FC2ブログ
2017/05/19

新卒女子、街コンに目を向ける



その後も業界No.3と思わしきマッチングサイトで我流のマーケティングを続ける真由子であったが、一向に傾向をつかむことはできなかった。
その手法は前述と変わらず、大量に真由子に届く男性からのメッセージとプロフを表にまとめ、これはと思う相手にメッセージを返し、待ち合わせでこっそりと相手を評価する。
しかしその評価基準が既に”なつお”になっており、もはやこれがマーケティングなのか自分自身がただの出会い中毒なのか、訳の分からないものになっていた。
そもそもある程度整理されたビッグデータを定性的に解析するのがマーケティングであり、個人の力による情報の収集にはおのずから限界がある。
そんな基本中の基本も、出会いの興奮の渦中にある真由子は分からなくなっていたのだ。
そんな中、唯一真由子がつかんだマッチングサイトの傾向は、”ヤリ目的の男が多い”ということだけだった。

社内コンペに向けての斬新な企画を見いだせないまま、休日前の深夜に久々にゆっくりとお風呂につかりながら真由子は考えた。

なんだか結論は全くでないし、まとまらないし、ズレてるなあ。
なんだろう。あたし何が間違ってる?
業界No.2のマッチングサイトをNo.1にするための方策を考えよ。
これが命題。
No.3のサイトに目を向けたのが間違いだったのかなあ。
じゃあ、それは間違いだったと仮定するとして
基本に立ち返ってそもそもNo.2がNo.1になるためには?
そこか。
そっか。じゃあ、うーん、多分、本当に出会えること。
でも男性目線じゃなくて、女性が安心してサイトに来ること。
女性が増えれば、男性は勝手に増えるはずだし。
それで確実にカップルになることも大事。
だからヤリ目を排除しないとなあ。
女性からすると怖いもん。。。あっ!

そこで真由子が閃いたのが街コンである。

ネット上の出会いを演出するだけでなく、街コンも企画させる。
これでどうかな。たしかNo.1サイトもやっていなかったはず。
街コンの良いところは、えーっと
まず個別にメッセージのやりとりが必要ない。
うん。メッセージのやりとりは結構面倒だもんね。
二人きりで会うのは怖いから、女性の側の心理的負担も軽減できる。
それに同じ目的で集まるし、最初に見た目で判断できるもんね。
唯一の問題はあらかじめヤリ目の判断がつかないことだけど。。。
参加者の身元を押さえた上で顔を合わせれば大丈夫よね。

真由子は湯船から勢いをつけて立ち上がると速攻で体を拭い、部屋着に着替えてリビングに向かった。
洗面台の鏡に映る真由子の顔は、前回の失敗を忘れたかのように自信に満ち溢れていた。
 
関連記事

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法

コメント

非公開コメント

アクセスランキング ブログパーツ