FC2ブログ
2005/11/27

老婦の支え

 
「だんな様は維持装置なしに生きることが出来ません」
医師は事務的に説明し部屋を出て行った。
夫が定年を迎えた朝のあまりにも突然の出来事。
かさむ治療費を心配した子供達はすぐにスイッチを切ることを主張したが
老婦は頑なにこれを拒否した。
「お父さんへの想いだけが私の支えなの」
老婦は言葉どおり寝ずの番で夫の面倒を看続けた。
そして看護を始めて30日後、聖夜に奇跡は起こる。
夫のまぶたがかすかに動いたのだ!

「お父さん!私の声が聞こえる!?」老婦は叫んだ。
夫の口がわずかに震えた。

「いい?お父さん、よく聞いて!
 あたしはずっとあんたのことが嫌いだったの!」
老婦はそれだけ言い終えると人工呼吸器のスイッチをひねりに行った。

   ぷちっ

「やれやれ・・・これ言わずにいきなり死なれたら夜も寝られないわ・・・まったく」
そうこの言葉を夫に伝えることだけが哀れな老婦の支えだったのだ。


>> 少しやる気が出てきました。皆さんの応援が嬉しいです。

みんなが読んでる話題の情報
  1. キッカケ会話テンプレート~毎日を出会いのチャンスに変える。日常で見かける女性とナチュラルに恋愛を始める方法~
  2. ツイッターでセフレを量産する教科書 -出会い保障VIPコース-
  3. 【シークレットオファー】田淵正浩の早漏改善ブートキャンプ


アクセスランキング ブログパーツ