FC2ブログ
2008/03/17

諏訪湖のほとり-番外編-帰宅

 
(´ー`)y-~~ Shyさんにインスパイアされてこっそり続きを・・・

深夜、俊介は長野の自宅マンションにたどり着いた。
妻の恵子を起こさないようにそっとドアを開け、明かりがついたままの居間に入る。
家の中は静かだった(寝てるか・・・)
恵子に対する罪悪感にほんの少しの安堵の気持ちを交え、着替えを済ませようとバスルームに向かっていると、不意に後ろから声がした。
「お帰りなさい・・・」
寝室から、恵子の声だった。
「起きてたのか?」

俊介からの返事に、恵子が寝室のベッドから起き上がる音が聞こえてきた。
「うん。今、寝たところ」
恵子は居間に入ってきて、俊介の顔を見ると
「お休みの日まで大変だったわね」
と言った。声に厭味な感じはない。
「いや」


「何か食べる?」
「部長と食べてきたけど・・・」
「そう、コーヒーは?」
「何か軽く。スープがいいな」

恵子は寝室のドアからそのままキッチンへ向かった。
鍋を火をかけ冷蔵庫の中を探りながら恵子が聞いた。

「諏訪湖の物件はどうだった?」
「いまいちだな・・・」

俊介は大手の不動産屋に務めている。一部上場の会社だ。今日は部長のお供で諏訪湖の傍に立つ別荘が、買い取るに足るかどうかの査定に出かけたことになっていた。もちろんきょうこのことは秘密である。

「意外に山よりでね。雪が降ると行き来に苦労しそうなところだったよ」
「そう」

「買い取るかどうかは部長の決裁次第だけど。ないだろうな」
「ふぅん」

興味があるのか無いのか分からない返事をしながら、恵子はベーコンを切り始めた。その姿をみとめて俊介は

「先に風呂に入るよ」

そう言い残しバスルームに向かった。


(´ー`)y-~~ まったりと続きます・・・
関連記事

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法

コメント

非公開コメント

アクセスランキング ブログパーツ