FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

2015/08/22

津田浩介は一時でも現実を離れて、自分の世界に篭っていないと不安だった。



5月の夜、津田浩介は東西線に揺られていた。
金曜の夜だというのに車内はさほど混雑しておらず、浩介は乗り込んだ茅場町から席に座ることができた。
浩介は席に座るとすぐにBluetoothでペアリングしたイヤホンを耳にかけ、お気に入りの曲を聴きながら目を瞑った。
一時でも現実を離れて、自分の世界に篭っていないと不安だったからだ。

隣の席の男性がたまに腰を浮かせて座りなおしたりして、落ち着かないところがあったが、浩介はわずかに目を開けて男性の膝辺りを見るに留め、特段にその行為をとがめることもしなかった。
たまたま隣り合わせた見知らぬ人間と互いのパーソナルスペースを侵しあう。都会の電車とはこんなものだ。
津田沼生まれの浩介にとって、電車の中で隣の男性の肩が触れたなどは仔細な事で、それをおかしいと思ったことすらない。
それに大学への通学にも使った、通いなれた東西線での出来事である。事を荒げる必要など全くない。
それよりも自分のことだ。これからどうなるんだろう。
浩介は自分の思考の中に沈んでいった。



津田浩介は26歳。茅場町にある独立系大手ソフト会社でシステムエンジニアとして働いている。
都内の大学をストレートに卒業後、今の会社に入ったので、もう5年目だ。
システムエンジニアと言っても浩介はバリバリにプログラムを書けるという部類ではない。
あれとこれを組み合わせて、エッセンスをちょいと加えればはい出来上がりというような、大まかな設計と提案が中心で、つまり浩介は企画と営業に近い仕事をしていた。
浩介の配属された部署ではみながそうした仕事をしており、先輩たちに鍛えられ浩介も最近では小規模な案件について一人で任される様になっていた。

浩介と共に大量に採用された同期社員たちは、1年目の研修完了後に客先や子会社に配置されてしまったので、今、本社に残っている同期はほんの数名程度になる。
飛ばされた連中は、きっとそれぞれの行き先で一生懸命プログラムコードを追っかけているのだろう。
もちろん浩介にしても上司の覚え一つでいつ飛ばされてしまうかは分からないが、それでも5年目の今も本社に残っているということは、それなりに出世レースに乗っているとも言える。

ハロー効果って知ってるか?
本社は大型案件が多いからさ
交渉のために見た目の良いやつを残すんだよ。
もちろん、腕前とか知識もいるんだろうけどな・・・

いつだったか転籍を打診された同期の一人が浩介にそう言い残して去っていった。
悔し紛れだったのかもしれないが、そう言われて本社内を見回してみると、たしかに若手には美男美女が多いようにも感じられる。
浩介自身、学生時代にはサークル仲間から「松田翔太」に似ていると言われたことがある。
力強い切れ長の目とクールなところ。そして細マッチョでしゅっとしたスタイルがそう言わせたのかもしれない。

見た目が有利に働くならそれはそれで良いことじゃないか。

浩介はそう思った。
実際、学生時代も所属する山登りサークルに集った山ガールたちといくつかの楽しい思い出を作っていた。
言われるまでもなく、浩介は自分の見た目と人に与える影響について十分理解していたのである。
 
関連記事

>> 少しやる気が出てきました。皆さんの応援が嬉しいです。

みんなが読んでる話題の情報
  1. キッカケ会話テンプレート~毎日を出会いのチャンスに変える。日常で見かける女性とナチュラルに恋愛を始める方法~
  2. ツイッターでセフレを量産する教科書 -出会い保障VIPコース-
  3. 【シークレットオファー】田淵正浩の早漏改善ブートキャンプ


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