FC2ブログ
2011/01/08

エッチな体験談-よぉこちゃんからの投稿(ちょ、調教)

 
かなーりお久しぶりですw よぉこです^^
書かない間も色々あったので、久しぶりに投稿したいと思います☆

(´ー`)y-~~ 色々って調教かいw

私と彼が知り合ったのはSNSでした。初めて会ったのは、一昨年の初秋。共通の趣味がきっかけw

初めこそ恋愛関係は無かったけど、何回か会っているうちに、私は惹かれていってました。

でもね、彼には彼女さんがいたんです。。。しかも、3年以上付き合ってる。つまり私は浮気相手なんです^^; ま、私もその間に彼氏がいたこともありましたが・・・(苦笑)

しかし、最近それが変わってきていて・・・彼は彼女さんと同棲しているにも拘らず、私にも同様の愛情を注いでくれ、彼女さんに悪いくらいラブラブですwww



そんな彼はドSで、私は1年半でかなり調教されましたw



これはここ何ヶ月かの出来事です。彼はおもちゃを買い揃え始めましたw
手錠、ロープ、バイブ、ローション・・・



同棲中の彼女さんにバレるとまずいので、私が保管していますw

元々、デートの待ち合わせに遅れた私に『お仕置きな』って言って買ってきたんですが・・・あれは絶対に彼の趣味ですw






ある日、デートの時にホテルに行きました。もちろん事前にその一式をもってこいとの指示w



1発目は普通に終わりましたが、その後彼は寝ている私に後ろ手で手錠をし、膝を立たせて私の両足を開かせたままにして縛り始めました。



手錠は簡単に外れるので、私も本当に嫌なら自分で外せるのです。でも、彼は私が本当に嫌がってないことを知ってますw



その日の縛り方は首に縄をかけ、秘部にも縄が当たるようにし、更に膝も縛るものでした。


動けば縄が擦れ、アソコを刺激します。


それを知ってて縄を引っ張る彼。


クリを刺激され、更に1回やった後の私は敏感でいつも以上に濡れ濡れ・・・。



更にローションを手に取った彼は、それをアソコに掛けバイブを挿入。


初めこそ冷たい異物を入れられて感じれませんでしたが、徐々にそれが快感に変わっていきます。


そのバイブを入れたままにすると、彼は私の顔元に移動しおち○ちんを私の口に入れました。


身動きの制限されている私はその状況に興奮しました。そして更に濡れ濡れ。



そして彼のおち○ちんも元気になったところでバイブを抜き正常位で挿入。


ぬるん、と入ったおち○ちんを、彼はゆっくり抜き差し。

『濡れ濡れだなぁ、よぉこの淫乱マ○コ。いやらしい。』

と、言葉攻めも。
これによって更に感じる私。

しばらく正常位を楽しんだ彼は、その後膝の縄のみを解いてバックにして挿入。


バックになると、彼は私のお尻を叩きます。
でも、それで感じてしまう私・・・。


叩くと締りがよくなるそうですw


徐々にスピードを速める彼。

私も限界に近づきます。


『も・・・だめ・・・いくぅー・・・』


『いくぞっ・・・出る出るでる・・・っっ!』



イく直前まで抜き差ししていたおち○ちんを勢いよく抜くと、彼は私のお尻に熱いものを掛けました。



それから私がその一式を持っていくことはなかなか無いのですが、デートの度に必ずヤってますw

そして新年の連休を利用して、8日から彼女さんにばれないように2人で旅行に行ってきますw

もちろん一式は持参ですwww

何が起こるかわからない旅行ですが、昼も夜も楽しんできます♪


(´ー`)y-~~ あそこ壊されないようにねw いってら~w



>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法
2009/04/23

エッチな体験談-よぉこちゃんからの投稿(知り合いの人とシタ話w)

 
お久しぶりです☆

(´ー`)y-~~ ホントお久しぶりです

1月に彼氏が出来たんですけど、1ヶ月で別れてしまってなんとなくこの人との話を書くのもなんなので、その人と別れた後に知り合いの人とシタ話を投稿させて頂きますね(^_^;)

(´ー`)y-~~ あんまり簡単にいたしちゃダメよw

この人とはlivedoorブログで知り合って、1年半くらい前に1度だけお会いしたことがありました。このときもシタのですが、当時私には彼氏がいたこともありお互いに気まずくて別れ、その後連絡を取ることもほとんどありませんでした。でも、mixiではたまにコメントのやり取りはしていました。

んで、mixiで私が彼氏と別れたこととかサークルでの愚痴を書いていたときに「愚痴聞いてあげるから奢って♪」と、私よりも年上の男性であるにも拘らず、躊躇無くメールをしてきましたw 私も大学が春休みに入ったこともあり暇だったので、久しぶりに会うことにしたのです。

当日は昼から会ったので、ランチやらダーツやら飲み代などなど…何から何まで私の奢りで遊んでました(苦笑) 飲み終わり、ダーツバーへ行って遊び、電車もまだあったので十分帰れる時間だったのですが…

