FC2ブログ
2008/08/18

諏訪湖のほとり-第1話

 
(´ー`)y-~~ 『愛と官能の美学』のShyさんからの投稿です。

完結しました。まとめ読みは「諏訪湖のほとり」をまとめて読むから。

1月26日、きょうこ(25歳)は彼と国道141号線を南に走り、松本市を抜けて、諏訪湖までたどり着いた。
諏訪湖は、常に釣り人で賑わっている他、夏はウインドサーフィンやボートといったスポーツも盛んなところだ。冬の風物詩と言えばやはり白鳥だ。
秋も終わりになると数多くの白鳥が飛来し、冬にかけて優雅な姿を見せてくれる。
寒さの厳しい冬には、湖上は全面氷で覆われ、その氷が一直線に裂けて盛り上がる「御神渡り(おみわたり)」と呼ばれる不思議な現象も起こるので有名である。
これは、諏訪大社上社の男神が下社の女神のもとへと渡る恋の道である、というロマンチックな伝説も残されている。

きょうこは、この「御神渡り」が見たくて、あえて雪中のドライブを彼こと俊介(31歳)にねだった。
俊介も「僕もまだ一度も見たことがないんだ。ぜひ行こうよ。」と快くOKしてくれた。

帰り道、運の悪いことにタイヤがパンクしてしまった。


俊介はクルマをジャッキで上げてタイヤ交換を行なった。
きょうこも手伝おうとしたが、俊介は「大丈夫、僕に任せて。風邪引いちゃいけないから。」と言って、きょうこが車外に出ることを拒んだ。
きょうこは俊介の優しさに嬉しく思い、彼の言葉に従った。

雪降る中、苦労のすえ、ようやく取替え作業は終わった。
もう陽が暮れ掛けている。観光客の姿もいつしか見えなくなった。
車内に戻って来た俊介は冷え切ったのだろう、青い顔をしてブルブル震えてる。
きょうこは、言った。

「寒かったでしょう?だいじょうぶ?何なら私が温めてあげようか…」
「ぶるぶる…おお、寒い…。うん、きょうこに温めてもらおうかな?」

俊介は震えながらも、にっこりと笑って答えた。

「それじゃ、後ろに行こうか?」

俊介が誘う。
運転席と助手席の狭い隙間からきょうこが先に後部座席に移動する。
上半身を先に移動させたまでは良かったが、下半身が後になってしまって移動に手間取っている。
お陰でスカートの裾が乱れ、きょうこの白い官能的な太股がストッキング越しとは言っても丸見えだ。
もう少しでパンティも見えるかも知れない。
俊介はあえて意地悪くきょうこのスカートを覗いてみた。

「きょうこは今日はどんなパンティを穿いているのかな?」
「や~ん、見ないでぇ~、エッチ~」
「あっ、見えた、見えた!ピンクだ」
「もう、やだぁ・・・」
「ああ、ちょっと待って。移動するのは」

俊介がそういってスカートの中に手を伸ばした。。。



>> 少しやる気が出てきました。皆さんの応援が嬉しいです。

みんなが読んでる話題の情報
  1. YouTube Maniax 2017 <ユーチューブマニアクス2017>
  2. 現役AV男優スパーキー佐藤が教える超早漏対策【早漏革命】
  3. 自動で大きくなるアダルト動画サイトを運営できるツール!
2008/08/17

諏訪湖のほとり-第2話

 
(´ー`)y-~~ 『愛と官能の美学』のShyさんからの投稿です。

ピンクの布の向うから、暖かくて柔かい感触が俊介の指に伝わった。
クロッチの中央を中指でなぞる。

「あぁ・・・だめぇ・・・」

俊介は調子に乗って、きょうこの腰をしっかりと持って、先程よりも指に力を加えた。
布の中央に1本の窪みができた。

「はぁ・・・やだぁ・・・恥ずかしい・・・」
「どう?ここ、気持ちいい?」
「うんうん、気持ち・・・いい・・・はふぅ~ん・・・」

きょうこの声が甘くなって来たと思ったら、俊介の指にも湿気が伝わり出した。

「あれ、きょうこ、もう染みができて来たよ」
「ああん・・・そんなこと言わないでぇ・・・」

俊介の指が適度な強さで、プツンと硬い豆のようなものがある場所を擦り始めた瞬間、状況は一変してしまった。
きょうこの身体に突然電流が流れ、バランスを崩してそのまま後部座席に転がり込んでしまった。
後を追うように俊介が後部座席に移動した。

