FC2ブログ
2008/11/28

女子大生とのエッチな体験談-Wさんからの投稿~京都編2

 
後部座席に並んで腰を下ろすと、私は舌を絡めてノーブラの胸を優しく揉みながら求めた。「ここなら大丈夫だよ。」「えっ、ここで。でも、いいわ。」M美もSG塚の雰囲気に刺戟され積極的だった。私は彼女の浴衣の裾を割って、下半身に手を伸ばした。柔らかい太ももの奥には、薄く小さな下着があった。私は割れ目を覆う細い部分を横に寄せ指を入れ、敏感な突起や花びらに包まれた中心部を愛撫した。M美も私の浴衣の中に手を入れトランクスを下ろすと、十分に勃起したものを指で優しく上下させた。「アー、いいわ。凄く硬いわ。」「濡れ方が凄いよ。」お互いのその部分からは潤滑液が溢れていた。「イャー、イイ。」私は彼女の愛液に塗れたショーツを取ると、彼女の中心部への指のピストンを早めた。M美の手の動きも早くなっていた。

「ねぇ、もう、欲しい。」「ア~、逝きそう。」M美が喘ぎ、私の挿入の欲求も高まった。私のペニスはM美の秘裂を捉えかけては潤滑液で滑っていた。しかし、狭い車内と慣れない浴衣で、これ以上の動きは難しかった。私は続きをホテルで思う存分楽しむことにした。「ホテルでいっぱいするから、我慢して。」「もう~、いっぱいしてね。」喘ぎ続けるM美に囁き、初のカーセックス一歩手前のカーペッティングを中断して、急いでホテルへ戻った。

「Wさん、待てないわ。」「M美、いっぱいしよう。」ホテルの部屋に着き、一刻の猶予もなく求め合った。お互いの浴衣の中に手を入れて、下半身が結合を待ち続けて興奮していることを確認した。M美の浴衣の中はノーパンのままで、愛駅が溢れていた。私もトランクスを脱がされたままで、浴衣の前がテントになっていた。「早く~。」浴衣を脱がせ合い、急いでゴムを着けた。

私はベッドの端に腰を下ろし、M美を私の上に向い合う形で抱き抱え、いきり立っているペニスを彼女の中心部に突立てた。「アッ、アッ、イイヮー。」私が腰を突上げるたびにM美が喘いだ。M美の秘肉の部分は、いつものように狭く柔らかく私の肉棒を締付けてきた。二人は直前の車の中での行為に心身ともに昂ぶっていた。肉棒と秘肉が擦れ合うピストンの快感で急速に昇りつめてきた。「アッ、アッ、アー。」「逝く、逝く。」M美はいつもより大きな声を漏らすと私の胸に崩れ落ち、私も声を上げながら快感の液体を噴出させた。


しばらくして、私は結合を解いて抱き合った。一度発射したにもかかわらず、私のペニスは下腹部に貼りつくように起立を続けていた。「Wさん、今日は凄いのね。」M美は私のペニスを優しく撫でると、舌を這わせ小さな口に含んだ。彼女の唇がカリの部分に心地よく絡みつき、時々亀頭に当る舌の感触も絶妙だった。

やがて69の体勢になり、フェラとクンニを楽しんでいたが、再びお互いに我慢できなくなった。私はM美に覆いかぶさると生のままで一気に挿入し、激しいピストンの動きにグラインドも加えた。M美も腰を浮かせるようにして迎え入れた。体位をいくつか変えながら、生の粘膜同士の摩擦を楽しんだ。私はぎりぎりのタイミングまで待って、M美の秘肉の中からペニスを抜き、勢いよくザーメンを彼女の草むらの上に放出した。

快感の余韻を楽しんだ後、二人でシャワーを浴びベッドに横になった。時間は深夜の2時に近くなっていた。「こんな風に眠りたかったの。」私はM美に腕枕をして眠りについた。
関連記事

>> ポチッと1クリック応援をもらえると続きも頑張れます。

課外授業
  1. 7日間無料お試し ツイッターでセフレを量産する教科書
  2. 脳科学者から教わった脳を最大限利用したオーガズム方法
  3. アイドル級のかわいい美女と2時間以内にセックスする方法

コメント

非公開コメント

アクセスランキング ブログパーツ