FC2ブログ
2015/05/16

楠タケシは房総の親分さんへの挨拶のため千葉へと急いでいた



5月の金曜日、楠タケシは房総の親分さんへの挨拶のため千葉へと急いでいた。
明日行われる富津海水浴場でのイベントに、ジェットスキーを貸して欲しいと頼まれたタケシたちの親が、それなら人間ごとまるっと貸しましょうと安請け合いしたためだ。
友好関係にある神農同士のこうしたやりくりは比較的よくあることだ。

日ごろから頼まれごとは自分らの商売以上に重要だと教え込まれていたタケシたちは大慌てで準備を整えた。
タケシの兄貴分もやって来ててきぱきと指示を出し、若い者たちはアクアラインを使って前入りするように、またタケシは房総の親分さんに挨拶に伺うようにとのことだった。
親分さんに挨拶とはタケシには初めての経験である。

兄貴、挨拶ってやっぱスーツですか。
あほか、お前。仕事着でいいんだよ。稼業なんだから。
いいんですか。
いい。ただし背筋伸ばしてビシッと挨拶な。
はい。
それからこれ。藤沢の叔父さんから。
なんすかこれ。
房総の親分さんに。お見舞いだと。
あー聞いたことあります。
若い頃、世話になったって話だ。
利根川の話しですね。
おう。それそれ。

というわけで、余ったジェットスキーを1台、軽トラに乗せ、簡単な地図を頼りにタケシは千葉に向かっているのだった。
その道すがらタケシはリカコに電話を入れた。

明日は富津で仕事なんだけど来るか?
千葉? いくいくー。
リカコ、バイト終わり何時なんだっけ?
8時半くらいかなあ。
じゃあ津田沼23時待ち合わせでどうだ。
津田沼? うーん。オッケー。急いで行く。
ゆっくりでいいよ。23時な。
うん♪

去年の夏から付き合っているリカコとの関係は良好で、タケシはリカコの声を聞いているだけでも幸せな気分だった。
本当は週末といわずいつでも一緒に居たい、そんな心持ちだった。

よーし、そんじゃ一丁頑張るか。

周りを行く早い車からばんばん抜かれながらも、軽トラはタケシの軽快な運転で京葉道路をひた走った。
関連記事

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法

コメント

非公開コメント

No title

新章始まります。最近仕事も忙しいのでのんびりいきます。たまに遊びに来てねって感じで。よろしくお願いします。
アクセスランキング ブログパーツ