FC2ブログ
2017/05/05

新卒女子、いざマッチングサイトへ



マッチングサイトに関する社内コンペの指示を受けた日の夜、真由子は自宅マンションのパソコンの前に座っていた。
パソコンの画面には業界No.3と言われるマッチングサイトの登録画面が映っている。
指示を受けた顧客は業界No.2なのだが、いきなり本顧客のサイトに登録する勇気は真由子にはなかった。
そこで業界No.3サイトを攻略し、次にNo.2を攻め、最後にNo.1を攻めることで、各々の差を明確にする戦略に出たわけである。
自分自身が明確なペルソナを決定できない、もしくはそのペルソナの動態を認識できない以上、まずはシステマチックな部分の差を比較し、改良点がないかを見るしかないと考えたのだ。

この時の真由子には知る由もないが、大手マッチングサイトのシステマチックな部分に関しては実は大した差はなく、精々サイトのデザインが各々で異なる程度のものだ。
それは、同じ法令に縛られた非常に狭い世界で丁々発止と戦っているからであって、大手になればなるほどそのシステムは似通ったものになる。
では大手と弱小の違いはといえば、実店舗があるかどうか、男女に限らず身元の確認をしっかりと行っているかどうか、そして広告宣伝費を大きく使えるかどうかぐらいのものだ。
広告宣伝費を大きく使えない弱小、特にマッチングサイトと呼ばれる部類から出会い系サイトと呼ばれる部類のサイトに落ちていくにしたがって、宣伝費分のお金はサクラの給料へと変わっていく。
出会いを謳うサイトでは、多額のお金を払ってくれる男性会員を集めるために男女比率を公開していることが多いが、そこでは少なくとも50%の女性会員が必要で、また女性会員が50%もいるとすれば男性会員を継続課金させるためにサクラが必要となってくるのである。

マッチングサイトの業界No.1、No.2はお見合い業・ブライダル業から出発したサイトであり、実店舗があることやこれまでの成約実績から利用者に安心感を生んでいる。
つまり浮気願望を持った既婚者が入る余地のない運営、またサクラを雇わない健全な運営を行っている点が好感を呼んでいると言える。
しかしNo.3ともなれば玉石混交で、通信大手が余禄で作ったものやそれこそ個人ユーザが作ったものまで現れる。
知識に乏しい真由子は、ネットでの検索から、ユーザ数の多さと大手企業が運営しているからという理由でNo.3を選んでしまった。
これが失敗である。
しかし、失敗の話はこれから。

真由子は律儀にパソコンの前にノートを置き、逐一記録を取りながらサイトへの登録作業を進めていった。
関連記事

>> 少しやる気が出てきました。皆さんの応援が嬉しいです。

みんなが読んでる話題の情報
  1. YouTube Maniax 2017 <ユーチューブマニアクス2017>
  2. 現役AV男優スパーキー佐藤が教える超早漏対策【早漏革命】
  3. 自動で大きくなるアダルト動画サイトを運営できるツール!

コメント

非公開コメント

アクセスランキング ブログパーツ