FC2ブログ
2014/09/09

ゆるふわガールの帰省



5月の夜、湊愛子は広島県福山市にいた。
このお正月に結婚を誓い合った東野誠一郎
必ず帰ると言った3月になっても広島には戻らず
最近では忙しいからと電話も少ない。

せっかく同じ携帯会社にしたのに

それを言い始めると誠一郎はいつも不機嫌になった。
そうして微妙な空気のまま2人の会話は終わることが多かった。

きっと東京に彼女ができたんじゃね。

愛子はいつしかそう思うようになった。
誰かに愚痴りたいなあと思っていた矢先、
幼馴染の長田陽子から電話がかかってきた。
陽子は今週末、友人の結婚式に出席するために
尾道に戻ってくるという。

結婚式は日曜日じゃけー金曜とかに会わん?
えーよーえーよ。

愛子は渡りに船とその話に乗った。
広島市から車を飛ばせば実家のある尾道までは1時間程度だ。
定時で仕事を上がってもよかったのだが、
法事でと嘘をつき愛子は午後半休を取った。

12時に仕事を終え、一旦アパートに戻って着替え
荷物をまとめると、実家への短いドライブを楽しんだ。
途中で祖父の好きなもみじ饅頭をお土産に買い
郊外のレストランでゆっくりと時間を取って食事をした。
結局、実家近くに着いたのは15時を少し過ぎていた。

愛子の実家は尾道の千光寺山荘の少し下にある。
山の下の駐車場に車を止め、線路を渡って
通り道になっているお寺の山門をくぐり
階段状の小道を昇っていく。

愛子は小学校から高校までずっとこの小道を通っていた。
小道を振り返ると、眼下に尾道の街が広がる。
空襲を受けることなく昭和の建物が多く残った
この尾道の街並みが、愛子は嫌いだった。

愛子の人生はふわふわ流されるがままのものだった。
高校は自分の実力で受かる程度の普通課へ進み、
当時仲の良かった友達が行くという広島市内の短大を一緒に受け、
短大卒業後はそのまま広島市内の半官半民のような会社に就職した。

両親は地元に残ってくれたと大変喜んでくれたが
愛子自身は何をしたいからという意思も無く
受けたら受かったから就職したようなものだ。
この先、なんとなく誠一郎と結婚し
子供が生まれて、そして広島県内で一生を終えるのだろう。
自分の人生はそういうものだと考えていた。
関連記事

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法

コメント

非公開コメント

アクセスランキング ブログパーツ