもんだなーとつらつら考えていた。

陽子が2杯目の中ジョッキを飲み終え
結婚生活についてひとしきりの愚痴を言い終わった頃に
隣のテーブルに男性二人組が座った。

こんばんはー。おねーさん達、二人ですかー。

テーブルに着くなり背の低いほうの男が声をかけてきた。
二人ともがっちりとしたスポーツマン風で、陽に焼け
EXILEのお兄さんっぽく格好良かった。

同窓会を楽しむつもりだった愛子は
さして興味を示さなかったが、陽子は違った。

そーでーす。こんばんはー。

先ほどまで愚痴を言っていた陽子の暗い顔はどこかへ行き
やたらと男に愛想が良かった。
陽子が対応したので愛子はしようがなく頭だけこっくりと下げた。

良かったら一緒に飲みましょうよ。
お姉さん達の分も、俺らがもっちゃうからさ。

背の高いほうの男も優しく言葉をかけてきた。
見かけはガッチリ系だが二人とも調子良い感じだった。

ねえねえ。

愛子は陽子に話しかけ男達のテーブルの反対側で小声で話した。

ねー。どうするん?
えーわーね。折角じゃけ楽しもうや。
えー。同窓会じゃないん。
大丈夫っちゃ。適当に飲んで帰ろうや。

愛子はしぶしぶ了承した。

話し決まったー?
あたしら適当に飲んだら帰るよ?
ええよ。じゃったら机くっつけようや。
ええよ。
よっしゃ!お兄ちゃん注文、注文。お姉さんら何飲むん?
あたしメロンハイ、この子、ピーチハイ。
俺ら中ジョッキ。特急で宜しくー。

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法
2014/08/21

ラブホでお目覚め。ちょっと無理やりはやめてよ。



ふと目が覚めると愛子は薄暗い部屋で横になっていた。
ふわふわした感触からはベッドの上なのだろう。

私の部屋?…じゃないな。

天井に丸い小さなスポットライトが点いていた。
しっかりしない頭から記憶を手繰ろうとしたとき
股間に違和感を感じた。

寝ぼけ眼のまま股間を見やると自分の白いブラが見えた。
ブラ越しに膝が立てられ、その間をうごめく頭が見えた。

あ、いや

と思ったが体がだるくて愛子は大きく動けなかった。
代わりに、ああ…と声が出た。

あ、ごめん。起きた?

洋二が股間を弄ることをやめ枕元に登ってきた。
洋二は服を着ていた。
愛子は無理をして首を起こし自分の股間を見やった。
花柄のワンピースは既に剥ぎ取られていたが
ブラとパンティは着けていた。
愛子は安堵からふうと枕に頭を落とした。
洋二は愛子の横に寝そべると大丈夫?と聞いてきた。

大丈夫っていうか、なんでここに居るんですか。
だって愛子ちゃん、起きなくて大変だったんだよ。
えー。ちょっと…分かりません。
居酒屋で飲んだじゃん。
はい。
で、そのあと4人でカラオケに行って。

行ったよ? 覚えてない?
なんとなく。
愛子ちゃん寝ちゃうし。陽子ちゃん消えちゃうし。
陽子ちゃん消えたんですか?
健さんとね。
ひどい
カラオケの時間来て放って帰れないしさ。
すみません
なんとか立たせてタクシーでね
すみま…え、でもなんで裸なんですか。
自分で脱いだじゃん。吐きそうって。
吐いたんですか。
いや吐いてないけど。着替え取りに行ったら寝てた。
え、でもさっき見てた
あーそれは見た。だいぶ時間あったからね(笑)

洋二が抱きついてきた。
愛子が胸を隠そうとするより早く腕が押さえられ、愛子の唇が奪われた。
銀紙を噛んだような煙草の臭いが愛子の鼻腔をついた。

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法
2014/08/20

いや、やめて。強〇、強〇じゃない。



洋二の舌が愛子の口の中に入ろうとしたが
愛子は歯を食いしばって侵入を拒んだ。
愛子は首を振って洋二の唇からなんとか逃れた。
しかし洋二はその伸びきった首筋にキスをしてきた。

洋二は愛子の右腕を背中に敷いて動きを封じ込めると
残る左腕の手首を掴んで愛子の頭の上に持っていった。
背中を浮かせた状態の愛子の背に右手を回し
ブラのホックを外した。

ピーンと張っていた愛子のブラがたわむと
すかさず下の隙間から洋二の右手が差し込まれた。
ブラがずり上がって愛子の可愛いピンクの乳首が出てきた。
洋二は人差し指と中指で乳首を挟むと丸いマシュマロのような
愛子のおっぱいをもみしだいた。

洋二はブラジャーを更にまくり上げ
愛子の右腕が背中から離れないように
慎重に首だけ起こして愛子の乳首を吸った。
犯されながらも愛子の乳首はビンビンに立っていた。
舌で弾くとピンッと返ってくる位の勃起である。

いや、やめて。強〇、強〇じゃない。

愛子の懇願は無視された。
洋二は鼻息も荒く愛子の股間に手を下ろしていった。
洋二の手は愛子の木綿のパンティの中に入っていった。
愛子は足を交差させて、洋二の指が秘部に届くのを阻止した。
洋二は右手でなんとか愛子の股間を割るとそこに足を挟んだ。
愛子の股間に隙間ができてしまった。
洋二の手が再び愛子のパンティの中に滑り込んだ。

やめて、やめて

洋二の指は愛子の恥毛を掻き分け、クリトリスを見つけた。
そこを乱暴に上下に擦りあげる。
だが愛子はまったく濡れなかった。

居酒屋で会ったときにこの男をちょっと良いかもと思ったのは事実だ。
スポーツマンっぽいし、飲むくらいならいいと思ったのも事実だ。
そして、陽子の話から結婚生活に幻滅したのも事実だし
彼氏の誠一郎に不満を感じてたのも事実だ。

だから普通に誘われたならもしかしたら受け入れたかもしれない。
だが、強〇などごめんだ。そんなのはあり得ない。

分かったから。お願い。乱暴はやめて。

愛子は言った。

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法
2014/08/19

反撃!思いっきり体をひねって男の股間をスマッシュヒット!



