FC2ブログ
2014/08/02

なんで俺の部屋でオナニーなんだ。じっくり聞こうじゃないか。



盗ったかどうか調べてみればいいじゃない。

婦人はいったんしゃがんで自分のバッグを脇に置き
再び立ち上がるとパンティを脱ぎ順三の前に立った。
順三はベッドからこんもりとした茂みの下に手を伸ばした。
順三が指で大陰唇を広げてみると婦人の陰部はぬめっていた。
粘度のある液で、尋常じゃない濡れ具合だ。

なんだよ奥さん、濡れてるじゃないか。

指を折り曲げて中をかき回してみる。
先ほどまでバイブで遊んでいたせいか
膣壁はあまり引っかかりもなく抵抗もなく指が中に入った。

くっっ

そこで順三は婦人の腕を取り、ベッドにひきづり倒した。
婦人のシャツが擦れて順三のペニスを刺激した。

なあ、あんたと秘密が共有できりゃ俺はしゃべらない。
絶対よ。
ああ、そんなのしゃべれるもんか。
あと中出しは駄目。お願い。
分かった。心配すんな。

順三は婦人の顔に顔を近づけた。
婦人は抵抗もなく目を閉じ、順三のキスを受け入れた。
舌と舌が絡み合い、ねっとりと糸を引くようなキスだった。

上になってくれ。

順三が言うと、婦人はためらいもなく
順三のペニスを握り自分の下腹部に当てた。
何度か亀頭を陰部でこすり自分の愛液で滑らせると
血管の浮き出た順三の肉棒を自重で蜜壷に収めていった。
順三はなかなかいい眺めだと、その行為を見ていた。

奥さん、動かなくていい。

順三は起き上がると対面座位の姿勢になった。

それで、なんで俺の部屋でオナニーなんだ。
じっくり聞こうじゃないか。
関連記事

>> 少しやる気が出てきました。皆さんの応援が嬉しいです。

みんなが読んでる話題の情報
  1. YouTube Maniax 2017 <ユーチューブマニアクス2017>
  2. 現役AV男優スパーキー佐藤が教える超早漏対策【早漏革命】
  3. 自動で大きくなるアダルト動画サイトを運営できるツール!

コメント

非公開コメント

アクセスランキング ブログパーツ