FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

2017/06/28

新卒女子、桜井先輩に店コンについて聞く



店コンに対する期待を抑えきれなくなった真由子は、深夜にも関わらず、頼れる桜井先輩にLINEを送った。
桜井先輩は、真由子の街コン初参加時に女性カップルの片割れとして割り当てられ、街コンのルールを色々と教えてくれた女性だ。
最初はぶっきらぼうでとっつき難い人間に思えたが、例の街コンでは真由子を大いに楽しませ、自分も楽しみ、経験からくる知恵を惜しみなく注いでくれる人間だと分かった。
桜井の人柄に触れた真由子は、それ以降もLINEで桜井とのつながりを保っていた。

今回、新たに思い立った店コンという選択肢に対して、真由子はまだ想像の範囲でしかものを考えられない。
経験豊富な桜井は、そういうリクエストにも答え、アドバイスを与えてくれるはずだ。
時刻はすでに午前0時を回っていた。
だが、桜井は夜のお店に勤めているし、先日までの2人のLINEのやりとりが0時過ぎてからの方が盛り上がっていたことを考えると、今日もきっと大丈夫だろう。

真由子> 桜井姉さんこんばんわー
桜井瑞樹> お、真由ちゃんどうした?
真由子> 今大丈夫ですか?
桜井瑞樹> うん。お店終了。もうすぐ帰るよ。
真由子> 良かったー。あの…ちょっと聞きたいことがあって。
桜井瑞樹> どした。あらたまって。
真由子> へへー。店コンってあるじゃないですか。
桜井瑞樹> あるねえ。今度はそっち?
真由子> そっちです…
桜井瑞樹> まあ、若いしトライするのは良いことよ。
真由子> 色々、教えてもらえないかなーと思って。
桜井瑞樹> あー。そっか。えっとねえ。家に帰ってからTELするでいい?
真由子> あ、ぜんぜんOKです。
桜井瑞樹> わかった。後で電話するね。2時くらいになると思うけど。
真由子> 大丈夫です。すみません。
桜井瑞樹> おっけー。


思った通り、桜井はやはり頼れる先輩だった。
仕事に燃える性質の真由子は女同士のネチネチとした関係が苦手で、そういう意味では桜井の夜の女性特有のさばさばした性格は、真由子にとってとても付き合いやすいと感じるものだった。
出会い系方面に疎い真由子はいつも頼ってばかりで申し訳ないと感じているのだが、そんなこと気にしなくていいよと言ってくれる桜井の優しさについ甘えてしまうのだった。
「反省しなきゃ」と思いながら、安心した真由子はPCの蓋を閉じてスリープモードにしお風呂に向かった。

・・・

2時少し前、約束通り桜井がLINE通話をかけてきてくれた。

桜:もしもし、遅くなったねー。ごめんねー。今着いたよ。
真:姉さん、遅くにすみません。
桜:いいのいいの。それでなに? 今度は店コンだって?
真:そうなんです。頼れるところなくて。姉さん、詳しいですか。
桜:詳しいかどうかって言われると、まあ昔は行ってたけどねえ。
真:ふむふむ。
桜:あ、でも、あたしもお店があるからそんなに回数は行ってないよ。
真:いやーでもなにか情報もらえると嬉しいな。姉さんの解説分かりやすいし。
桜:へっへー、持ち上げるねえ。

電話の向こうでプシュッという音が鳴った。桜井がビールのプルトップを引いた音だろう。
どうやら長い話になりそうだ。
 
関連記事

>> 少しやる気が出てきました。皆さんの応援が嬉しいです。

みんなが読んでる話題の情報
  1. キッカケ会話テンプレート~毎日を出会いのチャンスに変える。日常で見かける女性とナチュラルに恋愛を始める方法~
  2. ツイッターでセフレを量産する教科書 -出会い保障VIPコース-
  3. 【シークレットオファー】田淵正浩の早漏改善ブートキャンプ


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