こんなに体を押さえつけられていては反撃はできない。
愛子は従順に洋二を受け入れる振りをすることにした。

分かったから。お願い。乱暴はやめて。
お、感じちゃった?

虫唾が走る程の勘違いぶりである。

うん。でも痛いのは嫌なの。
だよな。ごめんな。
うん。

洋二の背中が離れ愛子の右腕が自由になった。
洋二の体が足元まで降りていって愛子のパンティに手をかけた。
愛子は腰を浮かせて洋二のなすがままにさせた。
洋二は愛子のパンティを剥ぎ取るとそのまま股間に顔をうずめた。
ぴちゃぴちゃと愛子の陰部を舐める淫猥な音が響いた。

綺麗な形じゃのー。

洋二が膣口に指をかけながら言った。
愛子は感じてはいけないと思いながらも声を抑えられなかった。
しかし悔しいが、くーんと犬が甘えるような声が鼻から漏れた。
洋二はそれが嬉しいのか指の出し入れを始めた。
愛子は涙が出そうだった。でも絶対にチャンスはある。
そう思うことでしか耐えられなかった。

洋二はひとしきりまんこを舐め、愛子の膣口を唾でべとべとにすると
そろそろ入れて良いかと聞いてきた。
愛子は体を起こして洋二と顔を見合わせた。

ゴムはして。
おお。そりゃそうじゃの。

洋二が枕もとのコンドームを取ろうと四つんばいで体を伸ばした。
ここしかない。
愛子は右手でグーを握り、左手をベッドにつくと
思いっきり体をひねって洋二の股間を打ち抜いた。
バドミントンで鍛えたスナップの効いたショットだった。

中途半端な姿勢のために大した力が入ったわけではない。
しかし、その角度とあたり所は抜群だったようだ。
愛子のこぶしは四つんばいの体勢でぶら下がっている
洋二の金玉をクリーンヒットしたのだった。

ごあーっ

声にならない声を発し洋二の体が丸まった。
愛子はベッドから飛び降りると洋二の様子を伺った。
洋二の手は股間を押さえ体が丸まったまま横に転がっている。

おま。。。おま。。

洋二の声が震えていた。

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法
2014/08/18

追撃!そしてやっぱり彼氏が1番 きゃぴ☆



洋二からの反撃を食ってはたまらない。
何か武器になるものはないかと愛子が周りを見回すと
ベッド横のテーブルの上に、大きなガラスの灰皿があった。
愛子はそれを手に取ると間合いを取りながら洋二の背後に回った。

洋二はまだベッドの上で丸くなり股間を押さえて震えていた。
愛子はガラスの灰皿を振り上げ、洋二の腰にそれを打ちつけた。
灰皿は洋二の腰骨に当たってゴギンと音がした。

いでー!

これもクリーンヒットである。
加減など分からない愛子はそれを3度繰り返した。
その内の一つは、洋二のわき腹の下あたりに入った。
身の危険を感じた洋二が横腹を手でかばった。
愛子が4度目に振り下ろした灰皿はその肘を直撃した。

ぐあーっ!

洋二は腕を前にしてかばい、一層体を丸めた。
その体勢をとったせいで洋二の尻がむき出しになった。
愛子は灰皿を横に構えるとそのお尻に向けて一撃を放った。
金玉を狙ったのであるが、その一撃は洋二の尾てい骨を直撃した。

があーっ!

興奮した愛子には、なにがなんだか分っていなかった。
丸まっている背中にもう何度か灰皿を打ち付けていると
とうとう洋二が泣き出した。

悪かった。許してくれ。悪かったけえ。
頼む。許してくれ。

部屋を見渡すとワンピースとカバンがソファに置いてあった。
愛子はいつでも取れるところに灰皿を置き、素早く服を身につけた。
ストッキングやパンティが見当たらないが、そんなのどうでもいい。

足元にあった白のサンダルを履くと、愛子は部屋から飛び出した。
エレベータが来るまでの時間がとてももどかしく感じられたが
洋二は追ってこなかった。

幸いなことにホテルは大通りからさほど離れてなく
愛子はすぐにタクシーを捕まえることができた。

尾道まで。

タクシーが走り始め、ホテルから出てきた交差点が遠のくにつれ
愛子はやっと落ち着きを取り戻した。
今頃になって腕がブルブルと震えてきていた。




愛子は陽子に電話をしようと思ったがやめた。
あの子は裏切り者だ。悔しい。
代わりに東野誠一郎に電話した。

もしもし。
あたし。誠ちゃん。。。いつ帰ってこれるん?
なんだ愛子。あれ? どうした。お前泣いてんのか?

その日の誠一郎の声はいつもよりも優しく感じられた。
愛子は尾道までの道のりをずっと誠一郎に甘えたのであった。

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法
アクセスランキング ブログパーツ