「奉仕してほしいなぁ」とか言ってきたので、最初は断っていたのですが私は相手の頼みごとを断れない性格なので、結局ラブホへ(汗)

まぁ、お互いに恋愛関係にあるわけでもないので、めっちゃ個人プレーでお風呂入ったりご飯食べたりしてました。

…ここまでまったくエロが無くてごめんなさい(汗)

んで、私は奉仕する気が無いので布団にもぐって寝ようとしました。

すると、彼は「舐めてよ」と初めのうちは柔らかく言っていたのですが、私があまりにも拒否していたので、仕舞いには頭を抑えられ、無理やり咥えさせられました。

私も頑張って抵抗していたのですが、胸も触られて、口調も強かったので、なんだかそれだけで感じてきてしまいました。

ケンイチと付き合ってたときにフェラのコツを仕込まれたので、奉仕するからには亀頭やカリから裏筋、タマまで…更にはアナルまで丁寧に舐めて感じさせました。
久しぶりに丁寧にフェラをしましたが…彼のことを好きでもなかったのですが、感じてくれていたので唾液いっぱいのうえ、舌をうまく使って丁寧にフェラしました。
しかし、なかなかイかず、結局はゴムをつけて騎乗位で挿入。

私は胸以外触られていなかったのですが、どMなので言葉攻めとフェラだけで前戯なしでも十分に濡れていましたwパンツまで濡れていました(〃p~q)
これには自分でもビックリ!w

挿入後、1分も経たぬ内に彼はイきました。


…これで終わりかと思いきや、

朝起きてすぐに奉仕させられましたw
この時は口と手だけでイかせました☆

でも、私は逆に欲求不満でした。。

その後、お風呂でオナったのは言うまでもありませんw



ぜんぜんエロくないですが、これで終わりです(汗)

今度は彼氏が出来たら投稿したいです(笑)♪

(´ー`)y-~~ そうそう。彼氏とするのが良いよ。この男なんかムカツクしw

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法
2008/05/23

エッチな体験談-よぉこちゃんからの投稿(テレフォンセックス編)

 
こんにちは。初めて投稿させて頂きます!
多分、エッチな要素は無いと思いますが…今回は、オナの話です。

(´ー`)y-~~ オナって・・・充分エッチだと思いますがw

私は元カレも今カレも遠距離なので、エッチの回数よりもオナの方が多くなってしまいます。(まぁ元カレの時は他の人と関係持ちましたが…)私はMなので、攻められると感じちゃいます。それが、彼の言葉で無くても。だから、ブログの記事や小説読んでても、濡れてきて…
気付いたら、オナってます

でも、もちろんカレとの電話やメールのエッチは燃えます♪

彼『よぉこぉ…』
私「どぉしたの?」

『勃ってきた』

大体ここからスタートですw

『舐めて』
「うん…」

私は自分の親指をアレに見立てて音を出す様に舐めたりしゃぶったりします。

「チュパチュパ…レロレロ…ケンイチのアレ、おっきいよぉ…」

『よぉこ、もっと激しく…しごいて…』

「うん……ケンイチ…もぉ我慢出来ないよぉ…早く、ちょぉだい…?」

私は我慢できません。もちろんカレも。

でも、カレは必ず『よぉこ、濡れてる?音聞かせろ』って、確認します。

「分かった…」

そして、私はケータイを自分のおま○この近くへ持っていき
クリやその周辺を自分で触り、濡れた頃にわざと音が出るように
膣に自分の指を入れてかき混ぜます。

暫くして「聞こえた?もうびしょ濡れだよ…」と、カレに伝えます。

『じゃぁ挿れるよ…ンンッ』

私は挿れられる時の圧迫感が気持ちよく感じるので
この瞬間を想像するだけで声が出ます。

「はあぁぁあん」
『よぉこ、入ったよ。…動かすからね。』
「早くぅ…」



もちろんバイブなんて持って無いですから、ひたすら指です。
でも、カレの声を聞いていると犯されてる気分になるには充分です。

『おらおらおらぁ…』

「ぃやぁ…激し…い…」

『よぉこ、イヤらしい声出てるぞ…もっと声出せ』

「ヤッ…ぁん…フッ、ンンッ…」

もう私のアソコはヌルヌルです。でも、
「ケン…イチ……もっと…激し…く……」
っておねだりしちゃいますww

するとカレは、
『中で出すからな…いくぞ…おらおらおらぁ…!』

ここまで来ると、2人とも限界が近いです。

「あっ、ダメ…ケンイチ……もぉ、イ…クゥ……」
『オレも…出る…っ!!』

「イクイクイク…ッ!!あぁぁぁあぁ…!!!」

「出るぞ……うっ…!」

こうして電話越しに2人で果てます。


月1でしか会えないので、もっぱらオナですが…私はシテる間が幸せです♪ 
また投稿する機会がありましたら、実際にシタ内容を書きたいと思います。

(´ー`)y-~~ 携帯投稿お疲れ様。幸せなのは良いね。うん。


>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法
アクセスランキング ブログパーツ