FC2ブログ
2015/04/20

フェイスブックから昔の女を探し出した武田は…



翌日、昼過ぎに起きた武田は、朝食前に探偵の言ったことを思い出してみた。

まずは旧姓でいいからGoogleで検索して、昔の女を捜す。
同窓会かなにかで検索に引っかかったら、次は写真を確認。
掲示板があれば予定などを確認。
幹事その他の男の名前を見つけてフェイスブックで手繰っていく。
たしかそんな話だった。

まずは○○高校の同窓会を調べてみるか。

武田は検索を開始した。すると出るわ出るわ。
名前は付いていないが明らかに朋子と思われる写真が数枚。
そして同窓会のお知らせには男性の発起人の名前。
掲示板には、何組の何何君へメッセージとフルネームが満載だった。
それらの写真に片っ端から目を通し、名前も全てメモした後に、武田はFBに入会した。
FBの検索窓から男の名前をフルネームで検索してみる。
もちろん、何人かは外れだったが、何人かは○○高校出身と載っていた。

嘘みたいに簡単だな。

武田は拍子抜けした。
そうした男たちを何人も探っていったが、残念ながら朋子にはたどり着かなかった。
そして何人目かの男を探っていたときに、見覚えのある女の顔を発見したのだ。

こいつは同窓会で朋子と一緒に写真を撮ってた女だなあ。

武田は何気なく女をクリックし、その友達を一人一人眺めていった。
すると、あった。あった。朋子という名前の女が出てきたのだ。

粟屋朋子かあ。

武田は期待せずに、キリンの絵のプロフィールをクリックした。
すると、おっと!出てきた。橋下朋子だ。もう出身校など見るまでもない。
自分や子どもの写真がバンバン掲載されているのだ。

へーこいつ今、千葉に住んでるのか。

いくつかの記事を見ていくと、友達とのやりとりの中でいつどこにいく等の予定が公にされていた。

相変わらずゆるいなあ。
朋子ならなんとかなりそうだぞ。

ま、そんなわけで嘘の名刺を20枚作り、朋子の予定を見計らって出張を入れ、東京へとやってきたわけである。
あまりにも簡単にことが運びすぎて拍子抜けした武田であったが、いったん味をしめると止まらない。

次は伊藤恵子ちゃんかな~。

武田は持ってきたタブレット端末で次の女検索を始めた。
これから全国への出張が楽しくなりそうだとうきうきしていた。


追伸:
みなさんもこんなことが起きないように、SNSでの予定の公開には気をつけてくださいね。
関連記事

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法

コメント

非公開コメント

アクセスランキング ブログパーツ