FC2ブログ
2017/03/13

パンチラスポットを求めて3千里

20170212-e.jpg

好美はその後、何度も同じ図書館に通った。しかし銀縁女性のパンチラを見たようなハプニングは2度と起きなかった。
当然である。
パンティがちらっと見えるハプニングだからこそのパンチラなのであって、それがいつも見えるのであれば「パンいつも」に名前を変えなければならない。
更にこれがハプニングでもないとなれば、ドキドキ感は50%減と考えなければならない。

しかし20歳の好美は違った。
どこかにあのシチュエーションがあるはずだと、区内の別の図書館巡りを始めたのである。
そして某区内の図書館で穴場を見つけてしまう。

いや正確にはそれ以前にも偶然見つけた穴場的な場所はあるにはあったのだ。
しかし、好美は妙なこだわりを持っていた。
つまり図書館で本を探す棚は、医療介護関係でなければならないのだ。
たまたま見つけた別の穴場に行くことはあっても、基本的には自分が勉強道具として抱えている医療介護の勉強道具と整合性がとれていなければならない。
それでなければ万が一覗きが見つかって責められたときに言い訳が立たないじゃないか。
「僕は違います」と言い切れる確証が欲しかった。
気の弱い好美はある意味、用意周到でもあった。
そして更に、医療介護の棚の反対側の書籍は、女性が好む書籍でなければならなかった。
某区の図書館はなかなか良いシチュエーションではあったが、反対の棚が歴史ものであったために、暇を持て余した爺さんの足ばかりを見ることになった。
これではつまらない。

もはや執念である。
そしてやっと好美は条件に合う穴場を見つけた。
しかもその穴場には、医療介護の棚の向こうにオープンスペースのソファがあったのだ。
自分がいる本棚の向かいまで女性がやってきて、しかもしゃがみこんで本を探すなんてことは、天文学的な確率で起きるかどうかだが、オープンスペースには座っている人がいる。
パンチラまで至らないにせよ、低い位置から本を探していれば、その足だけは間違いなく拝むことができる。
好美は歓喜した。
そしてその図書館で勉強すべく足しげく通うようになったのである。
 
>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

2017/03/12

パンチラの穴場で獲物を見つけたぞ

20170212-h.jpg

11月のある日曜日、好美は穴場の図書館に来ていた。
とても寒い日だった。
先週も良い獲物にめぐり会えて、若いおみ足を目に焼き付けた。
今週もきっと良いことあるぞとワクワクしながらやってきたのだった。
1度目の書籍選択の時は時間が早すぎたのか、オープンスペースのソファには誰も座っていなかった。

まあ、そんなこともある。

大体、11時くらいから雑誌を手にした女性がちらほら現れ始めるのだ。
もっとも角度が悪かったり、パンツスーツだったりで空振りに終わることも多い。
要は確率なのだ。待つ時間も楽しいものだ。

そして、好美がしばらく真面目に勉強を進め、2度目の書籍交換に行ったときにそれは起きた。
最近はすっかり覗きに慣れてしまった好美は書籍を交換に行ったときに、まずは本を元の位置に戻し、いったんオープンスペースを通ってトイレに行くことにしている。
それは予め獲物を見定めるためだ。

そして好美は見た。

ピンクのコートに黒のセーター、かなり短めの黒のタイトスカート、そして黒のストッキングの女性が、ラウンドしたソファの”間違いなく”棚方向を向いて座っている。
年は25、26くらいの、かなりぽっちゃりした女性だ。顔も丸々としていて美人とは言えないが、決してブスではない。
あのスカートの短さなら足を組み替えたときに、間違いなくむっちりした太ももの間にうっすらパンティまで見えるだろう。
好美はすれ違いざまにそこまで確認し、途中でトイレに行くのをやめて例の棚に引き返した。

あの女性が立ってしまっては台無しだ。

好美は医療介護の棚に戻ると、じっくりと書籍の選択に移った。
上の棚から順番に本を探すふりをしながら、実際は棚の隙間からピンクのコートの女性の姿を眺める。
まだだ。
まだだ。
そして好美が一番下の棚を探しているふりに差し掛かった時、ピンクのコートの女性が足を組み替え始めた。
 
>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

2017/03/11

恰好のパンチラターゲットはだらしない格好で

20170212-d.jpg

そのピンクのコートを着た女性の足の組み替えはかなり大胆で、むっちりした太ももの付け根、黒のストッキングの奥の白いクロッチまで見えた気がした。
初めてパンチラを拝んだ時よりも距離は間違いなく遠いのだが、好美がパンチラリストに落ちて以来の衝撃だった。
ピンクのコートの女性は組んでいた足を降ろすと、雑誌を持った手で体を支えながら、ソファに深く座り直し、背もたれに倒れこんだ態勢になった。
ヒールのかかとは合わせているものの、膝がタイトスカートの裾沿いにピンと張った形になり、股は緩く開いている。
他の人が見ればかなり行儀の悪い恰好だが、とは言え、パンチラにまで至っているのは好美のポジションだけだ。
その態勢だと、勿論、三角ゾーンまでは見えないわけだが、女性のむっちりした太ももがスカートの奥の闇に消えていく様がはっきり分かった。

