FC2ブログ
2015/02/25

(スソガか。いや、絶対に負けられない。)



いや。

寺島は体を捻って逃れようとしたが、上から押さえつけた祐樹の力は強く、また股間に片足を差し込まれた状態では、腋を晒した無様な姿勢から逃れることはできなかった。
寺島がなんとか抵抗しようとするその間にも祐樹の舌は寺島の腋を舐め続けた。

(ガラムマサラか・・・)

最初は苦味が舌を刺し、まるで東南アジアの何かの香辛料を舐めているかのように感じた寺島の腋の味も、肌が段々とふやけ、祐樹の鼻が馬鹿になると、煮込みすぎたビーフシチュー程度に思えるようになった。
祐樹は続けて反対の腋も舐めた。顔を移動するときに寺島の表情を眺めると、目を瞑って真っ赤になっていた。
寺島はわずかだが鼻息が荒くなっていた。

全然、大丈夫だよ。

充分に寺島の腋を可愛がった後で祐樹が言った。寺島は本当に大丈夫かを確認して抵抗をやめた。
さらにぎゅっと抱きついても良いかを聞いてきた。腋の匂いが祐樹に移るのを気にしているようだった。

大丈夫。

祐樹が腕の拘束を解くと、寺島はおずおずと両腕を祐樹の背中に回した。そんな寺島が可愛らしく、祐樹も寺島を両腕で抱きしめると二人でぎゅぅっと抱き合った。
祐樹は少し顔だけを離し、鼻を寺島の鼻にくりくりとイタズラっぽく擦り付け、小鳥のようなキスをした。
なにか寺島の心が溶けたような気がした。

祐樹が寺島の体から抱き合った片方の腕を外すと寺島も解放してくれ、半身になった祐樹は再び寺島の乳首を舐めた。
乳にキスをし、寺島の腰に手を這わせながら徐々にシーツの下にもぐりこんでいく。
祐樹はいったん寺島の足元まで降りると、寺島のお尻の方から手をやりパンティを取り去った。寺島も腰を浮かせて協力してくれた。
軽い力で寺島の腿を持ち上げ、暗いシーツの中で寺島の蜜つぼと対面する形になった。
しかし、、、シーツで閉じられた狭い空間に解き放たれた蒸れたスソガの臭いは、祐樹のあまり良くない鼻でも分かるくらいに強烈であった。

(うお。これは。。。)

祐樹は一瞬気が引けたが、先ほどの流れからここで無理というのはできないと思った。ここでやめてしまっては寺島が可哀想過ぎるからだ。
祐樹はしばらくの間、指で寺島のビラビラを触り、開いたり、少しだけ膣口に指を入れたりしていたが、いよいよ思いを固めて息を止め、クリトリスに舌を這わせた。
何か驚くような苦味と痺れが舌先を襲った。祐樹は痺れる苦味のついた垢を舐め取っているような錯覚に陥った。

祐樹が幼いころ、おばあちゃんの家に遊びに行ったときに、キャンディの類かと勘違いをして、銀色の仁丹を大量に口に含んだことがある。
思い描いていたキャンディとは全く違う味と、まるで銀紙を口に含んだかのような異質な感触に驚き、口から仁丹を吐き出してしまったことがあった。
そのときに幼い舌に感じだ苦味と痺れの記憶が頭の中に蘇った。

(いや、絶対に負けられない。)

可愛らしい寺島を悲しませるわけにはいかなかった。祐樹は果敢にクリトリスとその周りを舐め続けた。
祐樹の思いが功を奏したのか、シーツの向こうでは寺島が鼻をすするような呼吸で感じ始めてた。
その時、祐樹の唇の中で、寺島のクリトリスが大きく膨らみ包皮から顔を出した。

薄皮のピンと張った寺島のクリトリスは小豆ほどの大きさがあり、皮からプリンと飛び出して完全に露出した。
祐樹は唇でそのクリトリスをついばみ、舌の先でクリクリと転がした。
寺島の左右の太ももがピク、ピクと不規則に反応し、イイ!とシーツの向こうから声が聞こえた。

寺島の掌が降りてきて祐樹の頭を抱え込み、ごめんね、ごめんねと言いながら股間に押し付ける動きをした。
ふいに寺島の腰が上下に動き始め、クリトリスをついばんでいた祐樹の顎が寺島のビラビラに埋もれた。
祐樹の口からは唾液が流れ、寺島の汁と混ざって、祐樹の顎はぐちゃぐちゃに濡れた。

ごめんね、ごめんね、う、うぅぅぅっ・・

と祐樹の頭は力いっぱい押さえつけられ、寺島の股間に埋もれた。
祐樹はシーツの中でスソガとまんこ自体の匂い、愛液と自分の唾液に埋もれ朦朧としてた。

(凄いな。なんか凄い。)

祐樹はわけも分からずそんなことを考えていた。
関連記事

>> 少しやる気が出てきました。皆さんの応援が嬉しいです。

みんなが読んでる話題の情報
  1. YouTube Maniax 2017 <ユーチューブマニアクス2017>
  2. 現役AV男優スパーキー佐藤が教える超早漏対策【早漏革命】
  3. 自動で大きくなるアダルト動画サイトを運営できるツール!

コメント

非公開コメント

アクセスランキング ブログパーツ