FC2ブログ
2015/03/03

手を出していいのかどうか分からないまま強制排泄



タオルで目隠しをされたままの祐樹は、まだ耳から入ってくる音だけに頼った妄想の中にいた。
今なら恥ずかしいことも素直に言える。そんな状態だった。猿である。

寺島さん、これ。

と自分の股間を指差した。
寺島がそこを見ているかどうかは祐樹には分からない。
が、次の瞬間、パジャマの上から寺島がペニスを擦ってくれたのである。
祐樹はああっと声が漏れた。

タオル取っちゃだめよ。

と注意が一つ入り、祐樹のパジャマのゴムが少し下げられた。
パンツも前だけ下げられたので、祐樹は協力して腰をうかせた。
お尻の側に手が入り祐樹のパジャマとパンツはお尻丸出し状態まで下げられた。
陰茎はシャワー室の明かりの下で寺島さんに見つめられているはずである。
それを思うと祐樹はもういきそうだった。

寺島は特に亀頭を刺激することはせず、いきなり肉棒の部分を掴んで上下に擦り始めた。
パジャマのゴムとパンツに押さえられて足を開くことができない。
祐樹は強制的にいかされる錯覚におちいった。

ダメです。あ、ちょ。

祐樹は頭を振った。顔にかけられていたタオルが床に落ち、祐樹の視界が開けた。
シャワー室の明るい光がいきなり飛び込んできて、目の前には後ろ向きの看護師の大きな丸いお尻が見えた。
そのお尻が邪魔で、自分のペニスが今どういう状態にあるのかは見えなかった。

手を伸ばしてなんとかお尻に触ることはできたが
その間も肉棒は上下に擦られ、今にも精液が飛び出しそうな状態になった。
祐樹はもう限界だった。鼻からの呼吸が短くふっふっふっと続き
精管の奥からむずむずとした塊が今にも飛び出しそうにだった。

ペニスの怒張が限界を超え、鈴の口が開こうとするその瞬間、ペニスにふわっと何かがかけられた気がした。
下腹部が波打ちどっくどっくと陰茎が収縮を始めると寺島は擦っていた手の動きを止め
ペニスの皮を下へ引いてそのままの形をキープしてくれた。

祐樹はどっと疲れてシャワー椅子に倒れこんだ。
寺島はちらっとだけこちらを振り返るとタオルを取ってくるから自分で拭いてねとシャワー室を出て行った。

首を曲げて見ると、頭吹き用に持ってきたバスタオルが祐樹のペニスにかけられていた。
9日間たまりにたまった精子、それも相当な量が出ていたはずだが、バスタオルであれば何の問題もない。
寺島が帰ってくるまでに手早く片付けなければならない。
祐樹は痺れた頭のままで、ペニスや陰毛に付いた精液をバスタオルで拭き取った。
パンツとパジャマをずりあげ、バスタオルをたたんで、近くのかごに放り込んだ。
祐樹は再びシャワー椅子に座ると、ドキドキしながら一方で後悔の年に晒されていた。

(こんな明るい部屋で一人で興奮してたのかな。バカをしたかも。嫌われたか。)

新たなバスタオルを持って現れた寺島は、無言で祐樹の頭側に回り椅子を起こした。
事務的に頭を拭いて、耳カバーを外し作業を終えた。

はい。終了。風邪を引かないようにね。

小島聖似の女性がちょっと困った顔で笑った。
関連記事

>> 少しやる気が出てきました。皆さんの応援が嬉しいです。

みんなが読んでる話題の情報
  1. キッカケ会話テンプレート~毎日を出会いのチャンスに変える。日常で見かける女性とナチュラルに恋愛を始める方法~
  2. ツイッターでセフレを量産する教科書 -出会い保障VIPコース-
  3. 【シークレットオファー】田淵正浩の早漏改善ブートキャンプ


コメント

非公開コメント

アクセスランキング ブログパーツ