俊介はきょうこを抱き寄せて、頬にそっとキスをした。

「愛しているよ・・・」

俊介が小声で囁いた。
わずかそれだけの言葉であったが、きょうこにとってはとても満足な一言であった。
きょうこも俊介の頬にキスをした。
俊介はその動作がきょうこの返事であるとすぐに解った。
二人は抱合った。
俊介は冷え切っているようだ。

「身体冷たいだろう?ごめんね、きょうこ・・・」
「ううん、大丈夫…私が温めてあげる・・・」

俊介の体温が同化していくひととき・・・
気持ちまでが同化していく・・・

長い抱擁とキスで俊介の冷えた身体はかなり回復した。

「ありがとう、かなり温まったよ」
「そう?良かった・・・」
「僕の膝においで・・・」

俊介の頑丈な膝の上にきょうこは座った。
再びキスを交わした時、きょうこは俊介に男の香りを感じた。
俊介はきょうこの首筋に掛かった髪をかきあげながら、熱いキスをする。

「あぁ・・・だめぇ・・・そこはダメぇ・・・」

身体が独りでに感じてしまう。

雪が津々と降り積もる。
クルマのウィンドウにも降りそそぎ、外が見えなくなってしまった。
外界と隔離されたような狭い世界・・・
僅か4.5m×1.8m程度の箱の中・・・
きょうこは二人だけの世界を見出したような歓びに満たされた。
まるで時計の世界・・・

(いつまでもずっとずっと、このままでいたい・・・)

そんな想いに浸りながら、俊介の激しいまでの愛撫に酔いしれる。

(身体が溶けてしまいそう・・・)

きょうこはふと尻に硬いものを感じた。

「あぁ・・・俊介・・・硬くなってる・・・」



>> 少しやる気が出てきました。皆さんの応援が嬉しいです。

みんなが読んでる話題の情報
  1. YouTube Maniax 2017 <ユーチューブマニアクス2017>
  2. 現役AV男優スパーキー佐藤が教える超早漏対策【早漏革命】
  3. 自動で大きくなるアダルト動画サイトを運営できるツール!
2008/08/16

諏訪湖のほとり-第3話

 
(´ー`)y-~~ 『愛と官能の美学』のShyさんからの投稿です。

「あぁ・・・俊介・・・硬くなってる・・・」

きょうこはわざと尻をもじもじと動かしてみる。
俊介の硬いものは一層硬さを増していく。
その形状が手に取るように判って来た。
きょうこはほんのりと頬を染める。
その愛らしさにたまりかねたのか、俊介の手が、きょうこのスカートの中に滑り込んだ。
膝頭を少し撫でた手は、内股を探り始めた。

「ああ、きょうこ・・・」

パンティの横合いから指が窮屈そうに入り込む。

「あっ・・・だめぇ・・・」
「きょうこ・・・エッチ・・・したくなって来た・・・」
「あぁ・・・私も・・・」

(クニュクニュ・・・)

慣れた指の動きにきょうこは敏感に反応する。
自然に閉じようとする脚を俊介は許さない。
かなり強引に脚をこじ開ける。

俊介は自分の大きくなったものをきょうこの臀部に当てて誇示する。
薄い布越しに硬いものがツンツンと突いてくる。
俊介の「入れたい気持ち」がきょうこにビンビンと伝わってくる。

「きょうこ・・・もうこんなに濡れているよ・・・」

俊介はパンティの隙間から挿し込んだ指を抜いて、わざときょうこに見せる。
指先がヌメリで輝いている。

「いやん・・・恥ずかしい・・・」

きょうこはそれを正視できないまま、俯いてしまう。
俊介はきょうこのパンティに手を掛けた。

「ああ、もう限界だ・・・君が欲しい・・・」

押し殺したような声で俊介が呟いた。
俊介の手の動きに合わせて、きょうこは自らパンティを下げた。

ズボンのジッパーを下げて中の大きく変化したものを出そうとしているようだが、狭い車内では思うように行かない。
きょうこはちょっと外を見廻した。
でも雪のせいで車内がほとんど見えない。
俊介はきょうこのスカートを捲り上げると、目が痛いなるほど艶やかな肌が露呈した。

