FC2ブログ
2016/11/08

「線虫」水曜の朝の回(2)2度目の寝覚め



--- 水曜 朝8:42
次に目が覚めると8時半を過ぎていた。

昨日、江波に予約してもらった病院は10時半なので、うちからだとまだ余裕な時間だ。
だが俺は会社に連絡するのを忘れていたことを思い出した。
今日は休むということを伝えなければいけない。
うふふ。なぜか笑みがこぼれてしまう。
なんだこの遊びに行くときのような高揚感は。
会社を休むのがこんなに楽しいことだったか?

さっき6時頃に起きた時と違って、今は非常に快活に動ける気がするのだ。
俺以外のすべての動きが遅く見える。なんというか、万能感に満たされている。もしかして俺は神か。
壁の時計の秒針の進みすらもどかしい気ががする。妙に冴えた感覚だった。

(よし、起きるか!)

寝返りをうってベッドからすっと立ち上がる。
俺自身はすっと立ち上がったつもりだったが、実際には足がよろめいてベッドに尻餅をついてしまった。
だが、その体が落ちていく瞬間の風景が、映画のフィルムのコマのようにパラパラと鮮明に見えた。
頭の回転だけが3倍になった感覚か?

おもしれえ。
まあ、いい。とりあえず電話だわ。

俺はあちこちにぶつかりながらキッチンに行き、脱ぎ散らかしたスーツの内ポケットから携帯を取り出した。妙にポケットの端が携帯の角に引っかかる。つまらんポケットだ。
キッチンの床に座り込み、パスワードを2回間違えた後に、着歴から後輩の斉藤の電話番号を見つけ出した。
プッシュ、プッシュ、おい、画面の反応おっせーよwww
コール音が3回鳴ったところで斉藤が出てきた。

おはよう。俺だ。
あ、おはようございます。
ちょっと今日はびょうえんいくこといなたから。
新谷さん、なんかしゃべり方おかしいっすよ。
は? 何ってんだ。おれは普通だぞ。
調子悪いんですか?
ああ、休むっていっろけ。

・・・

斉藤はブツっと切られた携帯の画面を見つめた。

(新谷さん、だいぶ酔ってるな。
 こんなの小林部長がまた火を噴くぞ。)

参ったなあ。そう思いながら斉藤は朝のミーティングに出席する準備を始めた。
 
関連記事

>> 少しやる気が出てきました。皆さんの応援が嬉しいです。

みんなが読んでる話題の情報
  1. キッカケ会話テンプレート~毎日を出会いのチャンスに変える。日常で見かける女性とナチュラルに恋愛を始める方法~
  2. ツイッターでセフレを量産する教科書 -出会い保障VIPコース-
  3. 【シークレットオファー】田淵正浩の早漏改善ブートキャンプ


コメント

非公開コメント

アクセスランキング ブログパーツ