FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

2013/11/30

匿名さんの不倫体験



こんなサイトがあるんですね。皆さんの投稿を読んで感じてしまいました。私も不倫話の投稿ですが宜しいですか。

(´ー`)y-~~ もちろんです。思いきりどうぞ。

ずっとずっと昔、私が二十代の頃のお話です。結婚前、私は某メーカーに勤めていました。

私は子供の頃から、毎年、学級委員に推薦されるような真面目なタイプの女の子でした。
運動神経もそこそこあり、周りからは活発で明るいという評価をもらっていたように思います。
就職してからもそれは変わらず、彼氏もおり楽しい毎日を送っていました。
それが、いよいよ結婚も目前かと思っていた頃に、その彼氏にふられてしまったのです。
今にして思えば、二十代ですしいくらでもやり直しがききます。
すぐに別の男性に乗り換えればよかったのでしょうがなにせ若く、周りが見えていませんでした。
気持ちがふさぎこんで、仕事のミスも増え、それが上司の山川(仮名)に止まったようでした。

山川は私の直接の上司で、「何か悩み事があれば聞くよ」と優しく話しかけてくれました。
そのとき山川に下心があったのかどうかは分かりませんが(多分、あったのでしょうが)
ある日、仕事の帰りに食事に誘ってくれました。
山川は私の好みではありませんでしたが、仕事はでき、頼りになる上司でした。
都会での一人暮らしという気楽さもあり、鬱憤晴らしも良いかと考えました。

山川の連れて行ってくれたお店は当時の私のお給料では行けないような高級なお店でした。
日頃の仕事の話から始まり、あまり覚えていないのですが2軒目のバーに行った時には全てを話していたように思います。
そして気がつくとホテルに。どうでも良いかという気持ちがあったように思います。
こう書くととてもありがちで陳腐な話ですね。

山川とそういう関係になってからは週に1度の割合でホテルに行くようになりました。
私の部屋もあったのですが、山川が大きな声を出すことを望みましたので、必然的にホテルを使うことになりました。
山川は私よりも6つ年上でした。結婚していましたがとても精力的な男で遅くに仕事が終わった後でも電話してきて私を求めました。
始まりは兎も角、私も山川好みにどんどん変えられていったように思います。

上にも書きましたが、山川はまず声を出すことを望みました。
気持ち良いときにはどこが気持ちいいか、どうして欲しいのかを大きな声で言うように求めました。
そしてもっと気持ちよくなるように私自身の体を動かして、自ら良い位置に行くように求めました。
二十代のカップルの稚拙なセックスしか知らなかった私は、恥ずかしいことをしても良いんだということを知りました。
そのくせ会社では純情な、真面目な女のままでいることを求めました。
そのギャップがいいんだよ。俺だけが知ってるっていう。
山川はよくそう言いました。
”俺だけが”という言葉に負けてしまって、段々と山川に溺れていきました。

山川には嫉妬深いところもあり、私の下の毛を剃って
これで誰にも見せられないな。俺のものだな。と言いました。
今、思うと不思議なのですが、このときは私は山川のものなのだ。
嬉しいと思ってしまったのです。

そうして山川に溺れてしまってからは、考えることをやめていたように思います。
バイブを使われ、口での奉仕を教え込まれ、もう戻れないと思っていました。

山川からの電話が鳴ると心を躍らせる。山川のためのセックス人形のようでした。
でも会えば、条件反射のように感じてしまうのです。



山川との終わりはあっさりやって来ました。
奥さんにばれてしまいそうとかで、山川から別れを切り出してきたのです。
私は悔しいとかそういう気持ちは無く、なにかこれでやっと抜け出せると安堵したように思います。
会社をやめることにし、荷物をまとめて、田舎に戻りました。そして数年たって結婚。
今のだんな様と付き合ってるときには、私はあまりに知りすぎているのかもしれないと
山川とのセックスの時の癖が出ないように気をつけました。
そして出産。

もう山川との日々を思い出す事は殆んどありません。
それでもたまに思い出したときには、濡れてしまうのです。

(´ー`)y-~~ 山川の気持ちが分からんでもありません。

関連記事

>> 少しやる気が出てきました。皆さんの応援が嬉しいです。

みんなが読んでる話題の情報
  1. キッカケ会話テンプレート~毎日を出会いのチャンスに変える。日常で見かける女性とナチュラルに恋愛を始める方法~
  2. ツイッターでセフレを量産する教科書 -出会い保障VIPコース-
  3. 【シークレットオファー】田淵正浩の早漏改善ブートキャンプ


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