「おいで・・・」

きょうこは俊介の膝に座り直した。
彼の直立したものの上に自らの腰をググッと沈めた。

(ズニュ・・・)

「はぁ~ん・・・」

きょうこの口から、甘く切ない吐息が漏れた。

(ズイズイズイ・・・)

俊介はきょうこに突き刺したものをいきなり奥まで押し込んだ。
潤いのある肉襞が俊介を容易に受入れる。

「あっあっあっ!はふ~ん・・・」

きょうこは身体の中心部に1本の槍が突き抜けたようなそんな錯覚に陥った。
きょうこはゆっくりと腰を動かせる。
きょうこの腰の動きを補助するかのように、俊介の両手はしっかりときょうこを抱えた。


>> 少しやる気が出てきました。皆さんの応援が嬉しいです。

みんなが読んでる話題の情報
  1. YouTube Maniax 2017 <ユーチューブマニアクス2017>
  2. 現役AV男優スパーキー佐藤が教える超早漏対策【早漏革命】
  3. 自動で大きくなるアダルト動画サイトを運営できるツール!
2008/08/15

諏訪湖のほとり-最終話

 
(´ー`)y-~~ 『愛と官能の美学』のShyさんからの投稿です。

俊介の本能は突くだけでは満足できなくて、突き刺したものを旋回させた。
「そ、そんなぁ~、ああ、いい、いい、いい!俊介、あああ、気持ち、良過ぎる~!」

スカートに隠れて、外からは動きが見えないが、時折スカートがまくれ、白い臀部が覗く。
だが俊介の目線からは見えないし、彼にその光景をゆっくりと楽しむ余裕は残っていなかった。
出たり入ったりを繰返す度に、きょうこの艶めかしい影が揺れる。

「あああ、俊介、私・・・私・・・とろけてしまいそう・・・」

「おお、おお、僕もだよ、きょうこ・・・君とずっとこのままこうしていたい・・・おおっ・・・」

きょうこの動きが大きくなって来た。
自分の大事な場所を俊介に擦りつけるような、卑猥な動きに変わって来た。
大きなものを咥え込んだきょうこの壷から止めどもなく蜜が溢れ出す。
シートもきっと濡れているだろう。

「おっおっ、きょうこ、そんなに激しく動いたら、イッちゃいそうだよ。うっ・・・」
「イッてぇ、イッてぇ~、イッてもいいのよ~、私だってもう・・・はあ~!あああ~!」

俊介はまだ行くのが惜しいのか、動きを止めてきょうこを抱きしめた。
きょうこもちょっと静止してみた。
だけど彼の存在感がきょうこの中ではっきりと判った。

俊介が休んだのはほんの30秒ほどであったろうか。
再びギアが入った。
ロウからセカンド、セカンドからサード・・・
そしてついにトップギアに切替えたようだ。
休憩で温存した体力がきょうこの中で一気に爆発した。
きょうこのGスポットと言わず、Pスポットと言わず、襞の全てを擦るように、俊介のギアは全開した。

「あっ、あっ、あっ、もう、もう、もう…もうダメェ~!私、イッちゃう、イッちゃう~!」
「うわあ!僕もだ。僕もだ。もうダメだ!」

きょうこが絶頂に到達し、やや遅れて、俊介は昇り詰めた。
その瞬間、ふたりは痙攣をしながら強く抱きしめあった。
きょうこはあまりの感動からか涙が滲んでいた。





日暮れの湖畔を走る1台のクルマがあった。
氷点下と言うのに、その車両だけが何故か熱いオーラが包んでいるように見えた。
諏訪湖の帳は静かに下りて行った。



>> 少しやる気が出てきました。皆さんの応援が嬉しいです。

みんなが読んでる話題の情報
  1. YouTube Maniax 2017 <ユーチューブマニアクス2017>
  2. 現役AV男優スパーキー佐藤が教える超早漏対策【早漏革命】
  3. 自動で大きくなるアダルト動画サイトを運営できるツール!
アクセスランキング ブログパーツ