FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

2008/04/05

エッチな体験談-てっちゃんさんからの投稿(2)

 
前儀までは(´ー`)y-~~ 前の記事を読んでね

前の投稿で書き忘れていましたが、ヒトミは僕よりも1つ年上です。共に30代後半ですし、僕としては1歳差など気にもならないのですが、ヒトミとしてはどうしてもお姉さんでありたいようで、なにかと僕の世話を焼いたり、ホテル代や食事代なども自分が払うと言って聞きません。まあそうはいっても最終的には僕が出すのですけど。どうやらヒトミは、セックスについても主導権を取りたいようなのですが、プレイが始まってしまえば、これも結局僕に取られてしまいます(笑)

年上なのに可愛らしい・年下なのに生意気というのが僕と彼女の恋のエッセンスになっているような気がします。さて、それでは前回の続きです。

ヒトミが軽くイッテしまったので彼女をソファに横たえしばらくお話しモードに入っていたのですが、その間も彼女は僕のペニスを弄り続けていました。僕は僕でヒトミの髪をヨシヨシと撫で、可愛らしい胸をもてあそびます。少しずつ彼女も落ち着き、再び性欲に火が灯ってきたのか、ヒトミは『お風呂はいろ♪』と言いました。僕達が会うときには彼女は大抵シャワーを浴びてくるのでお風呂に一緒に入ることは稀ですが、先にイってしまったのであそこを軽く洗い流そうと思ったのかもしれません。僕は彼女のマンコの匂いも好きなので、別に洗い流さなくても構わないのになあと思っていました。

折角のお風呂ですし、泊まりで良ければ背中の流しっこでもするところですが、残念ながらその日は二人とも家に帰らなければなりませんでした。仕方がないので局部と後ろだけさっと流し、彼女を前にだっこして二人で湯船につかりました。適温のお風呂ももちろん気持ちがいいですが、前にいる柔肌のヒトミの感触がたまりません。ふいに彼女が『あ、ゴメン。ちょっとおしっ〇』と湯から立ち上がろうとしました。僕は前に回した手で押さえつけ、ヒトミを逃がしません。笑いながら「見せてよ」と言うと『えー』と怒ったように振り向きまました。変態と思われるかもしれませんが、僕は彼女のことをなんでも見たいのです。う○こを食べたいとかおしっ〇を飲みたいとは全く思いませんが、ヒトミの痴態は全て目に焼き付けたいのです。実はお風呂場でのおしっ〇は前にも見たことがあります。もっと言うと僕の足にかけさせたこともあります。


ヒトミは『てっちゃん見たいの?』と悪戯っぽく聞きました。うんと答えると彼女は湯船から出て『もう』と言いながらも洗い場にしゃがみこみ、こちらに向けて構えました。「こっち向いて」つい目線を逸らしてしまうヒトミに注文をつけ、あえて僕の方に顔を向けさせます。『だって恥ずかしいもん・・・』と言いおわらないうちに放水が始まりました。シャーっと黄色い水が排水溝に流れ込んでいきます。僕は彼女の痴態が見たいだけでおしっ〇には何の興味もありません。ヒトミは頬を真っ赤にしています。可愛らしい姿です。『もう、恥ずかしい。』とヒトミは立ち上がり、後ろを向いて自分の局部を洗い流しにかかりました。照れているのは分かりますが、真っ白い綺麗なお尻が丸見えで、それはそれは素敵な光景になっています。「ねえ。お尻丸見えだよ。」と笑いながら言うと、ハッと気が付いたように『あー見たなー』と言いながら湯船に戻ってきました。そんなヒトミがまた猛烈に愛しくなって舌を絡めました。


お風呂から上がり、ヒトミの体についた雫をバスタオルで拭ってあげました。首筋、腕、脇、胸の下、足の先、足、そしてお尻もしっかりと、股間は軽くポンポンと拭きました。彼女はくすぐったがって逃げようとするのですが、逃がさずにどんなところも僕が拭き取ります。今度はヒトミが僕を拭く番です。彼女も同じように全身を拭いてくれます。タオルが股間に来たときに「ちゃんと綺麗になったか確認して」というと、彼女はまた鼻でクンクンと匂いを嗅ぎました。『大丈夫』とヒトミが答えますが「確認して」というと、ペニスを咥えました。そしてニ、三回首を上下し舌を絡めた後、『大丈夫。いこう。』とベッドに逃げ込みました。


すみません。セックスまで到りませんでした。続きはまた。

とんでもありません(´ー`)y-~~ 引き続きお待ちしております




>> 少しやる気が出てきました。皆さんの応援が嬉しいです。

みんなが読んでる話題の情報
  1. キッカケ会話テンプレート~毎日を出会いのチャンスに変える。日常で見かける女性とナチュラルに恋愛を始める方法~
  2. ツイッターでセフレを量産する教科書 -出会い保障VIPコース-
  3. 【シークレットオファー】田淵正浩の早漏改善ブートキャンプ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