(大収穫だ。でもこれくらいにしよう。)

臆病な好美は本を1冊取って自分の席に戻った。
だが落ち着かない。

(こんなチャンスは滅多にないぞ。もう一回だけ。もう一回だけ。)

こうなるとどの道、本の文字など頭に入ってこない。
好美はもう一度棚に戻ることにした。

今度はトイレにも行かず、棚の端からピンクのコートの女性がいることをこっそりと確認する。
先ほど机に持って行った本を棚に戻し、再び書物の選定作業の振りに入る。

女性は先ほどよりも背を伸ばして座っており、相変わらず手に持った雑誌に目を通していた。
好美の手が中段から下段の列に移った時に、棚の隙間から女性を見やるとなんと足を開いていた。
それは好美がもう少し目を凝らせば、パンティの白とストッキングの真ん中の黒いラインが見えてしまいそうなほどの開きぶりだった。
好美は思わず棚に目を近づけて、女性の三角ゾーンに集中した。

もう少し。
もう少しなんだ。。。
 
>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

2017/03/10

覗きがばれた!まずいまずいまずいまずい

20170212-f.jpg

その時、ピンクのコートの女性が足をパタッと閉じ、手をスカートの上に置いた。
好美もハッとして我に返り、近づいていた棚から慌てて目を離した。
棚の隙間から女性の顔がはっきり見える。視線がぶつかった。

(ばれた!)

心臓が早鐘を打ち始める。
顔の血管が膨張して頬のあたりがジンジンした。
好美はダッシュで図書館の奥の勉強机に戻ると、持ってきた勉強道具を鞄に投げ込み、できるだけ人の注意をひかないように早歩きで図書館を飛び出た。
図書館を出る間際、オープンスペースを振り返ると、すでに女性の姿はなかった。
係員でも呼びに行ったのだろうか。

(まずいまずいまずいまずい)

図書館の扉をなんとか抜けると、好美は走り始めた。
建物のドアまではもうすぐだ。
よし。
抜けた。
障碍者用に設けられた小さめの駐車場を横切り、植え込みを抜けて歩道に出る。
とりあえず一番近い地下街に入ろう。
まだ心臓がドキドキしている。
変な早足で好美が歩き始めたとき、後ろから声がかかった。

ねえ。
ねえ、ちょっと。

明らかに自分に向けられていると分かる女性の声に、好美の足は震えた。
膝から下に血が溜まったような重さをジンと感じて思わずよろけそうになる。
倒れないようになんとか踏ん張りながら、首だけでもと振り返る。

視線を回して風景が流れていくその瞬間がやけに長く感じた。

そして視界の端にピンクのコートの女性が映る。

立ち止った好美に対して2,3歩進み出た女性が、さらに追い打ちをかけるように言葉をつないだ。

あなたさっき覗いてたでしょ。

好美の心臓は、ぎゅっとつかまれたように痛くなり、足元から滑り落ちていくような絶望的な感覚に捕らわれた。

>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

2017/03/09

パンチラ覗き男の言い訳と女の追及

20170212-g.jpg

いや、僕は…

色白の好美の頬から耳までが真っ赤に染まる。
悪戯心から性癖に至ってしまっただけ。
悪いことをしている自覚はあるが、本人にはそれほどの悪気はない。
だが臆病な好美は走って逃げることも暴れることもできなかった。
ここは嘘をついてでも、隠し通すしかない。

初めてなんです。許し…
あっはっはっは。あなた初めてじゃないわ。先週もやってたもの。

好美は驚愕した。
ばれてる。
完全にばれてる。
どうする。どうする。

どうすることもできない好美がとった行動は泣き落としだった。
いや、自らがその行動を選んだわけではない。
20歳とは言え好美はまだ子供だ。
思考も選択肢も少ない。
自分ではもうどうしようもなくなった瞬間に、自然と目から涙が溢れ、嗚咽が喉から絞り出されたのだった。

ずみばせん…ほん…本当にずみばせん。
逃げないわね。
でぃげばせん…
逃げたら、私、大声出すからね。
はい…ぅぅ…
で、見てたのね。
ずみばせん…本当にずみばせん…

ピンクのコートの女性は少し考えてから言った。それは冷たく笑ってる風でもあった。

こんな道の真ん中であんた泣いてると私が悪いみたいじゃない。

ちょっとついてきなさい。
警察とか…
違うわよ。いいから来なさい。

好美は手を引かれて移動を始めた。抵抗する気力もなかった。
連れていかれたのは図書館に併設する駐車場だった。

あたしの車。乗りなさい。

女が後部座席のドアを開けた。警備員に引き渡されるのかとビクビクしていた好美はほんの少しだけ安堵し、女があたしの車だという赤い国産車に乗り込んだ。
 
>> この記事のブログランキングでの順位を見てみる


自然ペニス増大法 プロジェクトXXL【馬太郎セット】

アクセスランキング ブログパーツ